日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰

元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰、社会から求められない復帰への期待

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

渡部さんはツッコミ側の芸人の希望の星だった

 ここからはアンジャッシュ渡部建という芸人について少し分析していこう。

 不倫をしてしまった芸人、二股をかけてしまった芸人というのは他にもいるが、渡部さんほど嫌われてはいない。なぜ渡部さんはここまで世間に嫌われてしまったのか。

 それは渡部建という芸人に対して強烈なイメージが無かったからだ。なので悪いイメージがついた場合、そのイメージしか残らない。それで渡部さんには悪いイメージがついてしまったのだ。

 ここで勘違いしないでほしいのは、イメージが無いというのは決して悪いことではない。

 僕からしてみたら渡部さんはツッコミ側の芸人の希望の星だった。

 ボケに対して正しいツッコミが出来て、場の空気が読めて、見た目も良くて、ガヤも出来、MCもそつなくこなせる。そんな芸人はライブシーンに山ほどいる。ある程度芸人としての力をつけて、たまにテレビに出られたとしてもその先どうやったら売れるかわらかず辞めていった芸人は多い。

 正直、渡部さんもそんな芸人の1人にすぎなかった。

 しかしある時期からお笑いとは関係のないグルメなどの知識を身に着け、それをテレビで披露し始めたのだ。今でも覚えているが最初の頃は「芸人のクセにお笑い以外の事やってどうするの?」と言われていた。しかし何と言われようとそれを続け、武器とし、いつしか「芸能界のグルメ王」と呼ばれるほどになり、芸能人としての地位を手に入れたのだ。

 渡部さんは芸人としての灰汁が無く、清潔感があり、吐く言葉には説得力があり、渡部さんが良いと言ったものは良いと感じる。そんな位置だったからこそ情報番組のMCも出来ていた。しかし強烈な灰汁がついてしまった今、復帰した後のポジションが難しい。

 今まで築き上げたものが崩れ落ちたとはまさにこのことで、今の渡部さんは清潔感が無く、吐く言葉には説得力がなくなり、良いと言ったものに不信感を抱く。芸能界に復帰するというのはそんな状況を乗り越えるか、覆すか、利用するしかない。並大抵の事ではないのだ。

 さらに言えば渡部さんを嫌う大半は女性であり、それが一番の問題ともいえる。

 何故なら時代を作るのはいつも女性だからだ。女性は好きなものにお金を落とす。これは金に糸目をつけないということではなく、働いたお金を貯めて好きなものへ使うのが上手いという事だ。お笑いに関していえばファンの方のほとんどが女性であることは間違いない。さらに好きになったら周りがどうであろうと追いかけてくれる。そして人気があろうがなかろうが自分が好きならば追い続けてくれるのだ。そして流行に敏感だ。何か良いと聞くと好き嫌いにかかわらずとりあえず調べてみたり、試してみるというフットワークが男性より軽い。そして良いものだとわかると人に広めてくれる。

 つまり男女問わず、エンタメ業界において女性ファンのいないタレントが成功を収める事は極めて難しく、ましてや嫌われるというのは致命傷なのだ。

1234

元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰、社会から求められない復帰への期待のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

17歳の自分に観てほしい

 担当編集者のHさんが「今発売中の雑誌『PO...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真