日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > 東京、これから買える街  > 五反田「危険な歓楽街」が再開発で変貌中
不動産価格の高騰、ついに潮目がきた!不幸にならない再開発の街購入(五反田編)

「五反田」一人暮らしでも住みたくない、危ない歓楽街のイメージの街で100年に一度の再開発

文=相樂 喜一郎(さがら・きいちろう)

はじめに

「五反田」一人暮らしでも住みたくない、危ない歓楽街のイメージの街で100年に一度の再開発の画像1
「五反田計画」の開発現場

 高級住宅地やラブホテル等の歓楽街が有名な五反田ですが、現在、東京都品川区の北部に位置する駅周辺で、日本郵政による「五反田計画」やTOCビルの建て替え計画である「新TOCビル計画」など、大規模な再開発がいくつも進行中です。

●1-1.ふたつの顔にプラスされ3つの顔を持つ「五反田」

 さらに、駅前の商業施設がより日常使いできる施設へとリニューアルされ利便性がアップし、近頃の五反田は目覚ましい変化を遂げています。

 しかし、多くの人の印象は「歓楽街」と「高級住宅地」、どちらが本当の「五反田」かわからない人も多いと思います

 私も久しぶりに行ってみて、その変わりように驚きました。

 近年、2つの顔にもう1つ「スタートアップ企業の集積地」としての顔も加わり、大きく様変わりしているのです。

●1-2.「住みたい街ランキング」は130位、「住みたくない街ランキング」では15位?

 リクルートSUUMOが毎年発表する「住みたい街ランキング2021」を確認してみると安定の130位でした……。

 また、他のランキングサイトを確認してみると、「住みたくない街」の15位にランクインしていました。

 まだまだ、これから伸びる街、五反田です。

●1-3.先端ビジネスの場に教育の場、古くからの名店など新旧併せ持つ五反田の今を紹介

「五反田」一人暮らしでも住みたくない、危ない歓楽街のイメージの街で100年に一度の再開発の画像2
建て直しが予定されている「TOCビル」

 2020年2月に放送された地域密着系都市型エンターテイメント番組『出没!アド街ック天国』(テレビ東京系)では、五反田が取り上げられました。

 スタートアップ企業やIT系ベンチャー企業が五反田・大崎エリアに集結している「五反田バレー」が1位として紹介され、2位はこれから建て替え計画がある「TOCビル」でした。

 この記事では、複数の再開発が進む五反田駅周辺を実際に歩いて、周辺の利便性や将来性、街の特徴について可能な限り詳しく解説していきます。

 マンション等、駅周辺の不動産購入を検討している方は最後まで読み、参考にしてみてください。

1234567

「五反田」一人暮らしでも住みたくない、危ない歓楽街のイメージの街で100年に一度の再開発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

片寄涼太純度100%!

――サイゾーでは過去に小林直己さん(EXILE/三代目 J SOUL BROTHER...
写真