日刊サイゾー トップ > エンタメ  > トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声

トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」

本家のファンも大満足!?トシちゃん縛りの謎ライブ

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像4
写真 Kyogo Hidaka

――同時開催されるのが『トシちゃんに会いたい』。多様なトシちゃんが集結するという大胆なライブですね。

森本 これは巻き込まれました。『R-1グランプリ2021』の決勝でトシちゃんになっちゃうネタをした後輩の土屋から、「トシちゃんが集まるライブをやるからMCやってくれませんか」と言われて、引き受けたんです。これも新宿の小さな劇場で一度開催しまして……(2021年3月30日開催)。

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像5

――あっ、すでにやってるんですね。

森本 そうなんです。このご時世なのに配信なしで、劇場に来ないと見られないライブをほぼ同じメンツでやったんです。オープニングで「このタイトル見て、トシちゃんファンが来てるんじゃないですか? 誰かいます?」と客席にたずねたら、マダムが一人手を上げてました。

――僕の友達に地方ライブに遠征するようなガチのトシちゃんファンがいて、今回のイベントを教えたら激高してましたよ。「どういうこと!?」って。

森本 えーっ、マジですか? でも見てもらえれば分かってくれると思うんです。そのときもファンのマダムはご満悦で帰りましたから。まあそれは舞台上で「満足しましたか?」 と聞いて、NOとは言いづらい空気に仕向けたからっていうのもありますけど。

――空気階段もちょくちょくコントにトシちゃんの要素入れていたり、リアルタイムで触れてこなかったであろう若手芸人の中で、いまだにトシちゃんネタが廃れないのが不思議なんです。この風潮はどうとらえてます?

森本 なんでですかね? 田原俊彦さんって今の芸能界にあまりいない、突出したスターじゃないですか。絶対自分はそうなれないっていう憧れがあって、モノマネさせてしまう魅力があるんでしょうね。ちなみに第1回のライブでは土屋のトシちゃんが一番似てなくて、悔しくて歩いて帰ったらしいんですよ。でもその似てないモノマネで『R-1』決勝に行ってるわけですからね。みんな好きなんですよ、トシちゃんのことが。

――チケットの売れ行きはどうなんですか?

森本 国崎さんとのライブのさらにその半分ぐらいです。熊谷くんも「あっ、平日16時スタートだったんですね。ごめんなさい、ミスりました」と言ってましたから……。有休をとって見に来るライブではないと思うので、配信もありますし、時間の余裕あるときに見てもらえれば。

[入稿済]トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声高まるも「このファイトスタイルしかできない」の画像6
写真 Kyogo Hidaka

――2つのライブの見どころをお願いします。

森本 『トシちゃんに会いたい』はみんなからにじみ出るトシちゃん愛、個性の違いを楽しんでほしいですね。個人的には土屋のクオリティがどれだけ上がっているのか注目してます。『国崎vs森本』は今までこの構図が多かった中で、一番お金をかけて、一番大人が動いて、現段階でのベストクオリティのものをお見せできると思います。内容知らないのでふわっとしたことしか言えないんですけど!

1234
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed