日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > さらば青春の光よりもより邪悪な悪口

さらば青春の光よりもより邪悪な悪口が展開!「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」

文=吉松ゴリラ(よしまつ・ごりら)

さらば青春の光よりもより邪悪な悪口が展開!「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」の画像1
鬼越トマホーク 公式YouTubeチャンネル「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」より

「おもしろいものを作る」を目標に日々切磋琢磨している若手芸人。当然彼らが同業者のYouTubeを見るとき、その目線は厳しくなる。そんな芸人間で流行る動画は、掛け値なしにおもしろいと言っていい。

 この企画は現役の芸人をゲストに呼び「自粛期間中、芸人が一番笑ったYouTube動画」を紹介してもらう、芸人同士の対談企画である。

 今回のプレゼンターは、芸歴12年目のAさん。

悪意たっぷりでヤバい「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」

Aさん ぼくが自粛期間中一番笑った動画は「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」の「これ誰の2chスレ?」です!

吉松ゴリラ(以下、ゴリラ) この企画ぼくも見ましたけど、かなり悪い企画ですよね(笑)。

Aさん 2ch(現5ch)のスレッドに書かれている芸能人の悪口を読み上げて、誰のことかを当てるクイズ企画ですね。見どころはクイズの形式を取りつつ悪口が当てはまる芸能人の名前をどんどん挙げていくので、とばっちりを喰らう芸能人が続出する所です。

ゴリラ この企画と「鬼越トマホーク」というキャラクターの掛け合わせが絶妙ですよね。

Aさん そうなんですよ! 実はさらば青春の光さんも自身のYouTubeで「Yahoo!ニュース《クソコメ》イントロドン!!」という似たような企画をやってたんですけど、コンビのスタンスが違うんですよね。

ゴリラ というと?

Aさん さらばさんは、悪口を個人戦でやってるんですよね。片方が悪口言ってる時、基本的に相方は笑っているかフォローに回ってる。けど鬼越さんは喧嘩のくだりと一緒で、言わなくていい悪口を相方がさらに上乗せして言うんですよ。だからいつの間にかダブルスのチーム戦みたいになっていて、悪口の言い合いみたいになってる(笑)。

ゴリラ 鬼越さんって芸能人とか芸人の先輩とか関係なく、行く所まで行くイメージですよね。

Aさん 視聴者としては忖度なしで言ってくれたほうがおもしろいですし、ぼくも含めて芸人誰しも心のどこかで、こういう笑いをやりたいという気持ちはあると思うんですよね。

ゴリラ ありますね。

Aさん けど、ほとんどの芸人はシャレになる程度でしか言えない。一般の人の感覚だと、会社の上司の悪口を本人前にして言うようなものなんで。けど鬼越さんはテレビにも出て知名度も上がって、そろそろ守りに入ったほうがいいのに、まだまだ攻めてる。ここまで行き切ってくれると、見てる側としては気持ちがいいですね。

12

さらば青春の光よりもより邪悪な悪口が展開!「鬼越トマホーク喧嘩チャンネル」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

ニューヨークが「なんでもやる」宣言

 この数年、「偏見」ネタで人気を博している若手芸人・ニューヨーク。一昨年の『M-1グラ...
写真