日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『ザ・ノン』衝撃の婚活回をおさらい

『ザ・ノンフィクション』衝撃の婚活回を男性ライターが見たら震えるしかなかった

文=寺西ジャジューカ(てらにし・じゃじゅーか)

『ザ・ノンフィクション』衝撃の婚活回を男性ライターが見たら震えるしかなかったの画像1
『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)

 1月16日、23日と2週にまたがって『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ系)で放送された「結婚したい彼女の場合 ~コロナ禍の婚活漂流記~」。30代の婚活女性を追ったこの回は、ネットで異常に盛り上がっていた。ツイッターのトレンドワードでは「ザ・ノンフィクション」「ミナミさん」が急上昇し、5ちゃんねるの実況スレッドには1時間で1万5000件近くの書き込みが殺到(大ヒットドラマの最終回と同レベルの数字である)。何がそんなに視聴者を惹きつけたのか? じっくりと振り返ってみる。

「ミナミさん」が専業主婦を希望する理由

 主人公は、婚活に励む31歳の女性・ミナミさん(仮名)。中高一貫の私立の女子校に通った彼女は、都内の私立大学法学部を卒業。現在は実家で生活しながら都内の飲食店にホールスタッフとして勤務し、手取りは月に約13万円というスペックである。

 結婚相談所「マリーミー」に入会したミナミさんだったが10カ月たっても成果が出ず、マリーミー・植草美幸代表から直接指導を受けるコース(初期費用25万円、月会費3万円、成婚料33万円)にコース変更をした。初日に行われたのは、植草代表との面談だ。

植草  「どんな教育を子どもに受けさせたいとか、そういうのを考えながら婚活しないと相手は定まりません。まったくそれ考えてなかった?」
ミナミ 「なんとなくボヤーッと、曖昧な感じ」
植草  「ボヤーだと一生結婚できない。結婚は友だち探しじゃないから。恋愛はどうでした? (大学)4年間」
ミナミ 「そこで初めて、男友だちというか彼氏というか……。手をつないだりとか、そういうのはありましたけど」
植草  「じゃあ、手をつなぐ止まり?」
ミナミ 「……勢いでキスしたこともありましたけど」
植草  「その先行かない? もしかしたら、それは恋人じゃなくて男友だちかな。じゃあ、ゼロからのスタートだね」

 30歳オーバーでこんなことをズバリ言われるのはしんどいと思う。でも、ここまで晒さないときっと結婚につながらないし、晒していたかも疑問だ。「勢いでキス」のくだりが、見栄で盛ったようにも聞こえたのだ。「彼氏がいたことはない」とはっきり言えないプライドの高さが、婚期を逃した要因にも思える。ミナミさんは、結婚より先に恋愛をしたほうがいい気がする。

 その後、番組スタッフがミナミさんの自宅にお邪魔すると、部屋には小学生時代から使っているであろう学習机と、年季の入ったぬいぐるみがたくさん。酷だが、傍目から見ると結婚できない理由がわかってしまう。まず、彼女は年相応の生活と身なりを目指したほうがいい。なのに、どうして結婚を急ぐのか?

「きっかけは、3年前に職場で倒れたことがありまして。救急車で運ばれたんですけど、誰とも連絡がつかなくて。とっても衝撃で、すごい取り残されてる感じ。そこで、1人で孤独っていうのを痛感して」(ミナミさん)

 ちなみに、ミナミさんは専業主婦を希望している。筆者は「今どき!?」と驚きだったが、結婚相談所では今も少なくないらしい。彼女が専業主婦にこだわる理由は、「自分の両親が共働きで寂しい思いをしたから、自分は家庭を守りたい」という思いからである。だが、これも眉唾に聞こえた。彼女は結婚後の展望をほとんど考えておらず、面談で植草代表にダメ出しされたばかりだ。実家暮らしで両親は高齢、手取りは月13万円。だから、養ってくれる人を探しているように見える。ミナミさんの「働きたくない!」という心情は、次第に明らかになっていく。

12345

『ザ・ノンフィクション』衝撃の婚活回を男性ライターが見たら震えるしかなかったのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

「優生学に直結する」と思考停止するほうが問題だ! 「遺伝子社会学」が追究する“格差”の正体とは? 

 『遺伝子社会学の試み 社会学的生物学嫌い(バイオフォビア)を越えて』(日本評論社)...
写真