日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 『DUNE/デューン 砂の惑星』を映画館で観るべき理由

『DUNE/デューン 砂の惑星』この大作をスクリーンで目撃せよ!「体感」するべきSF作品

文=ヒナタカ

あわせて観てほしい、歴史が語られたドキュメンタリー

『DUNE/デューン 砂の惑星』この大作をスクリーンで目撃せよ!「体感」するべきSF作品の画像6
©2020 Legendary and Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

 小説『DUNE』は、1984年にもデイヴィッド・リンチ監督により映画化がされている。こちらは失敗作として語られることが多く、個人的にも複雑な設定を消化していくばかりでダイジェスト感が否めない、テンションもずっと低めで単純に面白くない、というのが正直なところだ。とはいえ美麗な美術やグロテスクな雰囲気には一見の価値があり、ほぼ同じ物語でもここまで印象が違うのかと驚けるので、今回の『DUNE/デューン 砂の惑星』と見比べてみるのもいいだろう。

 さらに合わせて観てほしいと願えるのは、2013年のドキュメンタリー映画『ホドロフスキーのDUNE』だ。こちらは『エル・トポ』(69)や『ホーリー・マウンテン』(73) などのカルト映画作品で知られるアレハンドロ・ホドロフスキー監督や有識者が、制作が中止された幻の映画『DUNE』について語るという内容だ。

 劇中ではその幻の映画『DUNE』の絵コンテやデザインが後の作品にとても大きな影響を与えていたことが語られる。『エイリアン』(79)や『ターミネーター』(84)や『マトリックス』(99)、そして『スター・ウォーズ』(77)などの錚々たるタイトルが、「結局は作られることがなかった映画」がなければ生まれていなかった(あるいは違う内容になっていた)……という事実の連続に圧倒されるだろう。

 何よりアレハンドロ・ホドロフスキー監督自身がチャーミングかつユーモラスで、彼の姿を観ているだけで楽しい。特に、前述したデイヴィッド・リンチ監督版『デューン/砂の惑星』を観た時のことを振り返るシーンはもう爆笑ものなので必見だ。「失敗しても構わない、挑戦するんだ!」という、すべてのクリエイターを鼓舞するような言葉も元気になれるので、ぜひ実際に聞いてみてほしい。なお、デイヴィッド・リンチ監督版『デューン/砂の惑星』と『ホドロフスキーのDUNE』は現在U-NEXTで鑑賞できる。

1234

『DUNE/デューン 砂の惑星』この大作をスクリーンで目撃せよ!「体感」するべきSF作品のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

大村崑、89歳になった今も「元気ハツラツ!」

「元気ハツラツ!」。現在89歳になる大村崑師匠は、テレビ放送の黎明期から生放送の人気...
写真