日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > パンドラ映画館  > ビリー・ホリデイとFBIの対決を描く映画
深読みCINEMAコラム【パンドラ映画館】Vol.673

黒人リンチを告発した闘う歌姫『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』

文=長野辰次(ながの・たつじ)

黒人リンチを告発した闘う歌姫『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』の画像1
公民権運動が起きるよりも早く、ビリー・ホリデイは「奇妙な果実」を歌った

 南部の木には奇妙な果実がなる

 血が葉を濡らし 根にしたたる

 黒い体が揺らいでいる

 ビリー・ホリデイが歌ったヒット曲「奇妙な果実」はそんな歌詞で始まる。木にぶら下がっている奇妙な果実とは、黒人の死体のことだ。米国南部で根強く残っていた黒人差別、黒人リンチを告発したメッセージソングだった。

 ビリー・ホリデイが「奇妙な果実」を歌い始めたのは1939年から。ニューヨークのブルックリンで高校教師をしていたエイベル・ミーアポルが、新聞に掲載されていた黒人リンチ事件に触発されてこの曲を生み出した。

 ミーアポルはロシアで迫害されて米国に渡ったユダヤ系の移民だった。社会から迫害された家に育ったミーアポルがペンネームを使って書いた曲は、幼い頃から辛酸を舐めてきた黒人ジャズシンガーのビリー・ホリデイが自分の血肉と一体化させて歌うことで、100万枚のセールスを記録する大ヒット曲となった。

 だが、「奇妙な果実」のヒットを好ましく思わない人たちもいた。共産主義と同じくらい「奇妙な果実」は社会不安を煽るものとして、米国政府はビリー・ホリデイに圧力をかけた。映画『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』は、ひとりの女性シンガーと国家との闘いを描いた実録ドラマとなっている。

 アカデミー賞脚色賞などを受賞した『プレシャス』(09)や公民権運動の歴史を大統領官邸側から描いた『大統領の執事の涙』(13)で知られるリー・ダニエルズ監督が、ベストセラーノンフィクション『麻薬と人間 100年の戦争』(作品社)の第一章「アメリカvs.ビリー・ホリデイ」をドラマ化。ビリー・ホリデイ役に抜擢されたのは、これが本格的な女優デビュー作となる歌手のアンドラ・デイだ。彼女がステージ上でフルコーラスを歌う「奇妙な果実」が本作のハイライトシーンとなっている。

123

黒人リンチを告発した闘う歌姫『ザ・ユナイテッド・ステイツvs.ビリー・ホリデイ』のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

後白河法皇よりも“くわせもの”だった丹後局

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

釈由美子、初めての海外映画『ロックダウン・ホテル』出演で怪演を魅せつける!

 コロナを予見したと話題のパンデミックホラー映画『ロックダウン・ホテル 死・霊・感・...
写真