日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『六本木クラス』見逃し配信好調
TVerドラマ人気ランキング

『六本木クラス』が首位、『テッパチ!』も好調…TVerドラマ人気ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

『六本木クラス』が首位、『テッパチ!』も好調…TVerドラマ人気ランキングの画像1
TELASA配信ページより

 在京民放キー局5社を中心として2015年10月に始まったTVer。参加局、取り扱う番組も増え、昨年10月には月間動画再生数が初めて2億回を超えるなど、もはや定番のサービスとなった。今や「見逃し配信」は当たり前となったが、やはりTVerではドラマが圧倒的に見られており、ドラマの見逃し配信需要がこのサービスを牽引していると言えるだろう。

 しかしTVerにおける再生回数は基本的に非公表で、期ごとの番組再生数ランキングなどで一部が明らかになるか、あるいは新記録を打ち立てた時などに番組側が発表する程度。そのため、視聴率をもって番組が語られてしまう状況が長らく続いている。

 そこで、TVerの総合ランキングを定点観測することで、視聴率とは違ったドラマ人気をある程度は可視化できるのではないか、と考えたのが本企画だ。総合ランキングでの順位に対しポイントを付け、合計した結果から日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」をご用意した。今週は7月9日(土)~7月15日(金)までを観測した結果(1日2回、決まった時間に観測)をお伝えする。

勢いある『六本木クラス』 深夜帯では『オクトー』も注目

 今回の結果は以下のとおり。今回もトップ10とした。

『六本木クラス』が首位、『テッパチ!』も好調…TVerドラマ人気ランキングの画像2

 まだすべてが出揃ったわけではないが、7月期ドラマもスタートした作品が増え、ようやくランキングも一新。集計途中から始まったドラマも多い上に、『オールドルーキー』は参院選のため放送を休止したこともあり、ランキング順位にまだあまり意味がないのは変わらずだが、少しずつ今期夏ドラマの傾向も見えてきた。

 今回のトップ10のうち、7日間すべて計測されるフルスコアだったのは『六本木クラス』『テッパチ!』『ユニコーンに乗って』『オクトー ~感情捜査官 心野朱梨~』『彼女、お借りします』の5作。

 その中でトップに躍り出たのが、竹内涼真主演『六本木クラス』。やはり『梨泰院クラス』のリメイクという話題性が大きかったのだろうか。オリジナル版ドラマを制作したJTBC Studios(現・Studio LuluLala)、原作ウェブ漫画の版元であるカカオエンターテインメント、カカオ傘下の制作会社Kross Picturesが関わる日韓共同プロジェクトであるがゆえの縛りなのか、『梨泰院クラス』にかなり忠実に寄せようとしている部分が賛否を呼んでいるが、賛か否か、どちらが支持されているかは第2話以降で明らかになっていくだろう。

 2位は町田啓太主演の『テッパチ!』。初回の世帯平均視聴率7.6%と同枠ではなかなかの滑り出しだったが、第2話では5.6%に急落と、視聴率ではやはり厳しい戦いを見せているものの、TVerでは新しい話の放送直後は総合ランキングで1位を獲り、その後も3日連続で2位をキープするなど支持されているようだ。“サービスシーン”ということなのか、シャワーシーンなど上裸で筋肉を見せつける場面が2話連続で盛り込まれ(恒例となるのだろうか)、その是非も問われているが、リビングで観るのは気まずく、TVerでひとり観るという層も少なくないのかもしれない。

 3位の永野芽郁主演『ユニコーンに乗って』も、放送直後は総合ランキングで1位を獲り、上位を維持するなどTVerでは好調。韓国ドラマ『スタートアップ:夢の扉』に設定が似ているが、やはり韓ドラを意識していることを隠しておらず、第2話では韓国語由来の「ファイティン」なるセリフまで飛び出した。ITとまったく無縁のおじさんが若者中心の会社に入社したという設定は、ローカルワークス社にアラ還の元大工が入社したという実話がモチーフだろうか。ドラマとはいえ、第2話では、西島秀俊演じる48歳の新入社員をサポートするどころか、当たり散らしていたあたりにはさすがにイライラさせられたが、最後にはうまく会社になじんだようだ。永野芽郁ら若手キャストたちよりも、西島演じるおじさん社員の癒やしドラマとして観たほうがいいかもしれない。個人的にはParavi限定のオーディオコメンタリー番組でマイペースな発言を続ける西島秀俊がとてもおもしろかった。

 興味深いのが、4位につけた『オクトー』。飯豊まりえ主演の異能刑事モノで、『SPEC~警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿~』(TBS系)を思い出したという声もあるが、確かに、空気の読めない主人公と、それに突っかかる刑事のバディ、主人公が特殊能力で推理する時の演出などはどこか彷彿とさせるものがある。作品全体のノリやストーリーの方向性は今のところまったく違うが、オリジナル脚本なのでどう転ぶかわからないあたりもそそられる部分かもしれない。総合ランキングでは1位こそ取らなかったが【*】、上位に長く居続けており、深夜ドラマでは注目の作品となりそうだ。なお、朝ドラ視聴者には、飯豊まりえ演じる主人公の上司役を山中崇が務めるという、『ちむどんどん』さながらの関係性が偶然?あることも付記したい。

※……これは確認するタイミングによると思われるため、「実際に総合1位を取っていない」ことを確認することは難しく、正確性を保証するものではないことをご了承いただきたい

 深夜帯で気になったところでいうと、ジャニーズWEST・重岡大毅主演の『雪女と蟹を食う』。ジャニーズ主演モノは基本的に瞬間風速的にでも総合ランキングでトップ3(時に1位)を取ったりするもので、今期でもSexy Zone・佐藤勝利主演の『赤いナースコール』も、なにわ男子・大西流星主演の『彼女、お借りします』も、配信翌日には総合2位まで上昇していたが、『雪女と蟹を食う』についてはどうにも動きが鈍く、今回観測した範囲では最高5位だった。

 同作は映画『ミッドナイトスワン』の内田英治監督が演出に参加していることもあり、ドラマファンからは注目されている作品なのだが……。第1話冒頭、主人公が涙ながらに自死しようとして最終的にためらってしまう場面は、「俳優」重岡大毅のリアルな演技が見事としか言いようがなかったが、一方でおよそ2分にも及ぶこのシーンはリアル過ぎるあまり、観ていて非常に辛い場面でもあった。この“重苦しさ”が見逃し配信視聴に影響を及ぼしたかもしれない。あるいは“濡れ場が多い”という情報が事前に伝わっていたため、重岡ファンが敬遠したか。いずれにせよ、気になる動向である。

 次回からは、初回視聴率では今期民放ドラマいちの発進となった『競争の番人』も7日間すべて計測される週となるため、本格的に夏ドラマ合戦が始まることになる。来週、この人気ランキングで首位を制するのは『六本木クラス』か、『競争の番人』か、それとも『オールドルーキー』か。早くも楽しみだ。

〈前回のランキングはこちら〉

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

新城優征(しんじょう・ゆうせい)

ドラマ・映画好きの男性ライター。俳優インタビュー、Netflix配信の海外ドラマの取材経験などもあり。

最終更新:2022/07/16 21:00

『六本木クラス』が首位、『テッパチ!』も好調…TVerドラマ人気ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真