日刊サイゾー トップ > カルチャー > アニメ・ゲーム  > 『鬼滅の刃』でフジが週間視聴率二冠達成も…

『鬼滅の刃』でフジが週間視聴率二冠達成も、悔やんでも悔やみきれない「見る目のなさ」

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

『鬼滅の刃』でフジが週間視聴率二冠達成も、悔やんでも悔やみきれない「見る目のなさ」の画像1
『鬼滅の刃』フジテレビ 公式サイトより

 いまだ収まらない「鬼滅ブーム」。フジテレビのアニメ担当者の胸中は喜び半分、悔しさ半分…いや、もしかしたら悔しさ10割かもしれない。

 9月24日、フジテレビ・金光修社長の定例会見が行われ、12月5日に新シリーズ「遊郭編」が始まる人気漫画原作のアニメ『鬼滅の刃』についてコメントした。

「フジは9月の土日、祝日の夜にアニメ『鬼滅の刃』を第一夜~五夜まで放送。いずれも13~15%の高視聴率を記録しました。また、9月25日には昨年10月に公開され、403億円の日本歴代興行収入1位となった『劇場版『鬼滅の刃』無限列車編』を早くも地上波で投入、こちらは平均世帯視聴率21・4%の大台超えを果たしています。6月に社長就任した金光社長もホクホク顔で、『先週の視聴率は個人全体で7年ぶりに2冠を達成し、今週に入っても昨日までゴールデン帯でトップを維持することができている』と“鬼滅効果”に感謝しきりでした」(テレビ誌ライター)

「遊郭編」に向けて、各番組で猛プッシュしていくと気合も入っているフジテレビだが、逃した魚はとてつもなく大きかったことは否めない。

「『鬼滅』は集英社が発行している『週刊少年ジャンプ』の連載作品。集英社とフジの繋がりは、『フジの天皇』と言われた日枝久氏が集英社に何度も足を運んで信頼を勝ち取り、今もフジが最優先で放送権を得られる仕組みができています。しかしそれ以前、フジは『鬼滅』はヒットしないと見送ってしまった。結果、権利を持っているのは集英社・アニプレックス・ufotableの3社。テレビ局が絡んでいないため、どのテレビ局にも放映権を売れ、最初にアニメ放送をしたのはTOKYO MXでした。もっとも、最初から爆発的人気ではなく、動画配信などの影響もあり話題が話題を呼び、やがて人気が急騰。フジが慌てて頭を下げて、放映権を“横取り”した経緯があります」(テレビ関係者)

 どうにかこうにか“ご相伴”に預かった形のフジテレビだが、その“よだれ”はまだ垂れまくりのようで…。

「なんとか出資社の仲間入りできないかと水面下でアプローチしていたようですが、3社からはけんもほろろの対応を食らっているようです。『鬼滅』の利権でもっとも美味しいのがライツ収入。とにかくさまざまな商品に『鬼滅』のキャラクターが使われ、至るところでコラボ商品やコラボCMが目に入ってきます。コラボ企業は、キャラクターやネーミングなどの使用料として著作権や商標権といったライセンス料を支払うことになりますが、一般的には売価の5%が相場。『鬼滅』の場合、その金額は“ケタ外れ”と言うしかない。逆にいえば、こうしたライツ収入があればテレビ局に依存しなくても済むことが証明されました」(前出・テレビ関係者)

 真にホクホクなのは集英社らで、フジテレビのアニメ担当者は見る目がなかったことを悔やんでも悔やみきれないだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/10/07 17:00

『鬼滅の刃』でフジが週間視聴率二冠達成も、悔やんでも悔やみきれない「見る目のなさ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
人気連載

ハライチ・岩井、スピッツを熱弁

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

ふみくんが説く、令和の「シン・ヒモ」論

  ふみくんは、これまで13年間で10人以上の女性宅に転がり込み、都合1000万円も...
写真