日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > SixTONES京本大我主演作トレンド1位
ジャニーズ×Twitterトレンド速報

SixTONES京本大我、喫煙シーンにファン困惑!? 主演作がトレンド1位

SixTONES京本大我、喫煙シーンにファン困惑!? 主演作がトレンド1位の画像1
日本テレビ『束の間の一花』公式サイトより

 ジャニーズの人気グループ・SixTONESの京本大我が、10月スタートの日本テレビ系シンドラ枠『束の間の一花』で連ドラ単独初主演を務めることが発表され、Twitterでは「#束の間の一花」がトレンド1位となった。

 同作は、タダノなつによる同名漫画の実写化で、奇しくも余命宣告をされた同じ境遇のふたりが織りなす“束の間”の恋の物語。京本は哲学講師・萬木昭史(ゆるぎ・あきふみ)を演じ、女子大生のヒロイン・千田原一花(せんだわら・いちか)を藤原さくらが演じる。

 監督は赤楚衛二主演ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)などを手掛けた林雅貴氏と、なにわ男子・道枝駿佑主演『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)を手掛けた丸谷俊平氏が担当。

 京本は主演にあたり、「久しぶりに頂いたドラマが主演ということに、まずびっくりしました」「僕自身、特別『ワー』って明るいタイプじゃなかったり『友達いっぱい作ろうぜ』っていうキャラクターでもないので、萬木の感じは等身大でいけるかなと思っています」などとコメントしている。

 ネット上では、「大我、単独初主演おめでとう。10月が楽しみで待ちきれない」「このドラマが跳ねてくれれば、これからのドラマ出演が増えるはず!」「京本くんのドラマずっと待ってた!! もうミュージカルで何度もあったから、ハグだってキスだってドンと来い!」と期待する声が上がる一方で、原作ファンからの間では「大我くん、儚げな萬木先生役にぴったり!」「違う、萬木先生はもっとくたびれてるイメージ」「萬木先生はあんなにキラキラしてないし、かっこよくない。何でもかんでもジャニーズを起用すればいいってもんじゃない」などと賛否が飛び交っているようだ。

 さらに、原作で描かれている萬木の喫煙シーンが、ドラマ版でも再現されるのか気になっているファンは多く、「きょもの喫煙シーン、早く見たい」「え、喫煙シーンあるかもしれないの? 肺を大事にしてほしいから困惑」「たばこ吸うシーンは、ちょっと複雑だな……」と、さまざまな反応が見られる。

 京本といえば、ミュージカルの主演俳優として活躍していることで知られ、昨年はブロードウェイ・ミュージカル『ニュージーズ』の日本版で主演を務め、同作は「第29回 読売演劇大賞」の優秀作品賞を受賞。現在は、京本が音楽も担当する主演ミュージカル『流星の音色』の公演中だ。

「昨年の『ニュージーズ』は、業界内でもかなり評判が良かった。ジャニーズは長年、演劇に力を入れてきましたが、実はこれまで本格的なミュージカル俳優となると、元V6・坂本昌行くらいのものでした。ミュージカルはストレートプレイと違い、演技力だけではなく、歌唱力やスタイルの良さも大事になってきます。京本はそうした要素をすべてクリアしていて、父親(俳優の京本政樹)譲りの耽美的なビジュアルが、ミュージカルによくハマるんですよ」(エンタメ誌ライター)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

小池百合子都知事周辺で風雲急!

今週の注目記事・第1位「小池百合子元側近小島敏...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真