日刊サイゾー トップ > エンタメ > スポーツ  > 井上尚弥と巨額ファイトマネー

井上尚弥 VS ドネア戦でやっぱり気になるボクシングの巨額ファイトマネー事情

 2022年6月7日、さいたまスーパーアリーナにて、プロボクシングのWBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・井上尚弥と、WBC世界同級王者のノニト・ドネアの3団体統一戦が行われる(Amazonプライム・ビデオで18時30分から独占生配信。ちなみに、井上 VS ドネア戦は21時前後を予定)。ボクシングファンはもちろん、そうではない人でも、アマプラに入っているなら観て損はしない一戦だろう。

 オッズや下馬評はさておき、やはり気になるのが巨額のファイトマネーだ。井上は今回のドネア戦で、自身最高の2億円ものファイトマネーを手にするとの報道もある。ちなみに、今年4月に行われた前WBA世界ミドル級スーパー王者の村田諒太 VS 現WBA・IBF統一ミドル級王者のゲンナジー・ゴロフキン戦は、ファイトマネー(推定)は村田が5億、GGGは15億というのだから、思わずため息が漏れ出てしまう。

 しかし、海外にはそれこそ“ケタ違い”のファイトマネーを得るボクサーもいるようだ。そんなボクシングのマネー事情をご紹介する。

(※本記事は、2019年11月12日掲載の記事を一部編集したものです。)
==========================================

井上尚弥 VS ドネア戦でやっぱり気になるボクシングの巨額ファイトマネー事情の画像1
井上尚弥オフィシャルサイトより

 7日に行われたWBSS(ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ)バンタム級トーナメント決勝で、主要2団体王者の井上尚弥が、WBA世界スーパー王者のノニト・ドネアを3-0の判定で下して優勝。名声とともに、莫大な富を手にする可能性が生まれてきた。

 高校時代から将来を嘱望され、無敗で3階級王者にたどり着いた井上にとっては、WBSSも通過点だった。決勝の相手は、彼の上を行く5階級制覇の難敵だったが、中盤以降は危なげない試合を展開し、11回に奪ったダウンは、レフェリーがテンカウントを数える“幻のKO勝ち”。試合後には、ボクシング史上に残るビッグマッチを手掛けてきた米興行界の最大手のトップランク社とも契約が決まり、少なくとも今後2試合はアメリカで行う予定だ。週刊誌のスポーツ担当記者がいう。

「日本では“稼げるスポーツ”という印象が薄いボクシングですが、海外のトップクラスの選手が得るファイトマネーは天文学レベルです。日本人が絡むタイトルマッチの最高記録は、1994年に行われた辰吉丈一郎対薬師寺保栄の日本人対決で、両者のファイトマネーは1億円以上でしたが、海外の最高記録はその2ケタ上。2015年のパッキャオ対メイウェザー戦では、パッキャオは180億円、メイウェザーは280億円を稼いだと見られています。ここまでの大金を得られたのは、PPV(ペイ・パー・ビュー)(※)が発達しているからで、同戦では1万円以上するペイパービューの購入者数が500万件近くに達したため、2人はそのような大金を得ました」(スポーツ担当記者)

(※)PPV(ペイ・パー・ビュー)=有料のテレビコンテンツを課金して観る方法。2022年5月31日、フジテレビは地上波で予定していた那須川天心と武尊の格闘技イベント「THE MATCH 2022」の放送を中止することを発表。これにより、日本国内でもPPV文化浸透の必要性が話題になったばかりだ。

 WBSS決勝の井上のファイトマネーは1億円前後と見られているが、試合後に海外の関係者からは「8ケタ(1000万ドル≒10億円)の価値がある」との発言も登場。ボクシングに詳しいスポーツライターはいう。

「ボクシングの本場のアメリカではかつて、軽量級は見向きもされず、ビッグマッチの前座扱いでした。それを変えたのがフィリピン出身のパッキャオです。軽量級出身の彼が快進撃を続けることで、フィリピン系住民が熱狂し、境遇が近い中南米系住民を巻き込んで大ブームになりました。フィリピンや中南米には軽量級の良い選手が多くいますが、フィリピン系や中南米系住民は熱狂的なボクシングファンが多いので、興行界は『軽量級も金になる』と、注目し始めており、井上の渡米は絶好のタイミングです。アメリカでは型破りなボクサーの方がウケる傾向があるので、玄人好みの井上は最初苦労するかもしれませんが、本場の実力者を倒していけば、10億円単位のビッグマッチも夢ではないでしょう」(スポーツライター)

 親子鷹として知られる井上だが、こぶし1つで大金を稼ぐのがいよいよ現実的になってきたようだ。

最終更新:2022/06/08 16:19
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

ビートたけしと文春とのビミョーな関係

「ダウンタウン」松本人志が、飲み会で一般女性...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真