日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > とんねるず石橋“破天荒”でなければの理由

とんねるず石橋が“破天荒”でいなければならなかった理由とずっと変わらぬ味

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

とんねるず石橋が破天荒でいなければならなかった理由とずっと変わらぬ味の画像1
とんねるず・石橋貴明(写真/Getty Imagesより)

 とんねるず・石橋貴明ときいて皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

 若い世代の人たちはまず最初に登録者166万人を誇るYoutubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を思い浮かべるだろうか。

 もう少し古い世代となるとさまざまなテレビ番組が浮かぶはずだ。とんねるずさんの代表的な番組で”保毛尾田保毛男”や”仮面ノリダー”などの人気キャラクターを生みだした『とんねるずのみなさんのおかげです』、その後継番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』や番組から派生し数々の若手芸人をスターにした『ザ・細かすぎて伝わらないモノマネ』(すべてフジテレビ系)。そして今でも続いている特番の『スポーツ王は俺だ!』(テレビ朝日系)、さらにTBSで中居正広さんとやっていた歌番組『うたばん』。僕より上の世代だと『ねるとん紅鯨団』(フジテレビ系)も入ってくるだろう。

 しかもとんねるずさんの場合、バラエティだけに留まらず、第22回日本歌謡大賞の大賞に輝いた「情けねぇ」を筆頭に、数々の曲をヒットさせ「野猿」や「矢島美容室」などの人気ユニットを立ち上げるなど、音楽シーンでの活躍を思い浮かべる人も少なくないはずだ。

 そんな様々な活動をしてきた貴さんだが、僕たちおじさん世代にとって必ず思い浮かべるものがある。それは森永製菓「おっとっと」のCMだ。

 僕が子供の頃、「おっとっと」のCMは毎日のようにテレビから流れ、「おっとととーのおっとっと」というフレーズは子供たちの脳みそを鷲掴みにし、小学校のひょうきん者は必ずと言っていいほどモノマネをしていた。そんな誰もが当たり前に見ていたCMは気が付くといつの間にかテレビから姿を消した。

 だが、なんとこの度、森永製菓「おっとっと」シリーズ発売40周年記念WEB動画として、貴さんが26年ぶりにCMに出演したのだ。「おっとっと40周年ヒストリーwith石橋貴明」と題して、公式Youtubeチャンネルおよび公式ホームページの「CMギャラリー」にて公開された。

 内容は記念すべき初CMとなった1982年から14年間の歴代CMキャラクター達と現在の貴さんが共演するというもの。それにプラスしてメイキングやインタビューまで入っていて、見どころ満載な仕上がりとなっている。

 今回はそんな石橋貴明さんを元芸人として軽掘りしていく。

 僕が、どことなく芸人は破天荒でスリリングなものだというイメージがあるのは紛れもなく、貴さんの影響だ。今現在の貴さんしか知らない人はもしかしたらそのイメージは湧かないかもしれないが、数々の破天荒な伝説がある。

 まずはカメラ転倒事件だ。昔フジテレビでやっていた『オールナイトフジ』という深夜番組で、とんねるずさんの楽曲「一気!」を歌っている最中に貴さんが、1台1500万円もするカメラを揺さぶり転倒させるといったエピソード。

 小学生だった僕は寝る時間が決められていた為、直接見ることは出来なかったが、中学生くらいの時にテレビでこのVTRを見て、現場の空気や、出演者の血の気の引く顔がとても衝撃的で忘れられない映像となっている。

 そしてもうひとつ貴さんといえばTBSでやっていた歌番組『ザ・ベストテン』でのエピソードだ。

 登場する際にお神輿に乗って登場する予定が、お客さんが殺到してしまい衣装を引っ張るなどの邪魔をされ貴さんだけお神輿に乗れず、さらにもみくちゃにされた結果、怒った貴さんがお客さんに殴りかかった。そしてなんとかステージまで辿り着いたが怒りがおさまらず、ステージ上でお客さんに対して「ふざけんじゃねーぞ!コノヤロー!」と怒号を浴びせたのだ。

 収録ではなく生放送だったのでカットされることもなく一部始終放送され、子供ながらにタレントが一般の人に殴りかかるという出来事は凄まじいインパクトで、しかも大人が怒りで喚き散らす様は見たこともない異世界であった。これが僕がいまだに芸人に対して持っている破天荒なイメージの原因である。

 ただ貴さんのこういった破天荒な行動は、したくてしていたのではなく、そうしなければならない理由があったのではと思った話がある。

12

とんねるず石橋が“破天荒”でいなければならなかった理由とずっと変わらぬ味のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

ジャニタレ春ドラマ、主演、準主演で20本以上!

 各局、豪華キャストを揃えたものの、苦戦が報...…
写真
インタビュー

桃月なしこ、念願のチアコスに真っ青な唇…ハードな撮影を振り返る

   梅雨も明けて、夏も本番。うだるような暑さに涼を得たいなら、やっぱりホラー映画...
写真