日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 木村拓哉、スノストに「公開説教」で物議

木村拓哉、ジェシー&向井康二に“公開説教” 「裏でやって」「ありがたい」とファン賛否

文=佐藤勇馬

木村拓哉、ジェシー&向井康二に“公開説教” 「裏でやって」「ありがたい」とファン賛否の画像
木村拓哉(写真/Getty Imagesより)

 木村拓哉による、ジャニーズの後輩への「公開説教」が相次ぎ、物議を醸している。「裏でやってほしい」「メンバーの印象が悪くなる」と危惧する声がある一方、後輩への“愛のムチ”として受け止めているファンも多く、賛否を呼んでいるようだ。

 最初の「公開説教」が飛び出したのは、5日放送の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング 新春SP』(TBS系)だった。木村がスタッフなどに扮して後輩たちを驚かせる潜入ドッキリ企画があり、SixTONESのジェシーらがターゲットになった。

 木村とジェシーは2013年にドラマ『安堂ロイド~A.I. knows LOVE?~』(同)で共演経験がある。ドッキリ前、最近のジェシーの印象について質問された木村は、「ジェシーはあれかな……ヒロミさんがすごいんだけど、自分もすごいって勘違いしてる」と、人気番組『有吉ゼミ』(日本テレビ系)の恒例企画「ヒロミ&ジェシーの八王子リホーム」での振る舞いについてダメ出し。さらに「神業にチャレンジしたりとかしてるけど、あれ、スタッフに対する口の利き方が『いや、これいっちゃうよ』とか。あれは僕、あんまり好きじゃないんだよね。もう1回、勉強し直したほうがいい」と苦言を呈し、「(業界に)染まった」と9年前とはすっかり印象が変わったと明かした。

 ドッキリ成功後、ジェシーが「全然しゃべりとか、使われないですよね」とドッキリ中に田中樹とやっていたトークがカットされることを心配すると、木村は「しゃべりは使うよ? 使うけど、最近のジェシーの業界に染まり切ったトークはたぶん誇張されると思うよ」と伝え、ジェシーは「染まり切ってないですよ」と苦笑い。それで説教は終わらず、ジェシーが特番『再現できたら100万円!THE神業チャレンジ』(同)で挑戦しているアーチェリー企画について「セッティングしてくれるスタッフに対して、ちゃんとした話し方をするべき」とし、「キャラづくりかもしれないけど、最近too muchだから」と、前述したスタッフに対する口の利き方に関して直接くぎを刺していた。

 木村としては、ジェシーの人柄を知った上で「調子に乗ったキャラをやっていると番組の演出で誇張されて反感を買う」といった意味で注意したのだろうが、受け取り方によっては辛らつなダメ出しにも聞こえる。ネット上では、「番組でダメ出しされて可哀想。裏でやってほしい」「叱咤激励のつもりなら公開処刑みたいにすべきじゃない」「ジェシー担だけど、最近言動が気になってたからキムタクが注意してくれてありがたい」「後輩に注意するのって嫌な役回りだから、それでも言ってくれたってことは木村さんがジェシーを気にかけている証拠」などと賛否が起きている。

 次に「公開説教」を受けたのはSnow Manの向井康二だった。8日に放送されたバラエティ番組『それSnow Manにやらせて下さい』(同)に木村がゲスト出演。クイズ企画が実施され、1問もクリアできない場合は罰ゲームがあると告げられると、木村は「罰ゲーム(の内容)は先に聞くことはできないパターンだよね?」とメンバーたちに確認したのだが、これに向井が「けっこういつも低予算な……」と答えると、木村はすぐに「本番中、低予算っていう言葉はやめたぼうがいいと思う。スタッフのモチベが下がるから」と指摘した。

 佐久間大介が「学びが、学びが多い!」とフォローするも、向井は「すみません!」と大先輩のダメ出しに平身低頭で、恐縮しながら「ユニークな罰ゲームです」と訂正することに。こちらもジェシーの時と同様、ネット上で「向井くんはヒヤッとするような発言がよくあるし、言ってくれる人がいるうちが花」「言ってることはわかるけど収録中に言うべきことなの?」などと賛否両論が起きているようだ。

 一連の「公開説教」は物議を醸しているが、木村はドッキリ成功後は田中樹そっちのけで“ジェシーいじり”をしており、10年前のドラマ共演以来の関係性があるからこその言葉だったとみられる。木村はジェシーの出演番組をしっかりチェックしているのだから、現在も絆は続いているのだろう。また、向井は以前に木村とラジオで共演した際、木村がドラマでしていた格好を真似して行ったところ、木村が「パンツが細すぎる」とダメ出し。向井が冗談で「くださいよ」と言うと、後日に木村から本当にジーンズが送られてきたという。

 そうしたエピソードを踏まえても、木村の「公開説教」は“かわいい後輩”が相手だったからこそといえそうだ。だが、SixTONESやSnow Manのファンは若年層が中心で木村のSMAP時代の活躍やスタッフを大事にする人柄を知らない人も多く、メンバーが説教されていることに不快感を覚えるケースがあったのかもしれない。そうした“誤解”も今回の騒動が大きな話題になり、木村の人柄が知られることで解けていくのではないだろうか。いまだに現役の大スターとしてジャニーズに君臨している木村だが、今後は売れっ子となった後輩たちにダメ出しできる数少ない「厳しい先輩」としても存在感を強めていきそうだ。

佐藤勇馬

SNSや動画サイト、芸能、時事問題、事件など幅広いジャンルを手がけるフリーライター。雑誌へのレギュラー執筆から始まり、活動歴は15年以上にわたる。

最終更新:2023/01/10 21:00

木村拓哉、ジェシー&向井康二に“公開説教” 「裏でやって」「ありがたい」とファン賛否のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真