日刊サイゾー トップ > エンタメ > コラム  > 元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰

元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰、社会から求められない復帰への期待

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰、社会から求められない復帰への期待の画像1
アンジャッシュ・渡部建(写真/Getty Imagesより)

 今月の5日、不倫騒動で活動を自粛していた「アンジャッシュ」の渡部建さんが、約1年7カ月ぶりの活動再開を正式発表、人力舎のHPには渡部さんのコメントが載せられていた。

 要約すると「猛省する日々を過ごしている中、もう一度活動したいと思い、ゼロからまたやり直したいという考えに至った」とのこと。正直1年7カ月という日数は長いとも短いとも判断つけづらい長さなのだが、本人の立場になって考えてみると毎日反省し、テレビを見るたびに後悔していたら、とても長く感じただろう。

 復帰の第一弾は2月15日に放送されたアンジャッシュさんの冠番組『白黒アンジャッシュ』(千葉テレビ放送)だった。これは所属事務所の人力舎が同番組での復帰を望んでおり、それを千葉テレビが承諾したというものらしい。この番組はアンジャッシュがメインMCを務めるお笑いトークバラエティ番組である。この番組を復帰の第一弾にしたのはどういう意図があるのだろうか。

 その辺りも踏まえて、今回は渡部さんの復帰について、元芸人として思うことを書かせて頂く。

 渡部さんの復帰に関してはこれが初めてのニュースではない。2020年の年末『ガキの使いやあらへんで!』(日本テレビ)の大晦日特番で復帰するのではないかと一部で報じられたが、計画が流出し世間からバッシングの声が上がったのでお蔵入りになったと報道された。

 このガキの使いでの復帰と白黒アンジャッシュでの復帰はかなり違う。もちろん番組の大きさも違うが、いちばん違うのは大勢の芸人がいる場所で復帰するのか、2人がメインのトーク番組で復帰するのかという点だ。

 大勢の芸人がいる場所であれば、渡部さんが反省し、面白い事を言わないとしても、必ずその場にいる芸人の誰かが笑いを取ろうとするはずだ。そして渡部さんに対して批判めいた強めのツッコミを入れる事で、不倫騒動すら笑いに変換し、ウェルカムとまではいかないが、いじられるキャラとしての復帰が出来たのではないかと想像できる。

 しかし白黒アンジャッシュの場合、どう復帰するのか想像がしづらい。

 ゲストがいるのかいないのか、企画があるのかないのか、それによってだいぶ変わってくる。トークメインの構成だと、ただ反省しているだけの番組になりそうで想像するだけでも寒気がする。児島さんがふざけても痛々しく見えるし、渡部さんが笑いをとったとしても笑えない空気になりそうだ。

 ではゲストがいた場合はどうだろうか?

 この番組は人力舎が制作で入っているという事もあり、ゲストに人力舎の芸人が出るのが有力だ。しかしアンジャッシュは、人力舎の中では先輩の方にいる。後輩がひと組出てきて渡部さんをいじったとしても微妙な空気になる。となるとアンタッチャブルさんやおぎやはぎさん、東京03さん、ドランクドラゴンさんなど複数の後輩が出てきて、人力舎芸人総攻撃なら何とかなるかもしれない。

 今なら竹内ズが出来て解散の話をしても面白そうだ。とにかくゲストを呼ぶなら複数か他事務所の先輩芸人というのがベターだ。

 もうひとつ考えられるのは「反省してます系企画」だ。「何をされても怒らない」とか「いろんな所へ謝罪して回る」など。これだと企画力の勝負になるので、アンジャッシュさんへの負担はかなり軽減されるだろう。どちらにせよ自分たちの番組での復帰はプレッシャーにはなると思う。どうせプレッシャーを感じるなら、やはりアンジャッシュさん2人でトークして欲しい。最初は反省モードになるだろうが、最後には笑い起こすという、お笑い芸人のカッコよさが見てみたい。

1234

元芸人が見たアンジャッシュ渡部の復帰、社会から求められない復帰への期待のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が乃木坂46から迷作映画まで斬る!

庄村聡泰(ex-[Alexandros])が、乃木坂46から迷作映画までさまざまなカルチャーを語る不定期連載
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

大混乱のアメリカが「進むべきとき」

 アメリカの連邦最高裁判所が24日、女性の人...…
写真
インタビュー

コロナ禍をサバイブするミニシアターの現状

 いま、ミニシアターが揺れている。ミニシ...…
写真