日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 「ペヤング」ヤバすぎた2021年を振り返る

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返る

文=オサーン

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るの画像1
2021年に発売された「ペヤング」は全部で37商品も!

 今年も「ペヤング」からは、人気シリーズの「獄激辛」と「ペタマックス」を中心としたイメージどおりの「ヤバい」商品が続出しました。ただ、中には意外(?)に真面目で正統派な商品もあったような気がします。今年も「ペヤング」からは、人気シリーズの「獄激辛」と「ペタマックス」を中心としたイメージどおりの「ヤバい」商品が続出しました。ただ、中には意外(?)に真面目で正統派な商品もあったような気がします。

 今年「ペヤング」から発売された商品は以下の通り。

「ペヤング 獄激辛カレーやきそば」(1月18日発売)
「ペヤング こってりラー油ガーリックやきそば」(1月25日発売)
「ペヨちゃんやきそば」(2月1日発売)
「ペヤング 辛口ホルモンねぎやきそば」(2月8日発売)
「ペヤング ベジタブルワールドやきそば」(2月22日発売)
「ペヤング なんちゃって蕎麦風」(3月22日発売)
「ペヤング ピリ辛高菜 明太子味やきそば」(4月5日発売)
「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛」(4月19日発売)
「ペヤング 獄激辛担々やきそば」(5月17日発売)
「ペヤング ねぎ塩マヨやきそば」(5月24日発売)
「ペヤング ねぎラー油やきそば」(5月24日発売)
「ペヤング 超超超超超超大盛 ペタマックス 醤油ラーメン」(6月7日発売)
「ペヤング 超超超超超超大盛 ペタマックス 辛味噌ラーメン」(6月7日発売)
「ペヤング ナポリタン風やきそば」(6月14日発売)
「ペヤング カルボナーラ風やきそば」(6月14日発売)
「ペヤング ペペロンチーノ風やきそば」(6月14日発売)
「ペヤング 青のりパンチやきそば」(6月28日発売)
「ペヤング 超大盛やきそばハーフ&ハーフ ガーリックカレー」(7月12日発売)
「ペヤング 塩昆布やきそば」(7月12日発売)
「ペヤング 獄激辛にんにくやきそば」(7月26日発売)
「ペヤング シーフードやきそば」(8月2日発売)
「ペヤング 韓国味 なんちゃって蕎麦風」(8月23日発売)
「ペヤング 獄激辛麻婆やきそば」(9月6日発売)
「ペヤング たっぷりメンマ やきそば」(9月13日発売)
「ペヤング マヨ酸辣やきそば」(9月20日発売)
「ペヤング にんにく納豆やきそば」(9月27日発売)
「ペヤング きのこMAXやきそば」(10月4日発売)
「ペヤング 超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」(10月18日発売)
「ペヤング オムそば風やきそば」(10月25日発売)
「ペヤング 幸楽苑味噌野菜たんめん味やきそば」(11月1日発売)
「ペヤング 幸楽苑ペタマックス 味噌野菜うどん」(11月1日発売)
「ペヤング ボンゴレ風やきそば」(11月15日発売)
「ペヤング ボンゴレ風やきそば 超大盛」(11月15日発売)
「ペヤング 超大盛激辛やきそば マシマシキャベツ」(12月6日発売)
「ペヤング オニオンマヨツナやきそば」(12月13日発売)
「ペヤング ペタマックス たぬきそば風」(12月20日発売)
「ペヤング ホルモン焼き風味噌仕立てやきそば」(12月27日発売)

 2021年に発売された「ペヤング」は全部で37商品。実に1カ月3品ペースで新商品を繰り出し、カップ麺大手5社に次ぐ発売数となっています。今回は、この中から大きく注目を集めた商品をピックアップしつつ、「ペヤング」激闘の2021年を振り返っていきたいと思います。

「獄激辛ペヤング」は第2~5弾まで4商品も発売された!

 

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るの画像2
「激激辛カレーやきそば」(左)と「獄激辛担々やきそば」(右)

 2020年2月に登場し、世の中を震撼させた「ペヤング 獄激辛やきそば」。ネット界隈では罰ゲームの定番として定着するほど、かつてない辛さが特徴の商品でした。

 その後、約1年の沈黙を破り、2021年1月に第2弾「獄激辛カレーやきそば」がついに登場。あまりカレー味がしない不思議なソースでしたが、本当にカレー味が弱いからなのか、激辛すぎて舌が麻痺してしまったからなのか、定かではありません。

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るの画像3
「激激辛にんにくやきそば」(左)と「獄激辛麻婆やきそば」(右)

 それを皮切りに、4月に第3弾「獄激辛担々やきそば」、7月に第4弾「獄激辛にんにくやきそば」、9月に第5弾「獄激辛麻婆やきそば」が立て続けに発売されました。第4弾には「意味不明な苦味」、第5弾には「きちんと麻婆味」という激辛以外の新たな武器を携え、私たちを仕留めにきたのです。志半ばで力尽きた同志も多いのではないでしょうか。

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るの画像4
再放送?総集編?「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛」

 第2弾「カレー」後の4月には、第1弾と第2弾を半分ずつ組み合わせた「ペヤング 超大盛やきそば ハーフ&ハーフ W獄激辛」という商品も発売されました。今にして思うと、テレビのドラマやアニメが新シリーズ放映前に総集編や再放送を流すように、これまでの復習教材的な存在だったみたいです。再放送で力尽きてしまった同志の無念を慮ると涙が止まりません。

 2021年9月を最後に「獄激辛ペヤング」は再び鳴りを潜めています。2022年は新商品の登場があるのでしょうか。嵐の前の沈黙にしか感じられません。ペヤング先生の次回作が待ち遠しいような、もうこないでほしいような。

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るの画像5
「超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」

 ちなみに、10月には「超大盛やきそば 社員一番の美味しい辛さ」が登場。大辛~激辛レベルの商品でしたが、これまでの「獄激辛」や「激辛」に比べるとおとなしめ。これが一番なら、まるか食品さんは「獄激辛」や「激辛」をあまりおいしいと思って出しているわけではないのが明らかになってしまいますが……まあ、「獄激辛」をおいしいと思っているなら、それはそれで問題ありそうです。

1234

「ペヤング」は今年もヤバすぎた──2021年の大ヒット(?)商品を振り返るのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

源頼朝の命を助けたかったのは後白河法皇?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真