日刊サイゾー トップ > エンタメ > お笑い  > M-1リベンジマッチ、勝敗は…

『ラヴィット!』でウエストランドとさや香がM-1リベンジマッチ

『ラヴィット!』でウエストランドとさや香がM-1リベンジマッチの画像1
『M-1グランプリ2022』公式サイトより

 19日放送のTBS系『ラヴィット!』に『M-1グランプリ2022』優勝のウエストランド(井口浩之・河本太)と準優勝のさや香(新山・石井)が出演。2組で番組を盛り上げていた。

 番組冒頭ウエストランドは優勝ネタにアレンジを加えたものを披露。ピン芸人・ルシファー吉岡の名前を連呼してスタジオを大爆笑させた。

 花束を受け取り優勝を祝われると、Ⅿ-1本番でネタを飛ばしていた河本は『ラヴィット!』では大丈夫だったものの『めざましテレビ』(フジテレビ系)では思いっきり間違えたことを明かした。

 また井口は「べろべろで何言ってるかわからなかった」と事務所の社長・太田光代のお祝いの電話の内容も明かした。

 この日のオープニングテーマは「オススメの最強のもの」。本並健治はバブル時代にやりこんだツイスターゲームを紹介。本並、井口、新山がチャレンジすることになった。しかし、このツイスターゲーム、「雲」が出ると指定された手足を浮かさなければいけないというラヴィット特別ルールが追加されたことによって、思わぬ展開に。

 このルールにより井口は右足を宙に浮かせることになったのだが、そのあとすぐに今度は左足を宙に浮かせる指示が。絶対無理な状況にスタジオは大爆笑。司会の麒麟・川島明は「浮いてください」と無茶なことを言い井口は「ラヴィット特別ルールが破たんしちゃってる!こうなったら無理!」と大声で突っ込み、なんとかもう一度チャンスを貰っていた。

 さらに、本並は両手が宙という楽な姿勢。その次も右手を宙という指示が出ると、こらえきれなくなった新山は「俺ずっとおもんないな!もっと絡み合うやつちゃうの?!おっさんが四隅で(それぞれ)やってるだけ!!」とツイスターゲームの醍醐味がまったく味わえない状況に大突っ込み。スタジオを沸かせていた。

 新山がただ立っている状態「シンプル新山」を経由しつつも最後は、なんとか無理な大勢になり勝敗がついていたが新山は「わからん。これが正解かわからん」と首を捻り、井口はずっと宙に浮かせていた足を痛そうに引きずり席に戻っていた。

 また、オープニング最後にはウエストランドとさや香がエアホッケーの進化版「ビッグバンスマッシュ」で対決。なぜか同番組では優勝と準優勝のコンビに「リベンジマッチ」と称してエアホッケーをさせていて、「キングオブコント2022」優勝のビスケットブラザーズと準優勝のコットンも、10月に対戦。こちらは優勝者のビスケットブラザーズが勝利を収めている。

 今回の対決ではさや香が髪を振り乱しなから、高速でパックを打ち込み気迫で圧勝。リベンジ成功となり、新山は「1時間くらいで昨日のM-1より疲れています」と息を切らしていた。

 罰ゲームは河本の一発ギャグ。誰も期待していなかったのだが、案の定「ビッグバンスマッシュ!」と叫んだだけのギャグは大滑り。川島は「とりあえずさっきの花束だけ返してくれへん?」と言い放っていた。

 ネット上では「ラヴィットにさや香とウエストランド出てるけど正直M-1より笑ってる」「さや香もウエストランドもこりゃ売れるよ漫才以外もめちゃ面白いじゃん」「ウエストランド井口さんとさや香の新山さんの相性、いいと思う。なんか二人見てるだけで笑う」という声が上がり、2組の今後の活躍に期待が高まっている。

 また「他局なのに優勝したウエストランドだけじゃなくて、準優勝のさや香までおさえるラヴィットさすがすぎる」「KOCに続き準優勝コンビも一緒に呼んでくれるラヴィット好き~!」とチャンピオンだけではなく、準優勝コンビにもスポットライトを当てる同番組には、いっそうお笑いファンからの信頼を得ていたようだ。

 

 

大沢野八千代(ジャーナリスト)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

おおさわのやちよ

最終更新:2022/12/22 13:05
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • x
  • feed