日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル  > 松村沙友理が女優として評価されるワケ

元乃木坂46・松村沙友理、“設楽の女”で演技に開眼? 女優として評価されるワケ

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

元乃木坂46・松村沙友理、設楽の女で演技に開眼? 女優として評価されるワケの画像1
テレビ朝日系ドラマ『愛しい嘘~優しい闇~』に出演中! 画像は松村沙友理STAFF(@sayuringo_staff)Twitterより

  1月期の新ドラマでは『ミステリという勿れ』(フジテレビ)の白石麻衣や、『ユーチューバーに娘はやらん!』(テレビ東京系)の若月佑美、『真犯人フラグ 真相編』(日本テレビ系)の生駒里奈、『もしも、イケメンだけの高校があったら』(テレビ朝日)の遠藤さくらなど、乃木坂46のOGや現役メンバーの活躍が目立つ。

 とくに今、最も注目されているのが『愛しい嘘~優しい闇~』(テレビ朝日系)に出演中の松村沙友理の演技力である。

「松村は昨年7月に乃木坂46から卒業し、モデル・女優としての活動をスタートさせました。乃木坂46時代には演技経験が乏しく、女優として芸能界に残っていけるのか不安視する声も多かったのですが、乃木坂46のOGで女優として活躍している西野七瀬や白石よりも演技力の面で高い評価を受けています」(テレビ誌ライター)

『愛しい嘘~優しい闇~』での松村の役どころは、主人公の職場の後輩である漫画家。性悪で気の強いキャラクターを見事に演じている。第1話放送後のツイッターで「演技上手すぎてまちゅにイライラしてくる」「めっちゃ可愛いけどむかつく!」といったコメントが飛び交ったのも、松村の演技力が高い証拠だろう。

「松村は、乃木坂46時代の『乃木坂工事中』(テレビ東京系)では、MCであるバナナマン設楽の愛人“設楽の女”キャラで狂気をむき出しにするくだりが定番になるなど、当時から“ちょっとコワい女”を演じることを得意としていました。乃木坂46メンバーといえば清楚な印象が強く、悪女の役は似合いません。しかし、松村はアイドル現役時代から機転の利いたコメントを勢いよく飛ばせるタイプでした。その長所が今、女優として活きているように思います」(アイドル誌ライター)

 松村といえば、昨年公開された映画『ずっと独身でいるつもり?』でも“パパ活女子”を演じ、胸を揉みしだかれる演技で話題となった。

「同作は今年からAmazonプライムビデオで配信が開始されたので、改めて話題になっています。松村はここでも性格がキツい“港区女子”を演じ、その演技力と、体当たりな女優魂が評価されました。また、26歳になっても職につかずギャラ飲みとパパ活だけで生計を立て、今後どう生きたらいいかわからないと嘆く、“本当は強くない”部分を表現するのもうまかった。女優としていい形でスタートしたように思いますが、一方で、今のところは“本当は弱いけど虚勢を張って生きている”というキャラクターが多い。今後、さまざまな役に挑戦していくことが求められます」(前出・テレビ誌ライター)

 松村が元乃木坂46女優の出世頭になる可能性は大いにありそうだ。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2022/01/20 08:00

元乃木坂46・松村沙友理、“設楽の女”で演技に開眼? 女優として評価されるワケのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

香取慎吾とのコラボ秘話

 今年1月9日放送の『関ジャム 完全燃SH...…
写真