日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 宮迫博之、約4年ぶり地上波復帰

宮迫博之、約4年ぶり地上波復帰にやっぱり逆風…なぜ許されない?

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

可愛げがないのはYouTubeでも同じ…

 宮迫さんは芸人や視聴者の認識として、やはりボケの人間というのがあるので、本来のボケの位置より少しでも上になってしまうだけで、どうしても偉そうに見えてしまう。さらに宮迫さんは蛍原さんより強い立場におり、蛍原さんが追い詰めようとしてもそれを撥ね退けるという芸風の為、追いつめられることが無い。そうなると隙がなくなってしまい可愛らしく見せることが難しい。

 では、相方ではなく先輩や後輩に追い詰められた場合はどうなのか? 上記の可愛らしく見えるMCさん達なら、追い詰められたままヘラヘラしていれば終わるのだが、宮迫さんの場合”ボケ”という立場もしょってる為、何か笑いを起こさないと終わりにならず、しかも宮迫さんの場合可愛らしい顔をして落とすというボケではなく、言葉で落とすタイプのボケなので、何かしら言い訳をして落とすというパターンになる。言い訳は、笑いが起きたとしても可愛らしく見えることはない。可愛らしく見えないということは、自分の立ち位置を下げることが出来ず、結局のところ偉そうに見えてしまう……というわけだ。

 YouTubeで動画を配信している今も、その芸風は変わらない。

 スタッフさんにバカにされるような場面があったとしても、最終的に自分で笑いを起こすことで終わらせたいが前面に出てしまい、言い訳のようなボケで終わる。そうなると、テレビでMCをやっていた頃と変わらず、可愛げが見えない。可愛げが見えないと、いつまで経っても悪役のままなのだ。

 同じ時期に問題を起こしたロンドンブーツ1号2号の亮さんは、世間的にもテレビ的にもとっくに許されている。これは相方との関係性、その後の行動などもろもろの要因はあるが、やはり亮さんのほうが圧倒的に可愛げがあり、偉そうに見えないことで許される時期が早まったのではないだろうか。

 宮迫さんが10反省したとしても、キャラクター的に5くらいしか伝わらず、その後1調子に乗ってしまうと8調子に乗って見えるので、反省していないように感じてしまうのだ。

 勢いに乗っているときならこれほど頼もしいキャラクターはいないのだが、勢いが収まったときにこれほど扱いが難しいキャラクターもなかなかいない。宮迫さん自身が自分のキャラクターの扱いがわからず、どうしていいのか戸惑っているようにさえ見えるときがある。

 しかしそんな宮迫さんを地上波復帰させる千葉テレビ。

 賛否両論あるかもしれないが、これはテレビから離れてしまった芸能人たちへの希望になったのではないだろうか?

123

宮迫博之、約4年ぶり地上波復帰にやっぱり逆風…なぜ許されない?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

フライデー&文春で硬派スクープ続く

今週の注目記事・第1位「当選無効の恐れも…...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真