日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 町田啓太に続け!? LDHが実写BLに注力?

『チェリまほ』町田啓太に続け!? LDHが実写BL作品に力を入れ始めた?

文=宇原翼(うはら・つばさ)

『チェリまほ』町田啓太に続け!? LDHが実写BL作品に力を入れ始めた?の画像
鈴木伸之(写真/Getty Imagesより)

 鉱脈となるのか、それとも――。

 人気沸騰中の俳優・町田啓太。LDH JAPANの「劇団EXILE」所属ということで知られるが、この劇団EXILEの仲間である鈴木伸之の主演ドラマが先日発表された。

「日本テレビ系列・読売テレビ制作の木曜深夜ドラマ枠『モクドラF』で来年1月期から始まる『ケイ×ヤク―あぶない相棒―』です。講談社とpixivによるマンガアプリ『Palcy』で連載中の同名マンガの実写化で、『仮面ライダービルド』(テレビ朝日系)の犬飼貴丈が共演するバディものになります」(ドラマ・映画ライター)

 鈴木といえば、2017年放送の『あなたのことはそれほど』(日本テレビ系)や翌年の『今日から俺は!!』(同)などへの出演で広く脚光を浴び、今年は『ボクの殺意が恋をした』(同)のほか、大ヒット映画『東京リベンジャーズ』などに出演。さらに現在は『ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~』(フジテレビ系)『恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~』(日本テレビ系)に出演しているほか、Amazon Prime Videoで先行配信されていた主演ドラマ『お茶にごす。』(テレビ東京系)も放送中と、勢いがある若手俳優だ。

 しかしこの鈴木主演の『ケイ×ヤク』、ただのバディものではないという。

「公安とヤクザがタッグを組むという話ですが、犬飼さん演じるヤクザの若頭・英獅郎(はなぶさ・しろう)は“どっちもいける”人物で、ある目的から政治家と寝ているという役柄。この獅郎を探るという任務を受け、鈴木さん演じる公安警察官・国下一狼(くにした・いちろう)が接触を図るのですが、獅郎の目的を知って一狼が共闘を提案。周囲を欺くために偽りの“恋人契約”を結び、表向きはカップルを装う……という話なんです」(同上)

 このところ増加傾向にある“BL作品の実写化”ということなのだろうか。

「まだ連載中なので今後どうなるかは不明ですが、入り口はBLをかなり匂わせているものの、実際のストーリーに恋愛要素は皆無と言っていいほどありません。公安とヤクザという異色のタッグが過去の事件の真相を探るというシリアスなミステリー作品で、BLというよりは、対照的なふたりが徐々にバディとして絆を深めていく、その関係性に萌える“ブロマンス”ものと言ったほうがいいでしょうね。でも、原作ではオマケコーナーで本編以上に距離の近いふたりの親密さがクローズアップされているので、ドラマでそうした部分を拾っていけば、BL色の強い実写化になるかも」(BL愛好家)

 気になるのは、このところLDHが“BLに接近している”ことだという。

「毎日放送の『ドラマ特区』で11月19日から『美しい彼』というBLドラマが始まったのですが、萩原利久さんとともにW主演を務めているのが、FANTASTICS from EXILE TRIBEのボーカルのひとり、八木勇征さんです。2020年に一般文芸作品の『流浪の月』(東京創元社)で本屋大賞に輝いた凪良ゆう先生の人気BL小説の実写化ということで、原作ファンからも注目されています。

 また、現在放送中の日テレ水曜ドラマ『恋です!』には鈴木伸之さんが出演していますが、鈴木さん演じる獅子王の片思いの相手が杉野遥亮さん演じる森生であることを匂わせており、『まさかのBL』と話題になっています。鈴木さんはある意味で“BL続き”となりますね」(同上)

 SNSでも「LDH、BLの実写を連発してくるなぁ」「LDHはBL路線で行くの?」といった声が上がっているようだ。

「やはり、テレビ東京の昨年10月期のドラマ『チェリまほ』こと『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』の成功が大きく影響しているのでしょう。同名マンガの実写化となったこの作品は、オリコン満足度ランキングで1位を独走するなど反響を呼び、ギャラクシー賞で2020年12月度の月間賞に輝くなど高く評価された。国内のみならず、中華圏を中心に国外でも人気を集め、主演の赤楚衛二とともに町田啓太も大ブレイク。ドラマ放送より1年前に発売された写真集に『チェリまほ』効果で重版がかかり、5刷5万部を突破したことも象徴的でした。LDHがBLに“鉱脈”を見出しているのだとしたら、特に海外でファン層が広がる可能性に魅力を感じているのではないでしょうか」(芸能記者)

 もっとも、BLファンからは「実写化が乱発されている」状態に懸念の声も上がっている。

「『チェリまほ』のドラマが特に素晴らしかったのは、いろんな方面への配慮もなされた、とても丁寧な作りだったところ。そこだけは忘れてほしくないですね」(前出のBL愛好家)

 はたして『美しい彼』や『ケイ×ヤク』は、『チェリまほ』のような成功を収めることができるだろうか。

宇原翼(うはら・つばさ)

宇原翼(うはら・つばさ)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

最終更新:2021/11/22 16:10

『チェリまほ』町田啓太に続け!? LDHが実写BL作品に力を入れ始めた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

NHK紅白の時代遅れ感が露呈?

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

トンツカタン森本、若手No.1 MCの呼び声

 東京のお笑いライブシーンで、MCとして絶大な信頼を集める若手芸人がいる。人力舎のコ...
写真