日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > かまいたち、先輩に噛みつきアイドルにイジられる絶妙なポジション

かまいたち、先輩に噛みつきアイドルにイジられる絶妙なポジション 大阪から東京へ進出する芸人たちの連鎖

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

かまいたち、先輩に噛みつきアイドルにイジられる絶妙なポジション 大阪から東京へ進出する芸人たちの連鎖の画像1
TELASA公式ツイッター(@telasa_jp)より

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(5月16~22日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

大悟「これはすっごいつくの、火が」

 17日の『ラヴィット!』(TBS系)に千鳥の2人がゲスト出演。司会の川島明(麒麟)による「朝らしくないゲスト」との紹介どおり、朝の情報番組に似つかわしくない振る舞いで番組を沸かせていた。

 たとえば、出演者が愛用する「コスパ」のいいアイテムを紹介するコーナー。大悟は「これはすっごいつくの、火が」と手頃なライターを紹介すると、続けてタバコの箱も手にした。星座占いのコーナーでは、「自分らしさを大事に」との占い結果に「それはもう毎日のことやん」とツッコミを入れる。なるほど、朝らしくない。

 このように大悟は、朝の情報番組のあるべき姿をフリにし、そこから逸脱した言動で笑いを生んでいく。それをノブがツッコみながら、場合によっては大悟のボケに自分も乗りながら、千鳥の笑いで番組を染め上げていく。出演者に芸人が多い『ラヴィット!』では、お得グッズ紹介のようなよくあるコーナーが大喜利大会の様相を呈しやすいけれど、先週の千鳥ゲスト回は特にそれが加速していた。

 千鳥が絡むと、スタジオでVTRを見るだけの番組も、メタ視点に立ってテレビの“お約束”を笑うバラエティの雰囲気を帯びる。彼らは、スルーされてきた見慣れたテレビの光景に「ちょっと待てぃ」という感じでツッコミを入れ、そこにある違和感を言い当てる。

 かといって、2人は番組の枠組みを大きく破壊するわけでもない。テレビに対する視聴者の批判的な眼差しを先取りするように指摘し、笑いに変えながらも、番組それ自体は円滑に進行させる。そのバランスの良さが、彼らがさまざまな番組で引っ張りだこになっている理由のひとつなのだろう。

123

かまいたち、先輩に噛みつきアイドルにイジられる絶妙なポジション 大阪から東京へ進出する芸人たちの連鎖のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

オズワルド「M-1決勝に行けなかったら忘れられる」

 TBSラジオのネタ番組「マイナビラフターナイト」チャンピオン大会が、10月17日に...
写真