日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 「岡山芸人」が大ブレイクする秘密

千鳥、見取り図リリー、ハナコ秋山、ホテイソンタケルなど 「岡山芸人」大躍進の深い理由

文=日刊サイゾー

千鳥、見取り図リリー、ハナコ秋山、ホテイソンタケルなど 「岡山芸人」大躍進の深い理由の画像1

 年末年始には、数多くのネタ番組が放送され、大いに盛り上がっているお笑い業界。そのなかで、ひときわ活躍が目立っているのが、岡山県出身の芸人たちだ。

 岡山出身芸人の中で、現在トップをひた走っているのが千鳥の2人だ。2人はともに岡山県内の高校の同級生で、2000年にコンビを結成。吉本興業の若手芸人が出演する大阪の劇場『baseよしもと』を中心に活躍した。その後、大阪ローカルのバラエティ番組に多数出演し、人気者となると、2012年に上京。東京進出当初はなかなか結果が伴わなかったが、2015年頃から徐々に仕事が増え、いつの間にか大ブレイクを果たした。

 昨年末の『M-1グランプリ2020』の決勝戦にも、たくさんの岡山出身芸人が出場している。3位になった『見取り図』のボケ担当リリー、『ウエストランド』の2人、『東京ホテイソン』のツッコミ担当タケルが、いずれも岡山出身だ。

 さらに、『キングオブコント2020』で3位だった『空気階段』の水川かたまり、第7世代の主要メンバーとして活躍する『ハナコ』の秋山寛貴、人気急上昇中の男女コンビ『蛙亭』の中野周平も岡山県出身だ。

「ネタ番組を見ていると、必ず1人や2人の岡山出身芸人が出演している状況です。人気芸人を輩出する重要な地域だという認識ですね」(お笑い業界関係者)

 では、どうして岡山出身の芸人が人気者となっていくのだろうか。

「岡山県は大阪に近く、テレビ文化は関西圏と変わらない。だから、小さい頃からお笑いに接していて、芸人としての素養を持っている人も多いんです。でも、かといって大阪とはちょっと距離があるので、大阪がホームだという感覚は薄い。だから、“大阪でお笑いを頑張る”という発想ではなく、“東京で売れる”という発想になりやすいんです。大阪に対する地元感が薄いがゆえに、早い段階で東京に進出し、そこで結果を出せるというわけです。そういう意味では、大阪で一旦売れている千鳥はちょっと異質。大阪で活動する前に、上京していたらもっと早く売れていたかもしれません」(同)

 最近では、岡山出身芸人が賞レースで結果を出しやすいというジンクスまで生まれている。

「テレビマンの間では、次にブレイクしそうな岡山芸人の青田買いも始まりつつあるみたいですね。賞レースで結果を出すかもしれないし、その後売れたら千鳥などと絡めて“岡山芸人”のパッケージで番組をできるかもしれない……なんて企んでいるスタッフもいます。岡山出身というだけで、ちょっぴり下駄を履かせてもらっている感じです」(テレビ局関係者)

 業界も注目の岡山芸人。千鳥に続くかもしれない芸人たちを、今のうちからチェックしておいて損はないかも?

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/07 12:00

千鳥、見取り図リリー、ハナコ秋山、ホテイソンタケルなど 「岡山芸人」大躍進の深い理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真