日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 静かに輝いた天性の「フリ師」

仲本工事さん、お笑い猛者集団「ドリフ」の中で静かに輝いた天性の「フリ師」

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

仲本工事さん、お笑い猛者集団「ドリフ」の中で静かに輝いた天性の「フリ師」の画像1
仲本工事 イザワオフィス 公式サイトより

 10月19日「ザ・ドリフターズ」のメンバー・仲本工事さんが急性硬膜下血腫のためお亡くなりになった。

 前日の18日に交差点を横断中の仲本さんがワゴン車にはねられて重傷を負ったと報じられており、交通事故が原因で帰らぬ人となってしまった。享年81歳。

 何とも悲しい最後なのだろうか。同じ「ザ・ドリフターズ」のメンバーの志村けんさんがコロナで亡くなった時も何で、こんな最後を迎えなければならないのかと、悔やんでも悔やみきれない気持ちになったが交通事故となるとさらに悔しい気持ちになる。しかも仲本さんに関してはご自身の誕生日前に奥さんが出ていき、家に動物たちと置き去りにされて、住まいはゴミ屋敷のようになっていると、同月12日に週刊誌で報じられたばかりだった。

 実際のところどういう経緯があり、どういう理由でそうなってしまったのか、本当にそうなっているのかはわからないところだが、報じられた内容が真実であったとするなら、とても幸せに生活を送っていたとは思えない。仲本さんは自分の人生の最後がこのような形で終わるなんて、想像していたのだろうか。

 僕と同じ世代の人たちに「ザ・ドリフターズ」で好きなメンバーはと聞くと、ほとんどの人間が「志村けん」と答えるだろう。そして同じくらい「加藤茶」を好きだという人がいて、さらに僕のように「いかりや長介」に憧れを抱く変わった子供もいる。

 そうなると残りのメンバーである「高木ブー」と「仲本工事」は子供たちにとってどのような存在だったのか。

 高木ブーはその名前と見た目からわかりやすいキャラクターが設定されていて「よく食べる」「すぐに寝てしまう」など、お客さんにとって頭を使わなくてもわかる面白さを持っているので、どのコントでも基本的にボケの先陣を切るのは高木ブーさんだった。小さなボケを担当するので爆発的な人気を得ることは難しいが、コントにとってなくてはならない存在だ。

 では仲本さんはなくても良い存在だったのかというと、勿論そうではない。

 仲本工事さんの立ち位置はお笑いに携わっている人間ならわかる、最重要ポジションである。基本的にコントをする際、そのコントがどういう設定で、どういう流れで笑いを生みだしていくのか説明が必要になる。お笑い用語でいうところの「フリ」だ。2人で行う漫才やコントならば、ツッコミがその役割を果たすのだが、複数人のコントとなるとただ「フリ」だけの役がどうしても必要になる。ボケで笑いを取ることもツッコミで目立つこともない、いうなれば「死に役」という役割だ。

 皆が率先してやりたがることはないが、この役がいなければ成立しない「フリ役」。それを見事にこなしていたのが、仲本工事さんだったのだ。

12

仲本工事さん、お笑い猛者集団「ドリフ」の中で静かに輝いた天性の「フリ師」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

キンプリ突然の崩壊!

ジャニーズのトップアイドル・King&Princeから突然、脱退を表明した平野・岸・神宮寺…今後どうなるかレポート!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

『スーパーパンプト』が痛快すぎる!

 U-NEXTで配信中の『スーパーパンプト/...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真