日刊サイゾー トップ > エンタメ > インタビュー  > 原田龍二、アラフィフのネオ死生観
映画『虎の流儀』インタビュー

原田龍二、アラフィフになっても精力高めに生きている「人生100年」時代のネオ死生観

文=森 江利子(もり・えりこ)

原田龍二、アラフィフになっても精力高めに生きている「人生100年」時代のネオ死生観の画像1
原田龍二(撮影=二瓶彩

 ジャンルレスな俳優・原田龍二──。今年9月30日には主演映画『虎の流儀』が2作連続公開するほか、“温泉俳優”として全裸スタイルで名湯を巡ったり、2020年からスタートしたYouTubeチャンネル『ニンゲンTV』で心霊スポットを行脚したり、今年6月には『精霊たちのブルース』(万代宝書房)で小説家デビューしたりと、とかく多彩なジャンルで精力的に活動している。

 キャリアや年齢を重ねても、臆することなく真っすぐに、次々とエネルギッシュな挑戦を続けている原田。そのバイタリティの秘訣を探るべく、本人を直撃してみた。


原田龍二(はらだ・りゅうじ)

俳優。1970年10月26日生まれ、東京都出身。A型。1990年、『第3回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』で、準グランプリを受賞。92年、ドラマ『キライじゃないぜ』(TBS系)で芸能界デビュー。95年公開映画『日本一短い「母」への手紙』で、『第19回日本アカデミー賞』新人俳優賞を受賞。03年、『水戸黄門』の5代目助さん役に抜擢される。映画『大奥』や、NHK大河ドラマ『利家とまつ~加賀百万石物語~』、ドラマ『相棒』など話題作に多数出演。

もし今日事故で死んでも、地縛霊にはなりませんよ

原田龍二、アラフィフになっても精力高めに生きている「人生100年」時代のネオ死生観の画像2
──原田さんは、お仕事のジャンルはどうやって決めているんですか? いろいろなジャンルでかなり精力的に活動されているイメージですが……。

原田龍二(以下、原田):僕が精力的であるというよりも、精力的にさせていただいている、と言ったほうが合っているかもしれません。自分がやらせていただいたお仕事から、どんどん派生していっていることがうれしいなと思うんです。

 たとえば、ドキュメンタリー番組『世界ウルルン滞在記』(毎日放送・TBS系)で、いろいろな国に行って現地の部族の方々と心の交流をしていたら、「こいつだったらなんでもできるだろう」ということで、『ガキ使』の笑ってはいけないシリーズ(日本テレビ系)に呼んでいただいたり。最近でも、YouTubeチャンネル『ニンゲンTV』で心霊スポットにばかり行っていたら、オカルト誌『ムー』(ワン・パブリッシング)さんのイベントに呼んでいただいたり。

 自分のやっていることが、いろいろな方々のアンテナに引っかかって、新しい企画を生んでくださったので、今日までやってこれたんです。

原田龍二、アラフィフになっても精力高めに生きている「人生100年」時代のネオ死生観の画像3

──いただいたお仕事は、どんなジャンルでも全力で。

原田:ただ、高所は苦手なので、スカイダイビングとかはちょっと……。やろうと思えばできるんですよ。でも、それは僕じゃなくてもいいんじゃないかなと。原田龍二にしかやれないことだったら、もちろんやらせていただきます。

 裸になることもそのひとつです。かつて、 あるドキュメンタリー番組で出会ったベネズエラのジャングルに住 んでいる少数民族では、男性が「ふんどし」ひとつ、ほぼ裸で生活してるんです。僕はその姿を心からカッコいいと思ったんですね。だから僕は、なんのてらいもなく裸になれるんですよ。

──裸になったり、心霊スポットに行ったり、映画に主演されたり。タフな毎日が続いているようですが、原田さんの元気の秘訣は?

原田:大変だと思ったことはないんですが、元気の秘訣は……そうですね、プライベートで走っていることでしょうか。走ればもちろん疲れますし、体力は温存しておきたいと考える方もいると思うんですが、僕は体を動かすことで活性化するし、逆にリフレッシュできるんですよ。

 あとは、自分の好奇心に突き動かされることも大切ですね。僕の場合は、“いい歳して何やってるんだ”というタイプの好奇心かもしれませんが(笑)。

──原田さんは現在51歳、アラフィフですが、どんどん新しいことにチャレンジされていますよね。年齢を重ねると、新しいことにチャレンジするのを難しく感じたり、断念したりする人も多いと思うのですが……。

原田:それはもったいないですよね。もちろん、挑戦することだけが美学ではないし、日々穏やかな人生もいいと思うんです。人生、起伏があればいいというものじゃないですからね……。僕がたまたまこういう人生を歩んでいるってだけで、自分がチャレンジ精神にあふれる充実した人生を歩んでいる、みたいな意識は全然ないです。

 ただ、そうですね、日本人は“年齢”を意識しすぎる民族だなとは思います。

──原田さんは、どうやって挑戦を続けてきたんですか?

原田:根底にあって、頼りにしているのは、自分の“直感”みたいなものですね。当然、僕は達観できている人間ではないですから、直感がハズれたり、道を踏み外したりってこともあるんですけど(笑)。でも、これはカッコいいと思う、カッコ悪いと思う、という感性は自分の中でハッキリしていて、昔から変わらないですね。

 ただ、この歳になって、前よりも物事を割り切れるようにはなったかもしれません。若い頃は、お芝居で「君を愛してるよ」なんて甘い台詞を言うのが恥ずかしくてイヤだったんです。だって僕、普段はそんなこと言いませんもん。でも今はもう、それも恥ずかしくはなくなりましたね。

──年齢を重ねたからこそ得られた、ポジティブな変化ですね。

原田:僕からのアドバイスはこの一言だけです。「人生は一度きり」。

 これ、めずらしい言葉ではないんですけど、僕の今の一番のテーマなんです。毎日、「この先、俺は死ぬんだな」って考えてますから。だから、いつどこで死んでも悔いは残らないように生きていますよ。もしも今日、この取材の帰りに交通事故に遭ったとしても、地縛霊にはなりませんよ。きっと成仏できるはずです。

12

原田龍二、アラフィフになっても精力高めに生きている「人生100年」時代のネオ死生観のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る
トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真