日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 若手ジャニーズトップはやはりキンプリ?

キンプリがやっぱり強い? タレントパワーに興行規模ランキングで存在感

文=加賀美ジョン(かがみ・じょん)

平野紫耀への黒島結菜“接近”をファンが警戒するワケ 過去には永瀬廉と…の画像
国宝級イケメン(殿堂入り)

 「日経エンタテインメント!」(日本経済新聞社)へのデータ提供でも知られる株式会社アーキテクトの「タレントパワーランキング」が新たに発表され、20代俳優の4位にKing & Princeの平野紫耀がランクインした。

 「タレントパワーランキング」は、旬なタレントを四半期(3カ月)毎に1280名リストアップし、10~69歳の合計4400人の一般モニターに、タレントを知っているか?見たいと思うか?などを訊ね、そのアンケート結果から集計したもの。タレントの認知度や関心度の高さを測る指標だ。

 2022年5月に行われた調査をもとにした「タレントパワーランキング2022年第二四半期」の20代俳優の1位は菅田将暉。2位に神木隆之介、3位に横浜流星と続き、4位に平野、5位にHey! Say! JUMPの山田涼介が続いた。ほかにジャニーズでは、9位にSexy Zone・中島健人、14位に同じくSexy Zoneの菊池風磨がランクインしている。

「このタレントパワーランキングは、キャリアの長さや、出演作の数もさることながら、CM出演を含めたテレビ露出も強く影響します。平野は、主演映画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦~』シリーズのヒットもありますが、実は俳優として映像作品に出演した数はまだまだ少ない。特に調査のあった今年5月は、出演作が何もなかった時期です。そう考えると平野の知名度・関心度の高さは特筆に値するところですが、ソロだけでCM出演6社を誇り、新曲発表時に新ビジュアルをお披露目しただけでTwitterの世界トレンドに入るだけのことはある。やはり若手ジャニーズの中ではズバ抜けて人気も知名度もあるのでしょう」(テレビ誌記者)

 今年6月に発表された同社の「10~20代の若手ジャニーズ事務所所属タレント 2022年第一四半期ランキング」でも、平野は2位以下に差を付けて1位に。さらにKing & Princeメンバーは3位に岸優太、6位に永瀬廉、8位に高橋海人と、5人中4人がトップ10入りする強さを見せている(神宮寺勇太は15位)。一方、ジャニーズ内でも圧倒的なCDセールスを誇るSnow Manは、目黒蓮が16位、ラウールが17位、阿部亮平が26位という結果に終わっているのは興味深い。

「まだまだキンプリほど世間一般には浸透していないということでしょうね。朝ドラでブレイクしたSixTONES・松村北斗でも12位に留まっているので、むしろキンプリメンバーの認知度、関心度の高さが際立ちます。キンプリはグループでのCMも、任天堂に本田技研工業、味覚糖とあるのが強いのかもしれません。山田涼介や中島健人は20代女性からの認知度・関心度がもっとも高かったのに対し、平野は30代前半がもっとも高かったものの、全体的に10代~20代も高かったそうで、幅広く愛されてるんでしょうね。そういえば平野も岸も、芸人が若手ジャニーズの個人名を出す時によく挙げる名前でもあります」(同)

 また、先日ぴあ総研が発表した2022年上半期の「音楽ポップス興行規模ランキング」でもKing & Princeの“数字”が注目された。

 これは2022年1~6月に開催された音楽ポップス公演の会場収容人数を合計し、各アーティストの上半期「興行規模」を算出したもの。この「興行規模」は、コンサートの公演会場の規模から割り出したもので、実際の動員数とは異なるが、アーティストの動員力を測る指標となる。

 この「興行規模ランキング」で1位となったのは65.7万人のMr.Children。2位に52.8万人のKis-My-Ft2、3位に50.6万人のKing & Princeと続くが……。

「これだけ見るとキスマイのほうが上だが、ミスチルは14公演、キスマイは26公演行った上での数字で、一方のキンプリは10公演。単純計算でキンプリは1公演につき5.6万人の“興行規模”を誇ることになり、これはミスチルをも凌駕する。キンプリは4大ドームツアーだっただけに1公演あたりの規模が大きいのは当然だが、ドームで10公演を行えるアーティストは当然限られてくるわけで、2018年のデビューから5年でこれは順調すぎるほど順調といえるでしょう。CDセールスや視聴率などで他のジャニーズグループとどうしても比べられてしまうが、知名度・関心度の圧倒的な強さも考えると、若手のトップはやはりキンプリだなと改めて実感しましたね」(芸能事務所関係者)

 6月15日配信の「ichiban」はTikTok総再生回数10億回という大台を叩き出し、また秋には平野主演ドラマ『クロサギ』(TBS系)なども始まるKing & Prince。ますます勢いに乗ることは間違いなし?

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

加賀美ジョン(かがみ・じょん)

洋邦問わず、音楽にまつわる編集・ライティングで十数年。クレジットを眺めるのが趣味。

最終更新:2022/09/06 12:00

キンプリがやっぱり強い? タレントパワーに興行規模ランキングで存在感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

サイゾーのハイロー特集2022!

大ヒット中の映画『HiGH&LOW THE WORST X』公開に合わせて、その舞台裏に迫るインタビュー公開!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

安倍元首相の亡き後の昭恵夫人

今週の注目記事・第1位「安倍晋三『光と影』」...…
写真
インタビュー

キャプテン渡辺が目を覚ます!

 空気階段の鈴木もぐら、岡野陽一、ザ・マミィ...…
写真