日刊サイゾー トップ > 芸能  > LiSA&鈴木達央、極秘挙式スクープの背景

LiSA&鈴木達央が離婚危機から一転、「極秘挙式」がスクープされた背景

文=手山足実(てやま・あしみ)

LiSA&鈴木達央が離婚危機から一転、「極秘挙式」が週刊誌にスクープされた背景の画像1
LiSA

 歌手のLiSAと声優の鈴木達央が7月上旬に愛知県内のレストランで極秘結婚式を挙げていたと、7月26日発売の「週刊女性」(主婦と生活社)が報じた。

 記事によると、列席者は両家の親族のみだったというが、15万円のフラワーモニュメントを展示したり、LiSAが美空ひばりの「愛燦燦」を熱唱したりなど、幸せあふれる結婚式だったという。

「正直、別居説、離婚説も流れていた2人だったので、ここにきて挙式をするのは意外といえば意外でした」(音楽業界関係者)

 2020年1月に結婚したLiSAと鈴木。しかし、2021年7月に『文春オンライン』で鈴木の不倫が報じられ、さらにその鈴木の自殺未遂騒動もあった。鈴木はこの騒動後に活動休止を発表し、LiSAも一部コンサートを中止。その後も現在に至るまで、鈴木の活動休止は継続しており、2009年より活動していた音楽ユニットOLDCODEXは2022年5月31日に解散を発表している。

「鈴木さんは不倫報道でキャリアに大きな傷がついてしまった。と同時に、妻のLiSAさんの活動にも影を落としてしまったのも事実です。鈴木さんが、これまでのような大人気声優にカムバックするのはそう簡単なことではなく、その事実がLiSAさんにも重くのしかかってくるような状況ではあります。正直、LiSAさんの関係者にしてみれば、鈴木さんと離婚して、私生活をリフレッシュしてもいいと思った人もいたのでは」(同)

 そういった難しい状況があるにもかかわらず、このタイミングで結婚式を挙げたLiSAと鈴木。今後の2人にどういった影響があるのだろうか。

「幸せそうであったようで、鈴木さんの反省している様子とともに、鈴木さんを許したLiSAさんの懐の深さもアピールできました。2人のイメージアップにつながったとは言えるかもしれません。
 LiSAさんも、“夫に不倫されて離婚した女性”というイメージがつくよりは、“許した女”のほうが評価も得やすいかもしれない。鈴木さんは、結婚生活を継続できたことで、どうにか首の皮一枚つながった状態という格好でしょうか」(声優業界関係者)

 また、週刊誌のスクープという形で挙式の事実が表面化したことも、効果的だったという。

「親族しか呼んでいない結婚式なので、本当であれば報じられるはずはなかったのでしょうが、これが週刊誌によって世に出たことで、“自分たちからアピールしたわけではない、あくまでも慎ましやかに行っていた”という雰囲気を醸し出せたわけです。ただ、よくある話で、“スクープしてもらう”ように周囲が根回しをすることもめずらしくはない。LiSAさんと鈴木さんの件はどうかわかりませんが、もしそうだとしたらなかなかの策士ですね」(同)

 どういった形になるかは不明だが、鈴木達央の活動再開も近いはず。

手山足実(てやま・あしみ)

手山足実(てやま・あしみ)

出版業界歴20年超のベテランジャーナリスト。新聞、週刊誌、カルチャー誌、ギャンブル誌、ファンクラブ会報、企業パンフレット、オウンドメディア、広告など、あらゆる媒体に執筆。趣味はペットの動画を見ること、有名人の出没スポットパトロール。

最終更新:2022/07/28 07:00

LiSA&鈴木達央が離婚危機から一転、「極秘挙式」がスクープされた背景のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは大きく違う史実の全成

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真