日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』  > ガーシー、新田真剣佑からの反撃で大ダメージか
本多圭の『芸能界・古今・裏・レポート』

ガーシー、新田真剣佑からの反撃で大ダメージか…次々に発覚する金銭トラブル

文=本多圭(ほんだ・けい)

ガーシー、新田真剣佑からの反撃で大ダメージか…次々に発覚する金銭トラブルの画像1
暴露系YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch(芸能界の裏側)』より

 2月に開設されて以降、芸能人のスキャンダルを相次いで暴露し、芸能界を震撼させている暴露系YouTubeチャンネル『東谷義和のガーシーch(芸能界の裏側)』。そのターゲットの1人となった若手人気俳優・新田真剣佑が「女性セブン」(小学館)で反撃を開始し、芸能関係者から水面下で拍手喝采を送られている。

「今年2月17日、アパレル会社元社長の東谷義和氏が、“それまで親しかった芸能人らに距離を置かれた”として、『東谷義和のガーシーch(芸能界の裏側)』を開設しましたが、その暴露が事実かどうかに関係なく、ターゲットにされた芸能人にはダメージが大きかった。芸能関係者が対応に頭を悩ませているときに、真剣佑がガーシーの“借り逃げ“を告発したのです」(芸能ライター)

 かつて多くの有名タレントと交流してきたというガーシーは、私憤と金儲けのためにYouTubeを開設すると、手始めに、多目的トイレ不倫から1年8カ月ぶりに復帰したお笑いコンビ『アンジャッシュ』の渡部建に関して、自分がかつて不倫相手を紹介したと暴露。その後も、俳優・綾野剛の酒癖・女癖の悪さや、ジャニタレのスキャンダルを暴露すると、たちまち注目を集めるようになり、今や“ガーシー”の名前は、筆者の中学2年生と高校1年生の孫まで知る存在になっている。

「ガーシーの手口は、渡部の件で自ら暴露している通り、女衒まがいの行為で芸能人と親しくなるんです。2年前の5月には、俳優の山田孝之と新田真剣佑が緊急事態宣言下にもかかわらず沖縄を旅行していたことが発覚して世間から批判を浴びましたが、この旅行をセットしたうえ、さらにその情報をマスコミにリークしたのもガーシーだと言われています。そのため、過去にガーシーと付き合いがあって、脛に傷を持つタレントを抱える事務所は頭を抱えていました。ガーシーを“詐欺師“呼ばわりした人気ユーチューバー・ヒカルの反撃に期待していたのですが、彼自身がガーシーからやらせを暴露されて沈黙してしまった」(スポーツ紙記者)

 ガーシーがYouTubeを立ち上げたのは、チャンネル登録数470万人を誇る人気ユーチューバーのヒカルから実名で“詐欺師“呼ばわりされたことがきっかけと言われている。

「昨年12月、ヒカルは、東谷から“ヒカルをキャスティングできる”と企業のPR動画制作を売り込まれて132万円を振り込んだものの、動画撮影も返金もされないと訴える被害者に会ったとして、自分にはそのような出演依頼はなかったと告発。そのうえで、『東谷義和さんっていう方が詐欺師です』『早く、逮捕して』と呼びかける動画を公開しました。すると、東谷は、“詐欺師”呼ばわりされたことですべてを失った、と激怒。ヒカルのやらせ動画を暴露したのです」(前同)

 ガーシーは、ヒカルだけでなく、これまで交流があったにもかかわらず、ヒカルの告発以降、音信不通になった有名人に対して、「散々お世話してきて手のひらを返した」「おれ、失うものないから。全部しゃべるから」として、数々の有名人のスキャンダルを暴露。登録者数を増やしてきた。

 その後、4月10日には、登録者数100万人突破記念として、真剣佑の“裏の顔”を立て続けに告発。徹底交戦の構えを見せていた。

「真剣佑のことを『極悪非道』として、彼のステマ疑惑から、脱税、不倫、レイプや反社会的勢力との交際……といったダーティーな疑惑ばかりを次々と告発したんです。いずれも真偽は不明ですが、ただ、反社に関しては、亡くなった父親の千葉真一さんも、反社から金を借りるほど親しく付き合っていましたし、金銭トラブルには事欠きませんでした。実際、真剣佑にも反社との付き合いがあるかはわかりませんが、今は昔と違ってコンプライアンスが厳しく、たとえガセネタでもイメージは悪い。ましてや真剣佑は、今年6月に2本の主演映画の公開が迫っているんです」(映画関係者)

 これまで、ガーシーに晒し者にされた芸能人は、沈黙するか、泣き寝入りするかしかなかった。

 ところが、ここにきて、真剣佑は『女性セブン』で反撃に転じたのだ。

「真剣佑は、2017年頃から、ガーシーに仕事を斡旋してもらったりするうちに、友人付き合いをするようになったそうで、“事業がうまく行けば、増やして返す“という彼の言葉を信じ、6000万円を貸したそうです。その証拠として借用書を公開しましたが、そこに記載された返済期限は昨年10月31日。ところが、1円も返していない“借り逃げ”状態だというんです。真剣佑のこの反撃は、ガーシーの致命傷になりかねないでしょう」(夕刊紙記者)

 ガーシーには、ヒカルに告発された詐欺まがいの行為のほかにも、複数の女性に「自社ブランドとのコラボで、BTSに会わせてあげる」ともちかけては、旅費やホテル代を振り込ませた“前科”がある。

「真剣佑だけでなく、他の芸能人にも“一緒に会社を作ろう”と金を出資させておいて、返さない。あちこちで詐欺まがいの借金をしているようで、しかも、借りた金はギャンブルで使い果たしているようです。真剣佑の反撃でガーシーの素顔が明らかになれば、登録者数は激減しますよ」(前出の芸能プロモーター)

 ガーシーの動画には、正義も大義名分も、ましてやジャーナリズムの欠片もない。野放しにされていること自体が異常といえるが、これ以上、子供たちの芸能界への夢を壊させないためにも、1日も早く消滅することを期待したい。

(文=本多 圭)

本多圭(ほんだ・けい)

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴40年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。主な著書に『 スキャンダルにまみれた芸能界のトンデモない奴ら』など。

サイト:記事一覧

最終更新:2022/05/01 09:47

ガーシー、新田真剣佑からの反撃で大ダメージか…次々に発覚する金銭トラブルのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『六本木一丁目』再開発で変わる!

1.はじめに  東京メトロ南北線『六本木一...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真