日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > ウェストランド井口、高校時代から陰口で有名だった!
エンタメ・コラム

ウェストランド井口、高校時代から陰口で有名だった! 好感度度外視の攻撃的なグチが癖になる「ウエストランドのぶちラジ!」

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

ウェストランド井口、高校時代から陰口で有名だった! 好感度度外視の攻撃的なグチが癖になる「ウエストランドのぶちラジ!」の画像1
ウエストランド 公式YouTubeチャンネル「ウエストランドのぶちラジ!」より

「おもしろいものを作る」を目標に日々切磋琢磨している若手芸人。当然彼らが同業者のYouTubeを見るとき、その目線は厳しくなる。そんな芸人間で流行る動画は、掛け値なしにおもしろいと言っていい。

 この企画は現役の芸人をゲストに呼び「自粛期間中、芸人が一番笑ったYouTube動画」を紹介してもらう、芸人同士の対談企画である。

 今回のプレゼンターは、芸歴14年目インザパークの義明さん。

週5で1500回近くのグチを繰り出し続けるスピオフ版「ぐちラジ」

インザパーク義明(以下、義明) ぼくが自粛期間中一番笑った動画は「ウエストランドのぶちラジ!」の「一生面倒みてくれよな!」です! 実はぼくはウエストランドと高校が同じで、2人はサッカー部の後輩だったんですよ。なので個人的な思いも入ってるかもしれません。

吉松ゴリラ(以下、ゴリラ) そうだったんですか!「ぶちラジ」は、ぼくも以前ヘビーで聞いてましたね!

義明 基本ラジオ形式の動画が主なんですけど、実はスタートはPodcastなんですよ。M-1ファイナリストになる前からランキングに入って、人気を博してました。

ゴリラ 「ぶちラジ」の魅力は、ツッコミの井口さんの攻撃性のあるグチですよね。好感度度外視で、ストレートに不平不満を言ってる感があって、ハマると次々に聞きたくなる中毒性があります。

義明 以前「ぶちラジ」のスピンオフで「ぐちラジ」っていうのをやってたんですけど、週5ペースでグチをあげてたんですよ。それで1500回近くあげてる。

ゴリラ グチだけで1500回(笑)。よくそんなに話が出てきますね。

義明 井口は、昔から陰口を叩いてたんですよ。高校時代も陰口が多すぎて、陰口を叩いてる事をサッカー部の全員が知ってたくらい。けど当時から、しゃべりのパワーとスピードの回転力は凄かったですね。

ゴリラ 根っこの部分がそういう人なんですね。そう考えると、「“普段の会話の延長が漫才になる”のが理想の漫才」っていうじゃないですか。ウエストランドさんって、ラジオでもネタでもずっと「ウエストランド」ですよね。理想を地でいってる気がする。

義明 あとこのチャンネルだと、普段あまり聞けないボケの河本の話が聞けるのも魅力ですね。

ゴリラ 確かにテレビだと、ほとんど井口さんが回してるイメージですよね。

義明 もともと河本は緊張しやすいんですよね。サッカー部時代も、試合で使えないくらい緊張してた。ただこの「ぶちラジ」は同級生2人だけでやってるんで、河本がのびのびとしゃべってる。特にこの回は同級生というか、友達にもどる瞬間があるんですよね。

12

ウェストランド井口、高校時代から陰口で有名だった! 好感度度外視の攻撃的なグチが癖になる「ウエストランドのぶちラジ!」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

〈SHAKKAZOMBIE〉の “OSUMI”追悼座談会

 オオスミタケシ氏が逝去という突然の訃報に胸を衝かれた1月下旬。昨今は「ミスター・ジ...
写真