日刊サイゾー トップ > 芸能  > 久慈アナ退社がフジ人材流出の引き金に!?

久慈アナ退社がフジの大量人材流出の引き金に!? 安月給の「不動産会社」に見切りか

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

久慈アナ退社がフジの大量人材流出の引き金に!? 安月給の「不動産会社」に見切りかの画像1
フジテレビ(写真/GettyImagesより)

 一人の女子アナが退社するという話だけでは済まなくなっていきそうだ。

 先日、フジテレビの次期エースと目されていた久慈暁子アナの退社報道が飛び出し、女子アナファンを驚かせた。

「年明けにも発表される見通しですが、どうやら3月を待たずに退社すると見られています。一部では、『めざましテレビ』のメインMCのポストを後輩だった井上清華アナに奪われたことからの“屈辱退社”と報じられていますが、その背景にあるのは、フジの給料の安さ。30代で年収2000万円と言われた時代はもはや過去のこと。給与水準は右肩下がりで、現在の久慈アナの年収は800万円程度だと言われています。それでも一般企業のOLと比べれば十分高いですが、女子アナは美容や衣装代やタレントとの付き合いもありますから、交際費はそれなりにかかります。フジの女子アナが“ステマ”で美容室代など浮かせてようとしていたのも、根本は給料の安さが原因でしたからね」(テレビ関係者)

 しかし、「振り向けばテレビ東京」と言われるフジテレビとしては、今の業績では給料を上げたくてもとても上げられない。そればかりか、年明けには50代以上を狙い撃ちにしたリストラを発表してさえいる。

「対象者は300人近くいますが、すでに100人近い局員が応募すると見られています。そればかりか、20代~30代の若手局員も続々と退社。全盛期を知るバブル世代はまだ“フジテレビ愛”が強いですが、衰退した後に入社した世代は見切りが早い」(前出・テレビ関係者)

 若手局員らが将来に不安を覚える理由が、業績の“中身”だという。民放プロデューサーが明かす。

「もはやフジホールディングスの中心はテレビ事業ではなく、ホテル事業や不動産の賃貸です。地上波に至っては売り上げこそ差はあれ、利益率ではBSフジと変わらない。これではテレビマンとして、とても胸を張れません。坂上忍がMCを務める『バイキング』が打ち切りになったのも、坂上を筆頭にタレントのギャラを払えなくなったから。後番組は情報番組になるようですが、出演者は局アナと1時間拘束してもギャラが3万円程度で済む芸人が出るだけになるんだとか。番組の制作費も10年前の4分の1まで削られて、制作会社のモチベーションも低い。久慈アナはフジ系列の『フォニックス』ではなく、別の芸能プロ入りすると報じられていますが、フジの内情を知る彼女は、自分が出たいと思える番組が生まれないと踏んで、距離を置こうとしているのかもしれませんね」

 久慈アナが27歳の若さで局に見切りをつけたのは、同僚アナ、とりわけ若手アナたちは大いに動揺したはず。2022年、「安月給」の「不動産会社」から逃げ出すフジテレビ局員が続出すれば、その波紋は他局にも広がり、テレビ界の衰退が加速していきそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/01/02 08:00

久慈アナ退社がフジの大量人材流出の引き金に!? 安月給の「不動産会社」に見切りかのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

冬ドラマに注目!

フジ月9、2作連続で好調の日テレ水10、方向転換?のTBS火10……冬ドラマ特集
写真
人気連載

紅白が“高齢者切り捨て”で迎えた断末魔…

 例年、日本テレビ系の裏番組『ダウンタウンの...…
写真
インタビュー

次世代レスラー4人衆が抱く飽くなき野望

 サウナブームと言われて久しい昨今。健康改善やコミュニケーション活発化を期待して、い...
写真