日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル  > 来年が不安視される大倉忠義

関ジャニ∞、来年が不安視される大倉忠義… 安田と丸山も「怖っ」

関ジャニ∞、来年が不安視される大倉忠義… 安田と丸山も「怖っ」の画像1
関ジャニ∞ INFINITY RECORDS 公式サイトより

 12月19日放送の『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)で2組目のゲストとして登場したのは関ジャニ∞の安田章大、丸山隆平。

 もはやジャニーズ担当占い師と呼んでもいいくらい、同番組で数々のジャニーズタレントを丸裸にしてきた星ひとみが出迎えた。

 手相などから基本的な性格や2人の仲の良さを順調に探っていったのだが、星は急に「エロスの星がすごい、凄まじく入っている。凄まじいのよ。ハッキリいっちゃうと絶倫の星もっている。スーパー絶倫、結構トップクラス」と丸山にアクセル全開。

 照れている本人の横で、手を叩いて喜ぶ無邪気な安田だったが、想定通り「安田さんはテクニシャンの星が入っていますから。かなりテクニックがすごいですよ」と飛び火した。
ロックオン(=的中)しているかどうかは置いておいて、ここから星のペースに巻き込まれる。

「安田さんはね、早く結婚した方がいい。家庭を守りに入ったら、寿命が2倍くらい延びるの。結婚メチャクチャ向いてて、決断が42歳。でも、今年から42歳までならいつでもOKだから」とジャニーズタレント相手でもお構いなしに、結婚を促した。

 一方「丸山さんは向いてないんだよなぁ。1番は“かまってちゃん”は絶対ダメなの。ちゃんと自立していたり、料理が上手い相手。ただ、彼女に働かれてあっち行ってってなると、今度は気にしちゃうから、心配性だし迎えにいっちゃったり色々してしまうから」と伝えられた。

 落ち込んでいるかと思いきや「結婚は僕もあんまりイマイチ想像できないです。この仕事上、結婚は諦めています。例え結婚して離婚した時に、スポンサーさんにも迷惑かかったりするし。諦めがつきました。ありがとうございます」と、真面目に回答した。

 ここで、今回の収録に参加していない3人のメンバーについても聞くことになった。

 2004年に8人でCDデビューし、紆余曲折あって2019年に錦戸亮が脱退してからは5人体制になり、個性を活かしたメンバー各自での仕事も好調だ。

「1番実は奥底に持っている変人の気質は、横山裕さんです。宇宙人、自由の星。隠れ天才というのも持っている。来年が運勢よくて、再開・再生して、彼がどうするかで運命変わる。村上信五さんが現実の星が入っている。出世の星が確実に。コツコツ自分の中の理論、理屈、分析~」と続ければ2人も共感している。

 大倉忠義についてはトーンダウンし「王者の星っていうのが入ってる。ちょっと神経質、メチャクチャ考えていわない人。『話して?』っていっても切り取るから、全貌じゃないから伝わらない。誰のことも信じない星入っているから、義理堅いからよくしてくれた人とか好きな人にはめっちゃ尽くすの。でも、そうじゃない人にはわかりづらいタイプかもしれない」と少し心配げ。

 そしてグループ全体については全員、今年の運勢がすごく乱れているようだ。

 村上は2021年から“破壊”が入り、丸山は2020年から“裏”に入り、安田は2021~2023年、大倉が2020~2022年と、 “破壊の時期”が重なっているという。

 丸山は「ちょうどメチャクチャしんどかった時期です。各々が各々のことと、グループのことと、事務所のことと、みたいなことで、結構それぞれがグループに対して、どうしていくかっていうことを向き合った」と嘆き「本当しんどかったよな~」と安田も振り返った。

 来年は彼らにとって大きな脱皮や変化の重要な年になるようだが、そう伝えられた瞬間、丸山は目を大きく開き驚いている。

 再来年にはグループ20周年を迎えるため、来年が1番の踏ん張りどころと感じていた丸山は「ファンのみんな、待ってろ~~」と前向きだ。

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed