日刊サイゾー トップ > エンタメ  > Siaの世界観、希代のミュージック・ムービー!

『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!

文=バフィー吉川(ばふぃー・よしかわ)

『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!の画像1
© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

 謎多き歌手Sia(シーア)が2007年に執筆した短編小説を元に自ら監督し、映画化した『ライフ・ウィズ・ミュージック』が、ついに日本公開決定! 2022年2月25日から劇場公開される。

 Siaは今作のために新曲12曲を用意し、先行して公開されたミュージック・ビデオ(MV)が話題となっていた。特に「1+1」のMVでは、バズカット(坊主)姿のケイト・ハドソンが全身タイツを着て挑んでおり、癖になりそうなビジュアルと世界観が堪能できる。

 もともと本作の主人公・ズーの役は、シャイア・ラブーフがキャスティングされていたが、スキャンダルで降板となったことから、ケイトが抜擢されたのだが、結果的にケイトでよかったように思える。

 本作の主人公・ズーは、Siaが過去にドラッグやアルコール依存症で苦しみ、自殺を考えた頃に、音楽や友人によって救われた実体験を投影したキャラクターだター。(それをアルコール依存症だったシャイアに演じさせようとしていたのも凄いことだが……)。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!の画像2
© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

 そして、ズーの妹・ミュージックは、彼女を絶望から救った、音楽のメタファーでもある。シーアにとって音楽は、妹のように大切な存在ということだ。

 そんなミュージックを演じているのは、シーアのMVにおいて、奇抜なダンスを披露していることでもおなじみ、現在公開中の映画『ウエスト・サイド・ストーリー』にも出演するマディ・ジーグラー。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!の画像3
© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.
『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!の画像4
© 2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

 マディはSiaにとって、自分を映す鏡のような存在として作品に起用してきた大切な役者だ。本作において、ズーがミュージックに導かれるように、人生に意味を見出していく姿は、まさにSiaがミュージシャンとして再起していく様を描いているようである。

【ストーリー】
アルコール依存症のリハビリテーションプログラムを受け、孤独に生きるズー(ケイト・ハドソン)は、祖母の急死により、長らく会っていなかった自閉症の妹・ミュージック(マディ・ジーグラー)と暮らすことに。頭の中ではいつも音楽が鳴り響く色とりどりの世界が広がっているが、周囲の変化に敏感なミュージックとの生活に戸惑い、途方に暮れるズー。そこへアパートの隣人・エボ(レスリー・オドム・Jr.)が現れ、優しく手を差し伸べる。次第に3人での穏やかな日々に居心地の良さを覚え始めたズーは、孤独や弱さと向き合い、自身も少しずつ変わろうとしていくが……。

※次のページからネタバレを含みます

12

『ライフ・ウィズ・ミュージック』Siaの奇抜な世界観、希代のミュージック・ムービー!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『六本木一丁目』再開発で変わる!

1.はじめに  東京メトロ南北線『六本木一...…
写真
インタビュー

TARO SOUL、生粋のブランニューソウル男

 TARO SOULは生粋の“ブランニュー”好きだ。これまで彼が「Brand New...
写真