日刊サイゾー トップ > インタビュー  > ラッパーKOWICHIの心の内

“密フェス”への心情も吐露!川崎生まれのラッパーKOWICHIがキャリア10年を迎えた心の内

文=渡辺志保

KOWICHI(写真=cherry chill will.)
KOWICHI(写真=cherry chill will.)

 川崎市生まれ、ラップデュオ〈enmaku〉としての活動を経た2012年にソロデビュー・アルバム『The Chips』をリリースして、ほどなく10年の節目を迎えるラッパーのKOWICHI。この10年の間に、CDからデジタル配信へと楽曲を聴くプラットフォームが変わり、今はサブスクリプション・サービスの台頭も手伝って、アーティスト個人が生き延びやすい時代にもなった。そんな時代を駆け抜け、今はレーベルオーナーという肩書も持つKOWICHIが、自身のキャリアを振り返りながらビジネスマインドについても語ってくれた。加えて、遺憾ながら日本全国を騒がせることになってしまったヒップホップ・フェス『NAMIMONOGATARI2021』についても、いち出演者という立場から意見を聞いた。

――今日は、KOWICHIさんが2020年に立ち上げた自身のレーベル〈SELF MADE〉のスタジオにお招きいただきました。川崎市内に位置するスタジオですが、まさにここが地元という感じでしょうか?

KOWICHI 自分が生まれた場所は、ここから1駅隣くらいの場所。生まれてすぐ、溝口あたりに引っ越したんです。

――バックグラウンドから窺いたいのですが、子どもの頃はどんなふうに過ごしていました?

KOWICHI 幼少期の記憶はあんまりないんだけど、サッカーをやっていたんですよ。立ち位置的には“陽キャな陰キャ”って感じで、今もそんな感じのつもり。中学生の頃から学校はほとんど行かなかったけど、サッカーだけはずっとやってた。今でも覚えているのが、中3の3学期に通知表に書かれていた出席日数が「4日」で(笑)。毎日夕方まで家で寝ていて、そこから公園とか多摩川で友達と溜まって、朝に解散するってパターンだった。

――そのまま、高校に進学した?

KOWICHI いや、高校はもともと行くつもりがなくて、サッカー選手になろうと思っていたし、親もそんな感じだった。でも、中学を卒業する直前くらいにサッカーも辞めちゃったんですよ。その頃にはすでに親父と母ちゃんは離婚していて、俺は母ちゃんと住んでた。ある日、寝ていたら、いきなり親父に思いきり蹴られて背中に激痛が走ったことがあったんですよ。それから親父の知り合いがやってる産廃(産業廃棄物)を扱う事務所に放り込まれた。

――それで、ちゃんと仕事をする生活がスタートした?

KOWICHI 朝8時出勤で、ゴミの仕分けを夕方までやり続けるっていう仕事だったんですけど、まあ……ちょっと無理だったっすね。半年も続かなかった。そこを辞めた後も、とにかく働きたくなくて。でも、家にいると母ちゃんがスニッチ(密告すること)して親父が来るから、実家を出て友達のところとかに転がり込んで生活してました。

――ラップを始めたのもそれくらいの時期?

KOWICHI 地元に3つ上の従兄弟がいて、その代の人たちはみんな不良だったんだけど、すごくよくしてもらってたんですよ。で、その人たちがみんなヤンキーじゃなくてヒップホップだったんです。格好もそうだし、喧嘩するときも(素手じゃなく)スケボーでひっぱたくみたいな。そこで遊んでもらってたから、自然とヒップホップは中学のときから聴いてました。小6のときに『さんピンCAMP』(90年代に開催された伝説的なヒップホップイベント)も見ていたし、周りの先輩たちがラップやDJ、ダンスなんかをやっていたんで、その影響でラップを始めました。最初はDJをやろうと思っていたんだけど、まったくできなくて。初めてライブしたのは湘南だったかな。ラップを始めたばかりのときは洋服屋で働いていて、そこで一緒に働いてたのが湘南のヤツだった。

――実際にラップを始めて「新しい世界だ!」のような発見はありました?

KOWICHI それまではクラブとかも行ったことなくて、田舎者ヴァイブスだったんですよ。だから、初めてクラブに行ったときは本当に刺激的だった。まさに「こんな世界があるんだ」みたいな。女の子もゴテゴテのブラックなメイクをしてる子やドレッドの子とかもいて、「こんな女の子たち、本当にいるんだ」って(笑)。

――ライブ活動を繰り返しながら、徐々にラップすることが楽しくなってきたな、という感じでした?

KOWICHI ラップ自体はずっと楽しいですけど、今ではビジネスも絡んできたり曲げられない信念も出てきたし、と同時に「ここまでセルアウトできねえよ」みたいな気持ちもある。でも、当時はそんなことは一切考えていなかった。楽しいか楽しくないかで言えば、昔の方がただただ楽しかったですね。

KOWICHI(写真=cherry chill will.)
KOWICHI(写真=cherry chill will.)

――当時は実際の稼ぎよりも、楽しさを重視していた感じ?

KOWICHI かもしれない。当時はまだCDの時代だったし、実際にやってみて「ラップはマジでカネにならねえ」って思いましたもん。逆に、カネになってた人もいたんだろうけど。ストリーミングやデジタルの時代がやってきた今のほうが100%お金になるなと思う。その時代を乗り越えてきた俺の目線から言わせてもらうと、いまラップでメシが食えないって言ってる人は、「気持ち、弱くない?」って思っちゃうんですよ。「俺、もっと冬(の時代)から来たよ?」って。

――レーベルからCDをリリースするのも一苦労でしたしね。コストも超かかるし。

KOWICHI そう。もっとやりにくかった時代だったから「今は、超カネになるじゃん」としか思えない。

123

“密フェス”への心情も吐露!川崎生まれのラッパーKOWICHIがキャリア10年を迎えた心の内のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、い...
写真