日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > フジとTBSを救うのは櫻井翔?

『バイキングMORE』『news23』…打ち切り報道のフジとTBSを救うのはまさかの櫻井翔?

文=小林真一(こばやし・しんいち)

『バイキングMORE』『news23』…打ち切り報道のフジとTBSを救うのは櫻井翔?の画像1
櫻井翔(Getty Images)

『バイキングMORE』(フジテレビ系)が、来年3月で終了をすると発表された。さらに、『news23』(TBS系)にも打ち切りの報道が飛び出している。それぞれ、平日の帯番組として各局を代表するコンテンツだが、一体何があったのか?

「『バイキング』は、打ち切りの理由を、MCの坂上忍がライフワークの動物保護活動を優先させるためとしています。坂上は、13日の同番組で『本当に皆さんにかわいがっていただいて8年も続けられたことに感謝しかない』と番組終了にポジティブなコメントをしていました。
ただ実際は、一部週刊誌で、坂上にスタッフへの“パワハラ疑惑”が報じられたことも理由にあったようです。今回、局側が正式に発表する前に複数の週刊誌がいっせいに打ち切りを報じたのも、フジ社内で『バイキング』や坂上をよく思わない人間からのリークがあったからだとか。政治部などには、好き勝手に政権批判をする『バイキング』をよく思っていない社員も多かった。現在は、新番組への意見を各部署から集めて急ピッチで調整をしていますよ」(フジテレビ関係者)

 さらにTBS系『news23』は、もっと事態が深刻化しているという。

「フリーになったばかりの小川彩佳アナを起用して話題性を狙った『news23』ですが、平均視聴率は4%台をウロウロする厳しい状況で、裏番組『news zero』(日本テレビ系)の後塵を拝しています。小川アナは元夫の不倫騒動で週刊誌を賑わせ、離婚するなどプライベートでトラブルもあった。小川アナはもちろん何も悪くないのですが、一度ついたイメージを払拭するのは難しいことです。今夏には“テコ入れ”として、局アナの中でも好感度が高い国山ハセンアナを起用しましたが、視聴率も回復せず。キャスターの変更を含め、抜本的な調整を行う段階に入っているようです」(民放関係者)

 どちらの番組も社内ではあまり評価を受けていないようだが、とある大きなプロジェクトがそれぞれに計画されているという。

「“報道のTBS”という硬派なイメージがありますが、23時台はどうやっても日テレの『news zero』には勝てない。それなら『news23』を、家事や育児が一段落ついて息抜きをしたい主婦向けに、親しみやすいニュースを取り扱う番組にしたらどうかという案が出ているんです。その中で、嵐の櫻井翔をMCに迎える計画があるのだとか。櫻井は日本テレビ系『news zero』の月曜キャスターをしていますが、キャスター業に本腰を入れるため、他の曜日も担当したいという申し出が日テレでなかなか通らない。ならば、“掟破り”でTBSの23時台への進出も考えているそうなんです。池上彰のようなスタンスで、金曜日の夜にその週に起こったニュースを噛み砕いて伝える番組を計画しているとの話です」(民放関係者)

 また、フジテレビ系『バイキング』の代わりに計画しているプロジェクトにも、櫻井の名前が挙がっているようだ。

「坂上に“パワハラ疑惑”が出てしまった以上、次に担当するMCは好感度の高いタレントを起用したいところ。そこで、中居正広や櫻井翔、お笑い芸人のアンジャッシュ・児嶋一哉など、日替わりでMCを担当させる番組の計画が進行しているようです。今後は一人のMCに頼らない番組にしたいとか。なにかトラブルがあっても臨機応変に対応できますからね」(民放関係者)

 さまざまな番組で引く手あまたの櫻井。12月6日放送の『news zero』では、戦争体験者への取材での一幕が大炎上した櫻井だが、キャスターとしての評価は急上昇しているという。

「戦時中、ハワイの真珠湾攻撃で魚雷を落とした電撃機の元搭乗員の男性に、櫻井が『アメリカ兵を殺してしまったという感覚は?』と質問をしたことが物議を醸しました。ですがこれは、櫻井が戦争の愚かさをしっかりとインタビューで引き出した上で、あえて厳しい言葉を使った場面でした。現役のアナウンサーやニュースキャスターには、ここまで突っ込んだ質問ができる者はいないと櫻井を称賛する声も大きいです。特に、報道を扱う現場の人間たちからは評価が急上昇。櫻井は戦争についてかなり勉強していて、『Newsweek日本版』(CCCメディアハウス)で戦争に関するレポートも掲載したほど。こういった真面目な姿勢も評価され、新時代の人気キャスターになれると期待を集めています。正直、現在ニュース番組を担当しているどのキャスターよりも、櫻井の現場評価は高いと言っても過言ではない。間違いなく、来年以降は櫻井の争奪戦が始まります」(民放関係者)

 キャスターとして、ジャーナリストとして評価が上がっている櫻井。窮地に立たされたフジやTBSの救世主となるのだろうか。

小林真一(こばやし・しんいち)

小林真一(こばやし・しんいち)

出版社、IT企業、テレビ局勤務を経て、フリーライターに。過去の仕事から、ジャニーズやアイドルの裏側に精通している。

最終更新:2021/12/14 07:00

『バイキングMORE』『news23』…打ち切り報道のフジとTBSを救うのはまさかの櫻井翔?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

ユーチューバー宮迫博之、逆風止まず

 焼肉屋「牛宮城」の開業を目指し奔走中の元お...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 いち人間としてトランプを支持するだけでなく、ヒップホップというフィルターを通し...
写真