日刊サイゾー トップ > エンタメ  > トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声

トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」

文=鈴木工(すずき・たくみ)

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像1
トンツカタン・森本(写真/Kyogo Hidaka)

 東京のお笑いライブシーンで、MCとして絶大な信頼を集める若手芸人がいる。人力舎のコントトリオ・トンツカタンの森本だ。どんなに奇抜な内容のライブでも、出演者欄に「MC:トンツカタン森本」と書かれていれば「それなら絶対面白くなる」と迷わずチケットを買うことができる。そんな森本が今月末、EXシアター六本木という大箱で『トシちゃんに会いたい』『トンツカタン森本のブチ切れデトックス スピンオフ ランジャタイ国崎VS森本一騎打ち』なるライブに出演する。腕が試されまくること確定のイベントを前に、その心境やいかに――。

冠企画放送でCS加入者が激増

――『トンツカタン森本のブチ切れデトックス』の第3弾となるスピンオフライブが開催されます。森本さんをキレさせるというこのイベントはどんな経緯で始まったんですか?

森本 企画してくれたテレビ朝日の熊谷(和也)くんが、大学お笑いサークルのつながりで昔からの知り合いだったんです。「いつか一緒に仕事したいですよね」と話していたら、CSの企画として『ブチ切れデトックス』を通してくれて、それを新宿の小さな劇場でやったのが始まりですね(2019年10月第1回開催)。

――手ごたえはありました?

森本 こんな無名芸人に委ねていいのかと思いながら、やってる分には面白かったです。そうしたら、ファンの方が僕の冠番組が見られるということでCS加入者が増えたらしくて。確かその時期に反響が大きかった企画が、大物ミュージシャンの方と、僕という並びだったと聞いてます。それでテレ朝内で「数字を持った芸人が現れたぞ!」と評価が上がって、第2回のEXシアター公演が決まったんです(2021年2月25日開催)。

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像2
写真 Kyogo Hidaka

――ずいぶん大きい会場でやるなと思ってました。

森本 出演してくれたメンツも、R-指定さん、フワちゃん、三四郎さんとめちゃくちゃ豪華で、チケットも完売しましたね。そういう巧妙な手口で「森本はすごいヤツだ」と騙せていたんですけど、今回ランジャタイ国崎さんとのタイマン対決になったとき、チケットの売れ行きが前回ほどよくないというボロが出ました……。ここで頑張らないと、熊谷くんごと吹き飛んでしまうかもしれません。

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像3

――なぜ国崎さんとのタイマン勝負になったんですか?

森本 僕をブチ切れさせるのがうまくて、一番企画の趣旨に沿っているんですよ。普段から仲もいいですし、彼もムリしてない通常営業でやっていますし。彼が言ってたのは、「もともと同じ人間だったのがボケとツッコミに分かれたんじゃないか」って。そう思うぐらい相性はいいんです。

――素人から見ると、国崎さんは予測不能で対応が難しそうな気がします。

森本 予測不能ではあるんですけど、突拍子がないわけじゃない。ヘンなことはやっても彼なりの筋があるんで、急じゃないんですよね。

――ロジックがあるゆえに対応できると。

森本 売れている人って、急なように見えて実は急じゃないんですよ。その人なりの正義があってやってるんで、やりやすい。フワちゃんもそうですね。

――信頼関係があるから、今回の舞台も心配はしてない?

森本 心配はしてないですね。ただ、僕は準備のしようがないですから。何も知らされずに開演ギリギリにいって、さあ何が起こるかというストロングスタイルの企画なんで。楽しみではあります!

1234

トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

有吉『紅白』終了後に驚きの行動に出ていた

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真