日刊サイゾー トップ > 社会  > コメントを軒並み断った沢木耕太郎

安倍晋三元首相銃撃事件へのコメントを軒並み断った沢木耕太郎

文=黒崎さとし(くろさき・さとし)

安倍晋三元首相銃撃事件へのコメントを軒並み断った沢木耕太郎の画像1
安倍晋三元首相

 安倍晋三元首相の銃撃事件を受け、多くの編集者がインタビュー依頼をしたのに、軒並み断った作家がいる。

 ノンフィクション作家・沢木耕太郎(74)である。

 沢木氏といえば、ベストセラー『深夜特急』(新潮文庫)がバックパッカーのバイブルと呼ばれ、『一瞬の夏』『人の砂漠』(ともに同)といった作品群は、今なお読み継がれている。そして、作家として揺るぎない地位を築いたのが、大宅ノンフィクション賞受賞作の『テロルの決算』(文藝春秋)だった。

 1978年刊行の同著が題材にとったのが、1960年10月に起きた社会党委員長浅沼稲次郎の暗殺事件。日比谷公会堂の討論会という大衆の面前で、17歳の右翼少年・山口二矢が、演説中の浅沼を短刀で刺し殺した。この二人が交錯するに至るまでを、緻密な取材によって描いた作品だ。

「安倍氏の事件を聞き、多くのライター、編集者はこの作品を思い浮かべたはず。衆人環視の中で、大物政治家が殺されるという点で酷似している。各雑誌は、沢木さんに寄稿してもらおうと、旧知の編集者を通じて依頼をかけましたが、ナシのつぶて。沢木さんはホイホイとインタビューに応じない事で知られるので、沢木さんらしい……。『テロルの決算』は事件後、20年近くたってから作品にしているので、まだ話す時期ではないという理由のようです」(週刊誌デスク)

 事件後、とりわけ安倍派の面々は喪に服しているが、そこは政治家。跡目争いが熾烈を極めている。

「派閥事務総長の西村康稔・前経済再生相が、安倍氏が運ばれた病院にいち早くかけつけたり、弔問客の相手をするなど、派手に動きすぎ、周囲に白い目で見られています。総理の座を狙う下村博文・会長代理は、『下村派』にしたいでしょうが、人望がないためそれも難しい。安倍氏が買っていた萩生田光一・経済産業相を、閥務から外す動きもあるなど、派閥分裂も時間の問題と見られています」(政治部デスク)

 では浅沼の事件後、政治状況はどうなったのか。

 浅沼の死後、実権を握ったのは、構造改革派の江田三郎書記長。だが党内左派からの攻撃で委員長になることは叶わず、1977年には党を追われてしまう。

 沢木氏は同著の序章で≪浅沼の死は、平和と幸福を告げる「暁の鐘」であるより、社会党というひとつの政党の「弔鐘」そのものではなかったか≫と記した。そして実際、日本社会党は1996年に解散、後を継いだ社会民主党は、国会議員数わずか2人という風前の灯火となっているのだ。

 浅沼の事件から半世紀以上たって起きた安倍氏の死は、自民党の崩壊を暗示しているのかもしれない。

黒崎さとし(くろさき・さとし)

黒崎さとし(くろさき・さとし)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。

最終更新:2022/07/25 18:03

安倍晋三元首相銃撃事件へのコメントを軒並み断った沢木耕太郎のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

朝ドラ離れ加速!?『ちむどんどん』レビュー

NHKの朝ドラとしては珍しく賛否の否がうずまく『ちむどんどん』をなんとか楽しむレビュー!
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

北条家の残忍さが発揮される比企能員の乱

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

エルフ荒川「吉本芸人はみんなギャル」

新型コロナに戦争、円安、物価高騰──暗い話題が多...…
写真