日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > かまいたち、2人ともコロナ感染

かまいたち、2人ともコロナ感染でテレビ界で不安拡大 「濃厚接触」の基準に疑念も

文=手山足実(てやま・あしみ)

かまいたち、2人ともコロナ感染でテレビ界で不安拡大 「濃厚接触」の基準に疑念もの画像1
かまいたち(吉本興業公式サイトより)

 お笑いコンビ・かまいたちの山内健司と濱家隆一が、2人揃って新型コロナウイルスに感染した。番組出演数の多い2人ということで、今後の余波も懸念される。

「濱家さんは日本テレビの朝の情報番組『ZIP!』出演後に発熱し、PCR検査を受けた結果、陽性が発覚しました。同番組のメインMCである水卜麻美アナほか共演者は、濃厚接触に当たらないということで通常通りに仕事をしていますが、ほかの番組の共演者については濃厚接触の可能性がある人もいるはずです。各局の感染対策は万全ではあるものの、感染が広がっている可能性もゼロではないでしょう」(テレビ局関係者)

 実はテレビ局における濃厚接触に当たるかどうかの判定に、疑問を持つ関係者は少なくない。

「スタジオ収録では、演者同士の間隔を開けて、アクリル板を置いているので、ある程度大丈夫だと言われていますが、ロケの場合はマスクではなくマウスガードをつけて、かなり近い距離で話すことも多いんですよね。感染対策としては正直どうなのか? と思うこともよくあります。マウスガードはあまり意味がないというお医者さんもいますからね。あれくらいの対策で“濃厚接触に当たらない”というのは、ちょっと無理があるような気もしますが……」(同)

 また、多くの番組に出演しているタレントの場合、“濃厚接触”と認定されにくいという疑惑もある。

「沢山の番組に出ているタレントが感染したら、それだけ多くの人に感染させている可能性が高まるし、休まなければならなくなる人も多い。各所に対する影響が大きすぎるので、“濃厚接触ではない”ということにして、PCR検査を受けないというパターンもありえます。そういう意味では、かまいたちの感染公表はちょっと驚きだし、一方で水卜アナが“濃厚接触に当たらない”という日テレの見解については、ちょっと疑問符が残る部分ではあります」(同)

 いずれにしろ、新型コロナウイルスによってテレビ界の混乱が続いていることだけは間違いない。

「はっきり言って、どうしようもない状態ではあります。だからもう、実際に効果があるかどうかは別として、もし感染者が出たとしても、後から“濃厚接触ではない”と言えるくらいの感染対策をするだけですよ。とにかく大問題にならないように逃げ道を作っておくしかないですね」(同)

 いくらテレビ局が徹底的に対策しても、感染拡大の根本的解決にはならないのも事実。我慢のときはまだまだ続く。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2021/05/27 12:00

かまいたち、2人ともコロナ感染でテレビ界で不安拡大 「濃厚接触」の基準に疑念ものページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

続々コンサート引退のなぜ

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真