日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 松田聖子と天才同士のトライアングル

『関ジャム』松田聖子を支えた編曲家・大村雅朗という存在。松田、大村、松本隆による天才同士のトライアングル

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『関ジャム』松田聖子を支えた編曲家・大村雅朗という存在。松田、大村、松本隆による天才同士のトライアングルの画像1
『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)Tver公式サイトより

 10月17日放送『関ジャム 完全燃SHOW』(テレビ朝日系)は、松田聖子の特集。昨年9月にも彼女の特集は行われているが、そのときはVTR出演だった。しかし、今回はついに本人がスタジオに来た! 松田聖子はもはや歴史上の人物(美空ひばりのような)的扱いを受けている感さえあるが、このプレミア感はどうだろうか。筆者も昔は中森明菜のほうに惹かれていたが、年を経るごとに松田聖子のすごさを俄然再認識した。そんな人はきっと多いのではないか?

 実物の松田聖子は、容姿も声も話し方も可愛らしい。どう見ても、今もアイドル。とても、5カ月後に還暦を迎える人とは思えない。59歳、現役アイドルである。ただ、一つだけ。スタジオ内で彼女に対してだけ度を超えた“女優ライト”が当てられていたのは、何度見てもいただけない。当てすぎてて、マイケル・ジャクソンくらい白かったのだ。あれは不自然である。

マドンナを目指した90年代。そしてアイドルに留まる

 松田聖子ほど名曲揃いのアイドルはめずらしい。あの時代に生き、筒美京平からの提供作がないにもかかわらずだ。彼女自身が“特に好きな曲”として挙げたのは、Holland Rose作曲「ハートのイヤリング」と、呉田軽穂作曲「瞳はダイアモンド」の2曲だった。当時はシンガー・ソングライターが変名でアイドルに曲を提供する風潮があり、前者は佐野元春(ホール&オーツから取ってホーランド・ローズを名乗った)の、後者は松任谷由実による楽曲である。そこに、作詞家の松本隆が加わる布陣。松田聖子というスーパーアイドルと、そこに集まった才能が、ただただ凄すぎる。

 そんな彼女が放った唯一のミリオンヒットは実は90年代にリリースした楽曲、「あなたに逢いたくて ~Missing You」である。当時、松田聖子は全盛期を過ぎていた。さまざまなスキャンダル(暴露本騒動など)でワイドショーの標的となり、30代半ばに差し掛かっていた彼女は、そのタイミングでこの曲をヒットさせた。本当にすごい。音楽プロデューサーの本間昭光は、「あなたに逢いたくて」が収録されたアルバム『Vanity Fair』の中の一曲「Darling You’re The Best」を称賛する。「C’est La Vie」を86年にヒットさせたミュージシャン、ロビー・ネヴィルとコラボして完成した楽曲だ。

「ロビー・ネヴィルと組んだときに『すごいところにアンテナ張ってんだな』と思って。一音楽ファンとしてすごく尊敬する。それでちゃんと96年の最先端行ってますからね」(本間)

「Darling~」はシングルではないものの、MVが制作された。それを見れば明らかだが、彼女はこの頃、間違いなくマドンナを意識していた。アメリカに進出し、映画『アルマゲドン』に一瞬だけカメオ出演していた時代。今振り返ると、迷走していたと思う。偽マドンナ的ディーバの方向へ行かず、アイドルに留まった現在の松田聖子を見ると感慨深い作品だ。

「青い珊瑚礁」セルフカバーでは越えられないオリジナルの輝き

 松田聖子が“普段一番聴いている2作品”として挙げたのは、昨年と今年10月にリリースしたセルフカバーアルバムだった。言ってしまえば、今回のスタジオ出演はこの2枚の宣伝である。

 さて。セルフカバーが功を奏したケースを、筆者はあまり知らない。オリジナルには絶対に敵わないのだ。歌い手は成長するし、キャリアを重ねれば人は変わる。あのとき好きだった声と歌い方が別物になってしまうのだ。松田聖子の歌い方は、特に10年以上前から大きく変わった。キーに関してではない。溜めて粘っこく歌うようになった。ライブを見ると、オリジナルとは明らかにタイム感が違う。

 セルフカバーではアレンジも変えたという。「青い珊瑚礁」のカバーでは、彼女自身の発案で「タカタカタカタカタン」というストリングスをイントロに挿入。そして今回、番組では「青い珊瑚礁」のオリジナルver.とカバーver.の聴き比べを行った。いや、もう圧倒的にオリジナルがいい。40年近く慣れ親しんできた名曲である。あのときの輝きは越えられない。美しい記憶に付け足しをして、良くなることはない。

12

『関ジャム』松田聖子を支えた編曲家・大村雅朗という存在。松田、大村、松本隆による天才同士のトライアングルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

金爆「もう紅白に出してくれない」現実に

 2年ぶりに有観客で開催される『第72回NH...…
写真
インタビュー

里咲りさ×鈴木咲スペシャル対談

前回の倉持由香さんとの対談に続き、連載2回目に登場いただく対談相手は、倉持さんの友人でも...
写真