日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > つらいことの連鎖つづく朝ドラ『舞いあがれ』
朝ドラWATCHコラム『舞いあがれ!』第15週

『舞いあがれ!』“人生の主役”を諦めたかのような主人公と、悲しみの連鎖(第15週)

文=渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

『舞いあがれ!』“人生の主役”を諦めたかのような主人公と、悲しみの連鎖(第15週)の画像
イラスト/渡辺裕子

 「柏木学生」「岩倉学生」。そう呼び合った、航空学校時代。制服を着てしまえばどこで生まれて育ったかなどの違いは見えなくなり、「パイロットになりたい」という目標も同じ、学生同士。でも卒業して制服を脱いでしまったら、そこにいるのは全然違うふたりだった。

 パイロットの父を持ち、趣味は乗馬の柏木(目黒蓮)。就活すれば早々に外資系企業から内定が出て、入社するまでの間に海外留学できる経済力がある。彼はいわば、最初からピカピカのエンジンがついていて、飛び立つための滑走路も用意されているジェット機。対する舞ちゃん(福原遥)は、中小企業の社長の娘。なかなか就職先が決まらず、やっと内定が出た会社からはリーマンショックのために入社延期の知らせが来る。まさに、飛べずに泳いでいるトビウオ。はるか上空を飛んでいるジェット機から海の中のトビウオを見たら「飛ぶんだよな?」「飛ぶための勉強もしておけよ」と言いたくもなるのかもしれない。舞ちゃんの実家もたいへんなことになっているのだけれど、遠すぎて柏木からは見えていない。彼はいつも「そっちに行こうか?」「大丈夫か?」と舞ちゃんに電話で尋ねるだけで、そして「大丈夫」という舞ちゃんらしい返事を受け取るばかりで、いつもあの1番ゲートから動かない。彼女の困難を直接見ようとはしなかった彼がやっと来た時は、遅すぎた。もう彼女は彼を自分の部屋には入れないし、一緒にうめづのお好み焼きも食べない。公園で話をする彼女は「あなたは私とは違う世界の人」と全身で言ってるみたいだった。航空学校の仲間と一緒の写真を抱きしめて泣いても、同じ学生だった頃には戻れない。

 工場の経営の悪化、お父ちゃん(高橋克典)の死、工場を存続させるための従業員のリストラと、ドミノ倒しのようにつらいことが起きている舞ちゃん。まさか金曜日に柏木との別れというドミノまで倒れるとはとは思っていませんでした。いや、「くん」とかつけずについ呼び捨てにしちゃうくらいには、さっさと別れたほうがいいとは思っていましたけど、こんな時に。どちらが先に別れを切り出したのかはっきりと語られなかったけれど、「ちゃんと話したくて」と柏木が言っていたので、舞ちゃんから終わりにしたいとメールか電話で言われて、納得できなくてやってきたのかなあ。

 それにしても舞ちゃんが心配。丁寧に描かれている工場の従業員のみんなが魅力的だった今週、でも全員を雇っていたら会社は立ち行かない。苦悩するめぐみさん(永作博美)を一人にできない気持ちはとてもわかる。そういう、誰かの苦しみをほっとけない女の子なのは、ずっと見てきたからよく知ってる。でも最近の舞ちゃんが「手伝います」「助けます」ばかりで、「私がやります」じゃないところが、とても気になる。人生の主役であることを降りてしまったかのような言葉が多くて。ここでパイロットになることを諦めたら、ますますそうなってしまいそうで。

 そして悠人お兄ちゃん(横山裕)のことも心配。さみしさを親に言えずに育ち、お父ちゃんとはケンカ別れ。お葬式帰りにひとりだけ金髪なところとか、家族から浮いていることの象徴のよう。彼にきつい言葉をかけがちな舞ちゃん、関係が近すぎて言っちゃいけないことをつい言ってしまうんだなあ。その様子を見て、あとでそっと部屋にきてくれる祥子さん(高畑淳子)がいてくれてよかった。飛べずにいるトビウオをはるか上空から眺めて質問するだけだった人は去ったけれど、「トビウオは水ん中おってもトビウオや」と言ってくれる人はいる。葬儀に駆けつける祥子さんに付き添って東大阪まで来て、彼女が帰るタイミングでまた一緒に五島へと戻る貴司くん(赤楚衛二)、全方面に優しい。つらい状況の舞ちゃんに質問して、判断させたり断らせたりするような負担をかけずに「しばらくこっちにおる」とだけ言うのも、本当に優しい。祥子さんと貴司くんに、つらい人に寄り添う方法を毎回教わってます。私もあんなふうでありたい。

■番組情報
NHK連続テレビ小説『舞いあがれ!
[NHK総合] 月~金 8:00-8:15 / 月~金 12:45-13:00(再放送)
[BSプレミアム・BS4K] 月~金 7:30-7:45 / 土 9:45-11:00(再放送)
[見逃し配信] NHKプラス

出演:福原遥、高橋克典、永作博美、横山裕、高畑淳子、赤楚衛二、山下美月、山口智充、くわばたりえほか
作:桑原亮⼦、嶋田うれ葉、佃良太
音楽:富貴晴美
主題歌:back number「アイラブユー」
語り:さだまさし
制作統括:熊野律時、管原浩
演出:田中正、野田雄介、小谷高義、松木健祐
プロデューサー:上杉忠嗣、三鬼一希、結城崇史
広報プロデューサー:堀之内礼二郎、齋藤明日香
制作:NHK
公式サイト:nhk.or.jp/maiagare

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

渡辺裕子(わたなべ・ひろこ)

テレビ大好きイラストレーター。
テレビや映画について書いてるnote → http://note.mu/satohi11

最終更新:2023/01/16 06:00

『舞いあがれ!』“人生の主役”を諦めたかのような主人公と、悲しみの連鎖(第15週)のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真