日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 秋ドラマ、期待作とガッカリ作3選

『silent』『エルピス』『PICU』…一番の期待作は? 秋ドラマ序盤ランキング

文=新城優征(しんじょう・ゆうせい)

 恒例の民放連ドラの序盤ランキング。秋ドラマも、10月5日スタートの『親愛なる僕へ殺意をこめて』から10月24日スタートの『エルピス—希望、あるいは災い—』まで、開始時期に3週間近くブランクがあったため、取り上げるタイミングに迷ったが、『エルピス』がようやく第3話まで進んだこともあり、今期ドラマを振り返りたい(『霊媒探偵・城塚翡翠』は最終話手前となってしまったが……)。

 今回もまた序盤までの内容から、今後も楽しく観られそうな「期待作」と、期待に反して……な出来だった「ガッカリ作」を3作ずつピックアップする。なお、シリーズ物の新作(『相棒』『科捜研の女』など)は除外とする。

期待のドラマ3位 『silent』木曜22時~(フジテレビ系)

『silent』『エルピス』『PICU』…一番の期待作は? 秋ドラマ序盤ランキングの画像1
『silent』(フジテレビ総合エンタメメディア「フジテレビュー!!」より

〈あらすじ〉
青羽紬(川口春奈)は高校2年の秋、たまたま朝礼で耳にした佐倉想(目黒蓮)の声に心を奪われる
。3年生で同じクラスとなった二人は、音楽好きという共通点で距離を縮め、交際することに。しかし卒業後のある日、想は突然、理由も言わずに別れを告げて姿を消してしまう。8年という時が過ぎ、紬は心残りはありながらも、今は大型CDショップで大好きな音楽に囲まれて働きながら、同窓会で再会した戸川湊斗(鈴鹿央士)と幸せな日々を送り、2人の将来を考えるようになっていた。しかし、そんなある日、駅で想の姿を偶然見かける。思わず声をかける紬だったが、彼にはその声が届いていなかった。なぜなら、想は徐々に耳が聞こえにくくなる「若年発症型両側性感音難聴」を患い、聴力をほとんど失っていたのだった……。

 実にシンプルなラブストーリーだ。聴覚障がいを患った元恋人と偶然再会するという以外は特にドラマティックな出来事があるわけでなく、ただただ丁寧にそれぞれの心情を描いていく。TBS火曜ドラマあたりにありがちな、「なんでそうなんのよ!」とツッコみたくなるようなすれ違いは起こらないし、行き違いやちょっとした不和の種も、ほとんどはその回のうちに(あるいは次回すぐに)解決する。過剰に盛り上げることなく、雪が少しずつ降り積もっていくように意味を増していく言葉の数々と、彼らを映す映像のみで語るという、そのシンプルさは民放の連続ドラマにしては珍しい……というよりチャレンジングにすら感じられる。第4話まできて、これだけ“ドラマ”の起こらないラブストーリーは一体ここからどうするのだろうかと思いきや、最後で湊斗が身を引くことを決める。そして第5話は、そんな別れた二人の“終わっていく”様子を1話かけて描いてみせた。

 どこかの街角で見かけそうな、我々の日常の延長線上にある恋愛を描くという意味で、(以前にも同様の指摘をしたが)坂元裕二の『花束みたいな恋をした』を感じさせるが、ここまで丁寧に描き、かつ飽きさせないのは本当に見事だと思う。たとえば、湊斗が悲しむ紬に、紬が欲しいというコーンポタージュ缶を言われてもないのに用意していたシーンは、そこだけ取ると湊斗の優しさがホラーのようでもあったが、なぜ湊斗がそんな行動が取れたかがちゃんと後でわかるようになっている。湊斗が別れを切り出すのも決して唐突ではなく、それまでのストーリーの中で彼の葛藤はしっかりと描かれていたし、だからといって簡単に割り切れるものではないということも第5話でじっくり見せる。音楽を始めとして細部にまでさまざまな設定・ストーリーが反映されており、そこからいろんなことを読み取る(あるいは想像する)おもしろさもある。これほど緻密で丁寧な作品は連ドラだからなし得たとも言え、「元高校教師がアイドルの寮母になったら超イケメンの教え子がいて、応援しているうちに思いを寄せられる」といった話でなくても(≒でないからこそ)視聴者を熱中させられるということを証明したという意味で、日本の恋愛ドラマの転換点になってほしい作品だ。

期待のドラマ2位 『PICU 小児集中治療室』月曜 21時~(フジテレビ系)

『silent』『エルピス』『PICU』…一番の期待作は? 秋ドラマ序盤ランキングの画像2
『PICU』(ドラマ公式ページより)

〈あらすじ〉
北海道で生まれ育った志子田武四郎(吉沢亮)は、丘珠病院に勤務する27歳の小児科医。ある日、武四郎は、丘珠病院に新設されたばかりのPICU(小児集中治療室)への異動を命じられる。そこで出会ったのが、日本各地でPICUの整備を推し進めてきた小児集中治療のパイオニア・植野元(安田顕)だった。3年前、道内で起きた悲劇が大きな契機になり、北海道知事の鮫島立希(菊地凛子)が植野を訪ねてPICUの整備を依頼したのだ。その際、植野はある条件を提示し、鮫島は近い将来必ず実現させると約束した。3年を経てようやく設立されたPICUだが、集まったスタッフは、植野、武四郎のほか、植野と行動をともにしてきた優秀な看護師・羽生仁子(高梨臨)と、植野に誘われてやってきた救急救命医の綿貫りさ(木村文乃)の4人だけだった。その現状に、口が悪く横柄な態度のりさは、「初期研修を終えたばかりの未熟な小児科医は使い物にならない」と本人の目の前で武四郎を非難するようなありさまで……。

 『監察医 朝顔』チームが集結した医療ドラマ。今期はほかに『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』『ザ・トラベルナース』とあるし、「月9」は2019年から毎年1作は医療モノをやっているということもあって、正直そこまでは期待していなかったが、地域医療の抱える課題を背景に、小児治療にフォーカスし、絞られた、しかし実力派を揃えたキャストたちによる人間ドラマとして、非常に丁寧につくられている。スーパードクターやスーパーナースなどは出てこず、医師ひとりひとりが悩みを抱え、葛藤し、すべての命を救えないことに絶望しながら、それでも前を進んでいく「人間ドラマ」なのだ。

 初回冒頭こそ、『青天を衝け』を意識したかのような大河ドラマ風のシーンから始まったのには面食らったが、その第1話からあっさりと患者の死が描かれるシビアさ。正直言えば月曜からかなり重い作品であり、よかった、あの人が助かった……と思いきや、今度は別のあの人に異変が……という展開には目が腫れて仕方ないが、それでも植野先生や、南ちゃん(大竹しのぶ)&桃子(生田絵梨花)の優しさや明るさに救われる。『しもべえ』『初恋の悪魔』などここのところクセの強すぎるキャラのインパクトが拭えなかった安田顕が演じる植野先生の穏やかな眼差しは、ただ優しいというだけでなく、多くの悲しみを乗り越えた過去の影と、だからこそ解決していきたいという強い意志ものぞかせるのが素晴らしい。そしてドラマはちゃんと「しこちゃん先生」の成長譚でもあり、未熟で、不器用で、母親や仲間思いの優しい青年を吉沢亮が演じることで説得力あるものにしている。後半に待ち受けていそうな悲しい展開には今から気が重くなるが、それでも目が離せない良質のドラマだ。

期待のドラマ1位 『エルピス—希望、あるいは災い—』月曜22時~(フジテレビ系)

『silent』『エルピス』『PICU』…一番の期待作は? 秋ドラマ序盤ランキングの画像3
『エルピス』(ドラマ公式サイトより)

〈あらすじ〉
大洋テレビのアナウンサー・浅川恵那(長澤まさみ)は、かつてゴールデンタイムのニュース番組でサブキャスターを務め、人気、実力ともに兼ね備えた女子アナだったが、週刊誌に路上キスを撮られて番組を降板。現在は、社内で“制作者の墓場”とやゆされる深夜の情報番組『フライデーボンボン』でコーナーMCを担当している。そんなある日、番組で芸能ニュースを担当する新米ディレクターの岸本拓朗(眞栄田郷敦)に呼び止められた恵那は、ある連続殺人事件の犯人とされる死刑囚が、実は冤罪かもしれないと相談される。とある理由で報道、ましてや冤罪事件とはもう関わりたくないと思っている恵那の気持ちなどお構いなしに、事件の真相を追うために力を貸してほしいと頭を下げる。しかし、拓朗がそこまで躍起になるのには、ある事情があって……。

 正直、今期のトップ3は順不同と言っていい。ランキングの手前、個人的な好みによって順位を決めはしたが、いずれも非常に練られ、丁寧につくられているドラマであり、人によって1位が違ってもおかしくはないと思う。『エルピス』を1位としたのは、その(日本の民放ドラマにおいては残念ながら)挑戦的と言える題材はもちろんのこと、シリアス一辺倒にはならない、クスっとさせる部分の絶妙な塩梅が、エンタメ作品として非常に優れていると感じたからだ。

 大洋テレビという架空のテレビ局を舞台に、連続婦女殺人事件の冤罪疑惑を追うというストーリーの中で、現実のニュースと交差しながらテレビの報道加害について描いている。政権批判的な面にアレルギー反応を起こしている人も一定数いるようだが、こうしたドラマがつくられ、問題なく放送されること自体に意味があり、内容の是非はその後に問うべきだろう。

 第3話で浅川が強行突破するシーンは、視聴者のこちらもハラハラさせられた。サプライズ登場となった永山瑛太の意味深な存在感といい、この物語がどこへ連れて行ってくれるのかはまったく見えないが、その先行きの不透明さは、浅川が対峙している状況ともリンクする。「正しいこと」をしたいというテレビマンの抱える葛藤を描いているようで、第3話のあの描写からすると、“正義の暴走”の危険性も伝えていくのだろうか。我々が生きる社会の問題をただ愚直に描こうとするのではなく、エンターテインメント作品として魅せながら、さまざまな形に乗せて伝えていく。主演をオファーされた長澤まさみ自身がこの作品は放送されるべきと言い切ったという座長の覚悟も含め、最後まで見届けたい。

期待のドラマ次点(4位)『霊媒探偵・城塚翡翠』日曜22:30~(日本テレビ系)

 4位は『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』と迷ったが、第5話で早くも最終回となる清原果耶主演のこちらを。

 第20回本格ミステリ大賞受賞などに輝いた「特殊設定ミステリー」の小説『medium 霊媒探偵城塚翡翠』の実写化作品であり、あまり多くは語れないが、ミステリーとしてソツなく出来ている……と思わせておいて、「伏線回収」の第5話で作品の見方が一変するのではないかと思う。第5話で終わってしまうのは驚きだが、直近でいうところの『元彼の遺言状』や『競争の番人』のように、原作消化後にドラマオリジナルストーリーを加えて1クールもたせるというやり方を選ばない(と期待したい)のは英断。作品の仕掛け上、連ドラではなく映画などで一気に見せるやり方のほうがよかった気もするが……。「これまでのテレビドラマの常識を覆す、前代未聞の仕掛け」とまで煽ってしまっていいのかとも不安になるが、最後まで観て評価されるべき作品ということで、4位に推しておきたい。

12

『silent』『エルピス』『PICU』…一番の期待作は? 秋ドラマ序盤ランキングのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「M-1 2022」いよいよ

お笑いの祭典「M-1グランプリ」2022の決勝戦がいよいよ放送。決勝までの大会模様や今年の傾向をチェック!
写真
特集

スローテンポ漫才師が多い懸念

「M-1グランプリ2022」の決勝進出者が11月30日に22時からGYAO!生配信で発表されました。今年の準決勝は有料生配信も行われ、アーカイブも...…
写真
人気連載

「平野くん、グレープカンパニーは?」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
あぷ噛む

ハッピーニューアイコン新野尾七奈インタビュー

 Z世代の恋愛模様や友情をウォッチする、ABEMAの恋愛リアリティ番組「オオカミ」シリーズの最新作『オオカミちゃんとオオカミくんには騙されない...…
写真