日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > TKO木本「5億円投資トラブル」

TKO木本「5億円投資トラブル」アレほど売れた芸人がなぜ投資に手を出した?

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

TKO木本「5億円投資トラブル」アレほど売れた芸人がなぜ投資に手を出した?の画像1
木本武広 松竹芸能 公式サイトより

 7月21日、お笑い芸人に関するあるニュースが飛び込んできた。

 そのニュースとは「お笑いコンビTKOの木本武広さんが投資トラブルに関与し、ラジオやテレビ番組への出演見送りを申し出ている」というもの。

 この“投資トラブル”とはいったいなんなのか? ニュースを報じた「スポニチアネックス」によると木本さんは、親交のあるタレントや後輩芸人、仕事関係者らに投資話を持ち掛けて金銭を収集。しかし一緒に投資を進めていた人物と連絡がつかなくなった。集めたお金は5億円以上にのぼり、そのお金は木本さんのもとには残っていないらしい。

 この騒動直後、木本さんのレギュラー番組『週末ライブキモイリ!』(KBS京都)、MCを務める番組『アプリ学院!』(BS11)の両番組が今月いっぱいで終了することが判明した。これはテレビ局側が出演を拒否したわけではなく、木本さんが所属している松竹芸能が各局に“休み”を申し入れていたのが原因とのこと。億単位の投資トラブルを起こしたとなると今後、木本さんを使うテレビ局もほとんどなくなるはず。つまりこの騒動により「活動休止」という状態になると見て間違いないだろう。なんとも残念な話だ。

 これは余談だが、僕が出会った芸人の中で、初めてオーラが凄いと感じたのはTKOさんだった。

 ご本人たちにも話したが、近しいところで売れている若手芸人なんて山ほどいたのだが、ほとんどオーラは感じなかった。後輩がこんなことをいうのはおこがましいが、TKOさんはずば抜けてタレント性があり、同じ芸人として嫉妬してしまうほど圧倒的な存在感だった。それもそのはず当時TKOさんにとって4回目の東京進出の頃で、すでに若手という枠にいるのがおかしいくらいの芸歴だったのだ。僕はあまり先輩芸人に話しかけることはないのだが、TKOさんお2人のオーラで、人懐っこくない僕ですら懐いてしまった。とても好きな先輩芸人だったのだ。

 先に騒動があった木下さんは、今は松竹芸能を退社し、フリーとして活動しているがあまり良い状態とは言えない。そのうえ木本さんまで活動休止、最悪の場合退所することになるとしたらTKOさんは一体どうなってしまうのだろう

 そもそも何故、芸人が投資に手を出すのか。正直、昔から投資やデイトレードでお金を稼ぐ若手芸人は少なくなかった。しかしそういう芸人に共通して言えるのは「一発屋」だと自覚している芸人だということ。皆さんも知っていると思うが「一発屋」と呼ばれる芸人はある一定の期間だけ爆発的にお金を稼ぎ、そして徐々に収入が減少していくもの。彼らはいずれお金が稼げなくなることがわかっているので、爆発的に稼いだお金を元に投資や株をしてみたり、はたまた家賃収入で生活することを考えてマンションを購入したりする。

 つまり、売れてしまえば一生くいっぱぐれしないと言われていた芸人という商売に、一発屋と言われる芸人が現れ、その人たちはお笑いだけでは永遠に稼げないと知り、投資などを本格的にするようになったというわけだ。

12

TKO木本「5億円投資トラブル」アレほど売れた芸人がなぜ投資に手を出した?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

女優・宮下かな子が送るサブスクエッセイ

宮下かな子さんがサブスクで観た作品を元に、俳優の日常を綴るエッセイ連載
写真
特集

夏枯れ? 豊作? 夏ドラマをチェック!

『石子と羽男』『競争の番人』『オールドルーキー』etc…夏ドラマをチェック
写真
人気連載

“事務化したテロ”の時代

今週の注目記事・第1位「『統一教会』と『政治...…
写真
インタビュー

あらびき団に出ているだけでは売れない……

『HITOSHI MATSUMOTO Pre...…
写真