日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 『ウラ撮れちゃいました』に白石麻衣はもったいない?

『ウラ撮れちゃいました』白石麻衣がもったいない? 「うまく活かせていない制作サイドの課題」

文=石井洋男(いしい・ひろお)

『ウラ撮れちゃいました』に白石麻衣はもったいない? 「うまく活かせていないのは制作サイドの課題」の画像1
白石麻衣STAFF(@shiraishi_staff)より

 乃木坂46の元エースとしてシングルのセンターを何度も務め、卒業後も女優、モデル、タレントとして引っ張りだこの白石麻衣。今年の秋にスタートした『ウラ撮れちゃいました』(テレビ朝日系)で、ゴールデン帯初のレギュラーMCを務めているが、その起用は何とも贅沢ではないか。

「普段はなかなか見ることができないさまざまな業界の裏側に密着する『ウラ撮れちゃいました』は、単発特番時は弘中綾香アナが司会でしたが、今年10月のレギュラー化にあたり、かまいたちと白石をMCに抜擢。局アナを使えば経費はかからないのに、わざわざ白石をブッキングしたあたりに番組にかける期待の高さが分かります。しかし、いざレギュラー放送が始まると、白石がしゃべるシーンは少なく、それも“Vフリ”(VTRに切り替わる直前のコメント)が多い。1時間の放送で数秒しかしゃべらない回もありました。乃木坂時代の白石は、冠番組で意外な“バラエティ適正”を見せていましたから、それをうまく活かせていないのは制作サイドの課題だと思います」(テレビ情報誌記者)

 もちろん、MCの一番の仕事は番組を進行することだが、ファンとしては、まいやんの今以上の活躍を望んでいるはず。それでも番組が面白ければ救いがあるが、関係者評は厳しい。

「目玉の裏側潜入は、『坂上&指原のつぶれない店』『ジョブチューン』(TBS系)、『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)『林修のニッポンドリル』(同)などで定番の企業コラボで、潜入という体の宣伝です。他のコーナーも『秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)、『ヒューマングルメンタリー オモウマい店』(同)、『所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ』(テレビ東京系)『Youは何しに日本へ?』(同)など、高視聴率番組の人気コーナーを拝借したようなものばかり。視聴率は初回から1ケタで、その後も上向いていません」(バラエティ番組制作関係者)

 企業潜入モノが多いのは視聴者の関心の高さの現れとも言えるが、ヨソから企画をパクるのはいただけない。さらに、キー局関係者はこう指摘する。

「細かいことですが、白石の肩書きが『美人秘書』になっているのは驚きです。もちろん白石は言わずと知れた美貌の持ち主ですが、ここ数年、大手メディアではルッキズム(外見にもとづく差別や偏見)が急速に問題視されるようになっており、バラエティやお笑い番組でも“容姿イジり”はタブーになりつつあります。そんなご時世に、自ら地雷を踏みに行くような肩書きを持ってくるとは、制作側には何か信念があるのか、それとも何も考えていないのか……」(キー局関係者)

 白石麻衣がもったいなさすぎる同番組だが、もしやその点でも“ウラ”を狙ったのだろうか……。

 

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2021/12/29 07:00

『ウラ撮れちゃいました』白石麻衣がもったいない? 「うまく活かせていない制作サイドの課題」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

さらば・森田唖然「やっぱりFANZAや」

 全国で人気のタレントを多数輩出し、またロー...…
写真
インタビュー

日本の男が恥ずかしがる「包茎」の社会学

 かつて、「ひとつウエノ男」というフレーズで知られる上野クリニックをはじめ、包茎手術...
写真