日刊サイゾー トップ > 芸能  > 今年の『レコ大』氷川きよしを推す声続出!

氷川きよしを推す声続出! 今年の『レコ大』“本命不在”とスタッフの本音

文=田井じゅん(たい・じゅん)

スタッフからは氷川きよしを推す声続出! 今年の『レコ大』、本命不在で混迷の画像1
氷川きよし(日本コロムビア公式サイトより)

 12月30日にTBS系で放送される『第63回 輝く!日本レコード大賞』。今年は“本命不在”の大混戦となっているが、現場スタッフからは、氷川きよしの大賞受賞を願う声が続出しているという。

 今年、大賞候補となる優秀作品賞を受賞したのは、LiSA『炎』、純烈『君がそばにいるから』、乃木坂46『ごめんねFingers crossed』、NiziU『Take a picture』、氷川きよし『Happy!』、Awesome City Club『勿忘』など10組。ある音楽関係者はこう話す。

「今年は1年を象徴するようなヒット曲もないので、誰が大賞を獲ってもおかしくない状況。こういうときは往々にして、“政治的ジャッジ”によって大賞が決まることが多いんです。だから、一部では今年はデビュー10周年である乃木坂46が“ご祝儀”的な感じで、大賞を取るのではないかとも囁かれています」

 しかし、現場で番組を制作するスタッフたちの間では、氷川きよしにこそ大賞を獲ってほしいという声があるという。

「氷川さんは、2000年にレコード大賞の最優秀新人賞を獲得し、その翌年から今年までずっと、大賞候補としてノミネートしています。そのなかで大賞を獲ったのは2006年の1回のみ。そこからすでに15年経っているわけですからね。現場スタッフの間では、そろそろ氷川さんが2回目の大賞を獲ってもいいのではないかという空気が流れているそうです」(同)

 また、氷川はスタッフ受けもすこぶるいいというのだ。

「氷川さんは、すでに超がつくほどの大物演歌歌手ですが、だからといってエラそうになることもなく、現場の制作スタッフとフレンドリーに接しています。現場のスタッフとの関係性も良くて、みんな氷川さんのファンのような感じなんです。だからこそ、みんな氷川さんに大賞を獲って欲しいと願っているんです」(制作会社スタッフ)

 ただ、現場は“氷川推し”だったとしても、その意向が審査につながらないのがレコード大賞だ。

「レコード大賞の場合、番組制作スタッフと審査員は、完全に別物なんですよ。“テレビ的”といった観点で賞が決まることもないし、現場スタッフが推しているからといって、有利になるわけではない。審査は完全に審査員たちが密室で行っていて、それ以外のスタッフの介在する余地はまったくないし、現場スタッフは審査の行方もまったく知らないのです」(レコード会社関係者)

 年々、その権威が失われていると言われるレコード大賞。大賞にふさわしい楽曲がないのなら、番組貢献度が高く、スタッフからも愛される氷川きよしが報われてもいいはずだが……。

田井じゅん(たい・じゅん)

田井じゅん(たい・じゅん)

1985年生まれ。神奈川県出身。専門学校在学中より、ミニコミ誌やフリーペーパーなどでライター活動を開始。一般企業への就職を経て、週刊誌の芸能記者に転身。アイドル業界や音楽業界を中心に、その裏側を取材中。

最終更新:2021/12/11 18:00

氷川きよしを推す声続出! 今年の『レコ大』“本命不在”とスタッフの本音のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

「オナニーは害悪」近代日本のトンデモ性教育史

 近年、性教育本がブームとなっている。中には思春期以前の子どもに向けて生殖や性暴...
写真