日刊サイゾー トップ > 芸能  > 宮迫にゲンナリ、キムタク賞レース他週末芸能

宮迫”盛りグセ”にゲンナリ、キムタク賞レースの行方他、週末芸能ニュース雑話

文=日刊サイゾー

宮迫盛りグセにゲンナリ、キムタク賞レースの行方他、週末芸能ニュース雑話の画像1
宮迫博之

記者I 年明けも物騒な話題が続いていますが、自ら物騒な火種を抱え込んでいる元雨上がり決死隊の宮迫博之が公式YouTubeチャンネルで“懐事情”を公開して物議を醸しています。高級焼肉店・牛宮城のオープンにかかる費用を自身の趣味であった腕時計コレクションを売却してまかなうと発言。YouTubeの再生回数も低下の一途を辿っています。

デスクH たしかにほかのYouTuberとコラボしていない動画は20万回くらいのものが多いからトップYouTuberと言うには物足りないかな。再生回数は単純にユーザーに飽きられているのが問題で、それをカバーしようと時計売ったり車売ったりして「かわいそうな自分」を「さらにかわいそうな自分」にするために”盛って”いて、その”被害者仕草”がしつこく見える。吉本興業を辞めたときからなにも変わっていないんだなという印象がついちゃったね。

記者I YouTubenoトーク番組のほうで、オリエンタルラジオの中田敦彦が追及する感じで暴露していましたが、焼肉店も宮迫の個人店ではないそうですし、いよいよ「なにを大騒ぎしているんだ?」とおもう視聴者も多そうですね。ドキュメンタリーになりきれていないというか。ドキュメンタリーといえばYouTubeチャンネル『街録ch~あなたの人生、教えて下さい~』に中山秀征が出演。ダウンタウンとの確執の真相を語っていました。

デスクH ダウンタウンがとんがっていた頃の話は今でも散々繰り返されているけど、当時の東京と大阪のお笑いは今みたいに「一緒に仲良く」ではなかったからなぁ。中山といえば年始特番の『クイズドレミファドン!』で司会やっていたけど、改めて見てみるとテンポ良くって普通にめちゃめちゃうまいなと。もうちょい司会やっても良さそうなもんだけど。

記者I 国内外で映画の賞レースが活発化してきています。その中でも注目なのが第74回カンヌ国際映画祭で4冠、第79回ゴールデングローブ賞でも非英語映画賞を受賞するなど世界的に評価を受ける『ドライブ・マイ・カー』(濱口竜介監督)。今年の3月11日に行われる日本アカデミー賞でも期待されていそうですが、同時に昨年『マスカレード・ナイト』で主演した木村拓哉の”賞レース参加”も気になるところです。

デスクH キムタクは昨年に行われた報知映画賞の主演男優賞は受賞しているんだよね。だから、賞レースに参加しているはずなんだけど、今年は『ドライブ・マイ・カー』と主演した西島秀俊が強すぎる気がするなぁ。

記者I ジャニーズ関連で言えば、今週は関ジャニ∞の大倉忠義と女優の広瀬アリスに交際報道がありましたね。そんな関ジャニ∞の不穏な噂がまたしても。

デスクH 錦戸亮と渋谷すばるが退所したあたりから囁かれている噂だけど、今年でデビュー20周年なんだよね。「最後の花火を打ち上げて……」なんて考えるメンバーもいそうだし、それぞれ活躍の場を広げているからね。活動休止で留まればイイんだけど。

12

宮迫”盛りグセ”にゲンナリ、キムタク賞レースの行方他、週末芸能ニュース雑話のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

吉田鋼太郎、結婚離婚を繰り返し…

 ベテラン芸能リポーターの城下尊之氏が、とか...…
写真
インタビュー

YOAK広本敦さんインタビュー

 2月上旬に、ある女性がツイッターに投稿した発言が話題になった。その趣旨は「メンズレ...
写真