日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > レコ大、“非ソニー系”の受賞はある?

 本命不在のレコ大、“非ソニー系”の受賞は? 新人賞はライジング所属歌手がダークホースに!

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

本命不在のレコ大、非ソニー系の受賞は? 新人賞はライジング所属の女性歌手がダークホースに!の画像1
LiSAの2連覇はあるのか?

 年末恒例の『第63回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)の各賞受賞者が発表された。大賞候補となる優秀作品賞には、LiSA『明け星』、乃木坂46『ごめんねFingers crossed』、NiziU『Take a picture』、氷川きよし『Happy!』、Awesome City Club『勿忘』など10曲が選出されている。

「事前の予想では、優里『ドライフラワー』が大賞の有力候補とも言われていましたが、女性関係のスキャンダルが影響したのか、優秀作品賞にも選ばれなかった。ちなみに優里は『紅白歌合戦』も落選しています。ともかく、優里が不在となったことで、レコ大は一気に混戦になってきました」(音楽業界関係者)

 そんななか、大賞の有力候補に浮上したのが乃木坂46だという。

「LiSAの2連覇という線もあるんですが、『鬼滅の刃』ブームも落ち着いているなか、必ずしも今年を代表する曲とは言えないでしょう。一方で、乃木坂46は今年で結成10周年です。ほかにふさわしい候補がいないのであれば、これまでの貢献度も高い乃木坂46に花を持たせるという選択は十分にありえます。あと、楽曲がヒットしたといえばAwesome City Clubの『勿忘』ですが、実績という面ではちょっと物足りなさもありますしね」

 ちなみに、昨年まで5年連続で、ソニー系のレーベル所属アーティストがレコ大を獲得している。

「LiSAも乃木坂もソニー系。いずれにしろ、今年もソニー系のアーティストが大賞を獲りそうですね。もはや、レコード大賞というよりも“ソニー大賞”といっても過言ではありませんよ。だからこそ、業界内では非ソニー系でエイベックスのAwesome City Clubを推す声もあります」(同)

 一方、新人賞はINI、TAEKO、マカロニえんぴつ、望月琉叶の4組が受賞。この中から、最優秀新人賞が決定する。

「話題性や人気、売り上げでいえば、11人組ボーイズグループのINIが最有力。INIを生んだオーディション番組『PRODUCE 101 JAPAN SEASON2』の放送もTBS系でしたし、局内事情的にもしっくりきますよね。ただ、兄貴分グループであるJO1はレコ大とは縁がないので、そのあたりがちょっと気になります。あと、マカロニえんぴつもZ世代の若者を中心に人気があるバンドですし、なくはないといった状況でしょう」(同)

 そんな中で、女性歌手のTAEKOはダークホース的存在だという。TAEKOはダンススキルの高さにも定評がある本格派女性シンガーで、“和製ビヨンセ”と呼ばれることもしばしば。有線放送でのリクエストチャートで上位に食い込み、話題になった。

「TAEKOはライジングプロダクションの所属です。ライジングとレコ大は本当に関係性が強く、毎年優秀作品賞にはDA PUMPや三浦大知といったライジングのアーティストが名を連ねています。さらに新人賞については、“ライジング所属アーティストと、アップフロントのハロプロ系は、ノミネートされれば最優秀新人賞を必ず獲る”とも言われています。実際に2011年以降、ライジング所属で新人賞にノミネートされたフェアリーズ、新里宏太、西内まりやの3組はいずれも最優秀新人賞を獲得しました。この法則からすると、今年はTAEKOが最優秀新人賞となる可能性もゼロではないでしょう」(同)

 大賞も新人賞も本命不在で、大混戦となっている今年のレコード大賞。ヒット曲とは一体何なのか、ということを今一度考えさせられる展開かもしれない。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/11/25 11:00

 本命不在のレコ大、“非ソニー系”の受賞は? 新人賞はライジング所属歌手がダークホースに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

ジャニーズ新世代「なにわ男子」デビュー!

関西ジャニーズJr.から7年以上ぶりにデビュー! すでに人気加熱気味のなにわ男子は天下を取るか
写真
人気連載

溝口健二『祇園の姉妹』必見の名作

 皆さんこんばんは、宮下かな子です。  隔週...…
写真
インタビュー

くらたまが初のミステリー長編に挑む!

 ダメ男と、ダメ男にばかりハマってしまう女性の姿がリアルに描かれた恋愛エッセイ漫画『...
写真