日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 『ラピュタ』ノベライズ版に込めた皮肉

『天空の城ラピュタ』宮崎駿がノベライズ版で示した“権力者の隠蔽体質”

宮崎駿の目論見がまんまとあたった一作

『天空の城ラピュタ』ノベライズ版に示された権力者のよる隠蔽体質への皮肉の画像3
スタジオジブリ『天空の城ラピュタ』

 頭から最後まで完璧に仕上がった隙の一つも見つけられない作品でいつ見ても興奮、感動させられる。約40年前の作品でありながら古臭さがまったくないのは、王道の冒険活劇はどの世代の人間の鑑賞にも耐えうる作品になると考えた宮崎駿の慧眼によるものだろう。

 筆者がラピュタを初めて見たのは中学時代、学校の野外学習で近所の市民ホールに生徒が集められた上映会であった。普段はアニメなんて馬鹿にしている教師たちも、中央児童福祉審議会特別推薦作品なら良いと思ったのだろう。

『天空の城ラピュタ』ノベライズ版に示された権力者のよる隠蔽体質への皮肉の画像4
スタジオジブリ『天空の城ラピュタ』

 当時の筆者は中学生にしてひねくれ者だったので、前述した高年齢向けアニメを好んでおり、宮崎駿の子供向け活劇路線を批判的に見ていた(思春期だったってこともあるけど、イヤな子供だねホント)。

が、映画を観終わった後では掌を返したけどね! こいつは最高だ! と。

 ノベライズ版まで買ってしまったぐらいだし(ノベライズにはパズーがその後シータに宛てて書かれた手紙が出てくる。ムスカによって破壊された軍の飛行艦ゴリアテは撃沈されたのに軍は「改修している」と事実を隠蔽していて、「権力者ってのはいつもこうだね」と思ったもんだ)。ひねくれたオタク少年すら偏向させた『天空の城ラピュタ』金ロー17回目(!)の放送は今晩です!

しばりやトーマス(映画ライター)

関西を中心に活動するフリーの映画面白コメンテイター。どうでもいい時事ネタを収集する企画「地下ニュースグランプリ」主催。

Twitter:@sivariyathomas

しばりやとーます

最終更新:2022/08/19 10:19
12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『24時間テレビ』強行放送の日テレに反省の色ナシ

「愛は地球を救う」のキャッチフレーズで197...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真