日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > 気鋭監督らが撮る、令和の「ロマンポルノ」
令和に甦った「ロマンポルノ」とは? 日活のプロデューサーが語る

松居大悟、白石晃士、金子修介監督が新感覚ポルノに挑む「ロマンポルノ・ナウ」

文=長野辰次(ながの・たつじ)

松居大悟、白石晃士、金子修介監督が新感覚ポルノに挑む「ロマンポルノ・ナウ」の画像1
山崎ナオコーラ原作の『手』。主演の福永朱梨はオーディションで選ばれた

 「ロマンポルノ」といえば、映画会社の日活が1971年から始めた当時の映倫規定による成人映画の伝統あるレーベルだ。1988年までの18年間に約1100本もの作品が公開された。白川和子、谷ナオミ、宮下順子、美保純といったスター女優が活躍し、神代辰巳、藤田敏八、小沼勝、田中登、石井隆ら作家性の強い監督たちが数々の名作を残している。

 そんな「ロマンポルノ」が令和時代に復活を遂げた。「ロマンポルノ50周年記念プロジェクト」として企画された「ロマンポルノ・ナウ」では、松居大悟監督の『手』、白石晃士監督の『愛してる!』、金子修介監督の『百合の雨音』の新作3本を製作。9月16日(金)より劇場公開が順次スタートする。

 令和に甦った「ロマンポルノ」とは、一体どんな内容なのだろうか。かつてのロマンポルノ とは、どう違うのか。3作品をそれぞれ担当した日活のプロデューサーたちに語ってもらった。

松居大悟監督が撮り上げた、繊細な官能シーン

 松居監督にとって初のR18作品となる『手』が、新しいロマンポルノの口火を切ることになる。本作を企画したのは、日活に入社して8年目となる結城未来プロデューサー。映画のプロデュースを務めるのは、本作が初。山崎ナオコーラの短編小説を原作に、女性視点の親近感のあるドラマとなっている。おじさん好きなヒロイン・さわ子(福永朱梨)のたゆたうような男性遍歴が描かれていく。

結城プロデューサー「ロマンポルノをまだ観たことがない若い世代や女性向けに企画した作品です。私が日活に入社して担当したのが2016年の『ロマンポルノ・リブートプロジェクト』の宣伝でした。私自身、それまでロマンポルノに触れる機会がなかったのですが、かつてのロマンポルノを観て、衝撃を受けたんです。予算も撮影日数も掛けてない作品がほとんどですが、作り手たちの熱い情熱がほとばしっていることが感じられたんです。そのロマンポルノの50周年ということで、過去の名作に興味を持ってもらう入り口になるような新作はできないかと考え、原作を探していて出会ったのが山崎ナオコーラさんの『手』でした」

 松居監督は『バイプレイヤーズ ~もしも100人の名脇役が映画を作ったら』(21)や『ちょっと思い出しただけ』(22)など新作を次々と発表している売れっ子だが、昭和期の「ロマンポルノ」が縁で新作を撮ることになった。

結城「相米慎二監督の特集上映が2021年に渋谷ユーロスペースで行なわれ、相米監督が唯一撮ったロマンポルノ『ラブホテル』(85)も上映されたんです。松居監督の敬愛する相米監督がロマンポルノの名作を撮っていたことから、松居監督はオファーを快諾してくれました。女性視点も大切にしたドラマにしたいと伝えると、『私たちのハァハァ』(15)の脚本家・舘そらみさんがいいのでは、となり声を掛けさせていただきました。松居監督と舘さんは大学時代の同窓生だそうです。松居監督にとって初めての本格的なラブシーンですが、脚本段階から女性が見ても違和感のないものか確認して進めました。撮影に入る前にも、リハーサルをしっかりと重ね、ひとつひとつの動作に問題はないか、キャストにもその都度、細かく確かめています。撮影日数は8日間という限られた日数でしたが、松居監督を中心に和やかなムードで撮り終えました」

 深田晃司監督の『本気のしるし 劇場版』(20)では助演ながら強い印象を残した福永朱梨が、オーディションで本作の主役に抜擢され、官能シーンを繊細に演じてみせている。社会や恋愛に真っ直ぐに向き合えなかったさわ子の、ふんわりとした心情の変化が綴られていく。思い切った配役や新しいテーマに挑戦できるのも、ロマンポルノの良き伝統ではないかと結城プロデューサーは語る。

 ちなみに結城プロデューサーのお勧めのロマンポルノは、「リブートプロジェクト」で関わった塩田明彦監督の『風に濡れた女』(16)。令和の「ロマンポルノ・ナウ」は平成の「リブートプロジェクト」から、より女性視点を強めたものだと言えそうだ。(1/3 P2はこちら

123

松居大悟、白石晃士、金子修介監督が新感覚ポルノに挑む「ロマンポルノ・ナウ」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

『鎌倉殿』とは違って史実の時政は切れ者

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ハイローの未来にかける野心

 大ヒット公開中の映画『HiGH&L...…
写真