日刊サイゾー トップ > 芸能  > キンプリ永瀬&髙橋、ダウンタウンも…年男

King & Prince永瀬廉・髙橋海人、今年60歳のダウンタウンも…実は卯年の年男たち

文=木村隆志(きむら・たかし)

King & Prince永瀬廉・髙橋海人、今年60歳のダウンタウンも…実は卯年の年男たちの画像1
King & Princeの永瀬廉(左)と髙橋海人(右)

 前回は「2023年、注目の年女」を挙げたが、今回は“年男”をフィーチャー。

 なかでも旬のスターが揃うのは、1987年生まれ(今年で36歳)。

 松下洸平は「今最も勢いに乗っている俳優」と言っていいだろう。昨年は『やんごとなき一族』(フジテレビ系)、『アトムの童』(TBS系)に加えて、映画や舞台にも出演したほか、バラエティからも引く手あまた。さらに多忙なスケジュールを縫うようにアーティストとしての全国ツアーを2度に分けて行った。演技とさわやかなキャラクターに加えて、歌、ダンス、絵などもハイレベルでこなす万能性も含め、業界内の評価は極めて高い。

 市原隼人は昨年『鎌倉殿の13人』『正直不動産』とNHKのドラマ2作で存在感を発揮。特に八田知家を演じた前者では、肉体美の色気が話題になった。柿澤勇人も『鎌倉殿の13人』で源実朝を演じて名をあげた一人。メインフィールドのミュージカルでも『東京ラブストーリー』の主演・永尾完治を演じたが、今年はこれまで以上にテレビでの活躍も期待できそうだ。

 その他では、俳優の高良健吾、毎熊克哉、古川雄大、浅利陽介、遠藤雄弥、ジャニーズ勢では、NEWS・加藤シゲアキ、Kis-My-Ft2・藤ヶ谷太輔、ジャニーズWEST・中間淳太、A.B.C-Z・河合郁人、さらに手越祐也、アーティストの三浦大知、声優の蒼井翔太、芸人ではぺこぱ・シュウペイ、ハナコ・菊田竜大らがいる。

人気沸騰の神尾楓珠と転機のキンプリ

 ひと世代下の1999年生まれ(今年で24歳)の筆頭格は神尾楓珠。昨年は主演作『17才の帝国』(NHK)のほか、『ナンバMG5』(フジテレビ系)、『オールドルーキー』(TBS系)など6作もの連ドラに出演した。さらに4作の映画、劇団☆新感線の舞台、情報バラエティ『サスティな!~こんなとこにもSDGs~』(フジテレビ系)でMCに挑戦するなど、活躍のフィールドは広がっている。

 ジャニーズではKing & Prince・永瀬廉と髙橋海人。永瀬は昨年『わげもん~長崎通訳異聞~』(NHK)と『新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~』(読売テレビ・日本テレビ系)で主演を務め、今年も1月期から『夕暮れに、手をつなぐ』(TBS系)に出演する。髙橋も『未来への10カウント』(テレビ朝日系)でメイン生徒役、『ボーイフレンド降臨!』(テレビ朝日系)で主演を務めた。今年は5月22日でグループから3人が脱退して永瀬と髙橋の2人体制になるだけに、年男同士の結束力が試されそうだ。

 その他では、水上恒司、清水尋也、萩原利久、鈴木仁、金子隼也、若林時英、西垣匠、豊田裕大ら次世代の若手俳優が揃っている。

業界屈指の万能選手・バカリズム

 1975年生まれ(今年で48歳)は、やはり芸人のボリュームが大きい年代。卯年にも、アンタッチャブル・柴田英嗣、フットボールアワー・岩尾望、チュートリアル・徳井義実と福田充徳、次長課長・河本準一、東京03・豊本明長、トータルテンボス・大村朋宏、ドランクドラゴン・鈴木拓、レイザーラモン・HG、髭男爵・山田ルイ53世、野生爆弾・ロッシー、原口あきまさ、山本高広、じゅんいちダビッドソン、あべこうじ、ねづっち、波田陽区らが名を連ねる。

 ただ、トップランナーはバカリズムだろう。昨年は『家事ヤロウ』(テレビ朝日系)、『バズリズム02』(日本テレビ系)などのレギュラーMCに加えて、事実上の冠番組『私のバカせまい史』(フジテレビ系)もスタートした。脚本家としてのオファーも続き、昨年は映画『ウエディング・ハイ』などを手がけ、今年も1月期の『ブラッシュアップライフ』の物語を担う。MCから準レギュラー、ゲスト出演、ネタ、大喜利まで何でもこなすほか、『R-1グランプリ』の審査員も初めて務めるなど、今なおマルチぶりが増している。

 1975年生まれの俳優では、市川猿之助、伊藤英明、中村俊介、丸山智己、松尾諭、安藤政信、長塚圭史、勝矢、三浦誠己、新納慎也、河相我聞。その他では、つるの剛士、ユージ、ミッツ・マングローブ、ゲッターズ飯田、さかなクンらがいる。

ダウンタウンファミリーが勢揃い

 高齢層に目を向けると、1963年生まれ(今年で60歳)には、ダウンタウン・松本人志と浜田雅功を筆頭に、板尾創路、木村祐一、ほんこんとファミリーが揃う。それ以外では、芸人のダチョウ俱楽部・肥後克広、松尾伴内、いっこく堂、俳優の唐沢寿明、松重豊、寺島進、伊原剛志、加藤雅也、勝村政信、田中要次、松村雄基、さらにリリー・フランキー、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、宮根誠司、福澤朗、川合俊一、KONISHIKI、甲本ヒロトらがいる。

 さらにひと世代上の1951年生まれ(今年で72歳)には、中村雅俊、岩城滉一、小林薫、柴田恭兵、本田博太郎、田山涼成、山下真司、中原丈雄、田中健、北見敏之、笑福亭鶴瓶、オール巨人、三宅裕司、吉田照美、長州力ら、まだまだ元気な各分野のベテランが揃う。最後に1939年生まれ(今年で84歳)には、黒部進、佐川満男、森本毅郎、山本晋也、なべおさみらがいる。

 各世代が年男としての存在感をどれだけ見せられるか。うさぎのように飛躍する一年であってほしいところだ。

木村隆志(きむら・たかし)

コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者、タレントインタビュアー。雑誌やウェブに月20~25本のコラムを提供するほか、『新・週刊フジテレビ批評』(フジテレビ系)、『TBSレビュー』(TBS系)などに出演。取材歴2000人超のタレント専門インタビュアーでもある。1日のテレビ視聴は20時間(同時視聴含む)を超え、ドラマも毎クール全作品を視聴。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』(TAC出版)など。

Twitter:@takashi_kimura

最終更新:2023/01/03 11:00

King & Prince永瀬廉・髙橋海人、今年60歳のダウンタウンも…実は卯年の年男たちのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真