日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > 『ガキ使』D-1グランプリ祭りに

『ガキ使』D-1グランプリが、身内ノリにならずに思いの外力作ネタだらけに!

文=檜山 豊(ひやま・ゆたか)

『ガキ使』のD-1グランプリが、身内ノリにならずに思いの外おもしろいワケの画像1
日本テレビ『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』公式ツイッターより

 日本テレビ系で放送されている『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』では今、「~松本人志生誕59年&ダウンタウン40周年記念~ネタで感謝を伝えたい!おめでとうD-1グランプリ!!」と題して、ダウンタウンに憧れる芸人たちが、その愛を詰め込んだネタを披露するという企画が18日から3週連続で放送されている。

 出場している芸人はココリコ&陣内智則、ZAZY、月亭方正&たむらけんじ、どぶろっく、とろサーモン、ナイツ、錦鯉、ハリウッドザコシショウ&くっきー!、FUJIWARA、マヂカルラブリー、ランジャタイ(五十音順)というユニットを含めた11組が参加し、ダウンタウンさんの為にネタを書きおろし、新ネタを披露。

 今回はこの企画を元芸人目線で分析し、軽掘りしていく。

 この企画は一見するとバラエティ番組では良く見る、ありふれた企画のひとつに見えてしまうのだが、実は妙妙たる部分がいくつかある。

 まずは参加メンバーの顔ぶれがかなり凄いこと。

 正直、今をときめく芸人ばかり参加しているというわけではないが、月亭方正さんとココリコさんのレギュラーメンバーを除くと、コンテンストで優勝、もしくはファイナリストになった経験があったり、くっきー!さんやFUJIWARAさんのように、芸人からもリスペクトされている面子が居たりと、世代を越えてネタに定評がある面子が集められている。

 さらに良いのがネタのパターンだ。コンテストだとどうしても似たようなネタばかり集まってしまい、そのネタの質が合わないと最初から最後まで笑えないということもありえる。しかしこの「D-1グランプリ」に参加している面子は、ナイツや陣内さんのような王道ネタから、ハリウッドザコシショウやランジャタイのような異色ネタまで多種多様なジャンルが揃えられているので、最後まで笑えなかったということは恐らく無いだろう。これだけお笑いニーズを網羅して尚且つ、ネタ自体がきちんと面白いという面子が集まることはなかなか無い。それだけで見る価値ありだ。

 そしてもうひとつ凄い所は、ダウンタウンさんへの愛をネタに詰め込むということで、それぞれが新ネタを作ったところ。

 ネタというのは常に鮮度を求められる。しかしある一定の芸歴が過ぎると、そこまで新ネタを作り披露するということがなくなる。ベテランになればなるほど新ネタではなく、あまりテレビでやっていないネタをチョイスし披露するパターンが多い。

 もちろん笑いは起こるのだが、やり慣れた感が出てしまい明らかに新鮮さに欠ける。

 しかし今回は企画の趣旨が新ネタを前提とするものなので、その辺りのどうしても出てしまうマイナス要素が全くない。新ネタの為、台本の内容を忘れてしまうというハプニングはあったが、それはむしろお笑いにとってはプラス要素となっていた。

 とろサーモンさんのように元々あったネタを使い、ダウンタウンさんを絡めないであえてそれ自体をボケにするというパターンもあったのだが、それでも過去に見たネタではなく、これから他の番組で見ることが出来ない、この番組の、この企画限定のネタというのはかなり貴重だ。

12

『ガキ使』D-1グランプリが、身内ノリにならずに思いの外力作ネタだらけに!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

年末恒例お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

今期は充実! 秋ドラマをチェック

『silent』『クロサギ』『エルピス』などなど…今期充実の秋ドラマをチェック
写真
人気連載

森脇健児をオイシクする“共犯関係”

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

サウナ施設だけがサウナじゃない!

 エンターテインメント性の高さと選手たちのキ...…
写真