日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 『関ジャム』東京の遠さを実感させるくるり岸田

『関ジャム』“デビュー曲”特集! サバンナ高橋に東京の遠さを実感させた、高校の後輩・くるり岸田

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

くるり、銀杏、サニーデイ、ゴーイング……「東京」という名曲を作ったアーティストたち

 この日のゲスト、マカロニえんぴつのギターボーカル・はっとりが挙げたのは、98年リリースのくるりデビュー曲「東京」だった。この曲について、サバンナ・高橋茂雄には思い出があるらしい。立命館高校に通っていた高橋は、1学年下の後輩にくるりの岸田繁がいた。

「岸田君は『めちゃめちゃギターのうまい奴がおる』って言われてたんよ。大学生の頃に『くるり』ってバンドを結成して、インディーズでライブやってるのも見ていて。で、デビューが決まる前に僕らのラジオにゲストで呼んで『頑張ってデビューせいよ』って言ったら、『東京』っていう曲で遥か彼方まで行って(笑)。だから俺、『東京ってメチャメチャ距離遠いな』ってそのとき思ったもん。俺は大阪から一生出られへんのちゃうかな? っていう」(高橋)

 はっとりも、くるり「東京」に対する思い入れは深い。

「くるりの『東京』と、きのこ帝国の同名曲『東京』。この2曲が圧倒的なせいで、若手たちは『東京』というタイトルが付けにくく四苦八苦しています」(はっとり)

 きのこ帝国が「東京」を作ったのには、きっかけがあった。きのこ帝国と同世代には、ミニアルバム『拝啓。皆さま』でデビューし、2017年に解散したバンド、plentyがいた。『拝啓~』に収録された1曲「東京」を、きのこ帝国のギターボーカル・佐藤千亜妃は強烈に意識していた。

「聴いたときにすごい衝撃的で。ボーカルの方のハイトーンボイスというか、女性か男性かわからない美声が刺さって、すごい悔しくなりまして。自分もバンド活動していたので、先を越されたじゃないですけど。自分も『東京』という曲を作りたいというのはそこから芽生えて。たくさん『東京』という名曲があるじゃないですか。くるりさんのもありましたし、銀杏BOYZさんもあったので、そこに肩を並べたいじゃないですけど」(佐藤)

 くるりの「東京」もきのこ帝国の「東京」も、どちらも名曲である。言ってしまうとサニーデイ・サービスの「東京」も好きだし、GOING UNDER GROUNDの「東京」も好きだ。桑田佳祐にも矢沢永吉にも浜田省吾にもB’z にもMr.Childrenにもケツメイシにも「東京」という曲はある。椎名林檎やSADSには「TOKYO」という曲があるし、沢田研二には「TOKIO」がある。「東京」というタイトルの曲を特集しても面白そうな気がしてきた。

 それにしても、plentyの名前が出てくるとは。彼らは本当にもったいなかった。

過去を振り返る度にPerfumeは感慨深い

 Perfumeのデビュー曲も紹介された。スタジオに高橋がいるというのに、いいのか……? Perfumeのメジャーデビュー曲は、2005年リリース「リニアモーターガール」である。この企画におけるデビュー曲の定義は、インディーズを除外したメジャーデビュー曲。Perfumeの正真正銘のデビュー曲は2002年にインディーズでリリースされた、パッパラー河合プロデュース「OMAJINAI★ペロリ」である。あの曲のPVが紹介されなかったのは残念だったのか、不幸中の幸いだったか……。

「ポリリズム」でブレイクしたPerfumeだが、今と比較すると「リニアモーターガール」はポピュラリティが希薄でJ-POPリスナーを置き去りにしかねない曲調だ。にもかかわらず、あの頃「リニアモーターガール」は本当によく聴いた。『志村通』(フジテレビ系)のエンディングテーマだったし、ヴィレッジヴァンガードの店内でしょっちゅう流れていたのを覚えている。掟ポルシェや宇多丸(RHYMESTER)らはPerfumeを熱く激賞していた。サウンドプロデューサーに中田ヤスタカを迎えた当時のPerfumeついて、古田新太が振り返る。

「2000年代に入って女子グループがいっぱい出てきた中で『なんや、これ?』って思って。それからしばらくして『あっ、ずっとこれ(テクノポップ)で行くんや』って。これはもう、所信表明なんだなっていう」(古田)

 言ってしまうと、あの頃の彼女たちは一部のドルヲタが注目するだけの存在だった。過去を振り返る度にPerfumeは感慨深い。

123

『関ジャム』“デビュー曲”特集! サバンナ高橋に東京の遠さを実感させた、高校の後輩・くるり岸田のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

メスガキ映画の最高傑作『サイコ・ゴアマン』

 創作上の物語で女児が年上に大して生意気な言...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真