日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 北川景子の月9は法律モノ+学園ドラマ?

北川景子『女神の教室』ロースクールの過酷さと“学園ドラマの王道的展開”は両立するか?

文=東海林かな(しょうじ・かな)

北川景子『女神の教室』ロースクールの過酷さと“学園ドラマの王道的展開”は両立するか?の画像
ドラマ公式サイトより

 これはロースクール生の青春ドラマか、それとも教員たちの成長ドラマか。1月9日にスタートした北川景子主演のフジテレビ系月9ドラマ『女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~』は、ロースクールに漂う希望と絶望をリアルに描いたストーリーに、どこか鬱々とした気持ちになりながらも、悩める人々を照らす“女神(テミス)誕生”の可能性を感じさせる内容だった。

 北川景子演じる主人公の柊木雫は、東京地方裁判所の熱意あふれる裁判官。しかし、事例ひとつに時間を注ぎがちで、情熱と反比例して勤務地での評価は「効率が悪すぎる」とイマイチだ。ドラマ本編は、柊木が青南大学法科大学院、通称「青南ロースクール」に教員として派遣される辞令を受けるところから始まる。裁判所からロースクール教員への辞令は都落ちの扱いのようで、受け持つことになった生徒の反応は冷ややかだ。

 一般社会でロースクール(法科大学院)の存在を詳しく知る人は少ないだろう。司法試験は弁護士、裁判官、検察官といった「法曹三者」になるための第一関門で、合格率は50%に達しない。そして司法試験には受験資格が必要で、そのためには法科大学院のカリキュラムを修了するか、合格率がきわめて低い予備試験(司法試験予備試験)に合格しなくてはならないのだ。過去のドラマには、『HERO』『イチケイのカラス』(ともにフジテレビ系)など、その難関を突破した法律家の活躍を描いた作品はあった。昨年の『石子と羽男ーそんなコトで訴えます?ー』(TBS系)ではパラリーガルの石子(有村架純)が司法試験に挑む描写はあったが、ロースクールは描かれなった。しかし、この『女神の教室』が映し出すのは、司法試験に向けて焦り、もがき、無力感に苛まれている生徒たちだ。その姿にかつての自分の姿を照らし合わせて、胸が苦しくなった視聴者もいたはずだ。

 序盤に漂う重く鬱々とした雰囲気の中で、唯一あかるい空気を放っていたのは柊木だった。実務的な知識や想像力も養うべきとする柊木に対し、司法試験と無関係の指導を嫌う生徒たちは厳しい態度を見せ、柊木はクレームまで受ける。同僚となる研究科教員の藍井仁(山田裕貴)からは、「予備試験を突破できる実力がなかった彼ら(生徒)は仕方なくローに通い司法試験の受験資格を得ようとしてます。つまり彼らのゴールは司法試験合格、それのみです」と断言されてしまう。しかし、生徒たちの反発や、合格請負人として生徒たちから崇拝される藍井の徹底的に合理的で無駄のない授業スタイルを目にしても、柊木はどこ吹く風。学院長の守宮清正(及川光博)から「柊木先生は、柊木先生のやり方で」と助言を受け、ロースクール時代に柊木と同期だった友人の検察官・横溝太一(宮野真守)との会話をヒントに、柊木はニコニコと笑顔を浮かべながら信念を貫くのだった。

 真逆な考えをしているだけに、生徒たちが柊木の流儀に振り向くのはもう少し先だと思われたため、はやくも“味方”ができたのには驚きだったが、教師が主人公となる学園ドラマの王道的展開でもあった。守宮から実務演習を柊木と藍井の2人で担当するよう指示され、初回は模擬裁判をすることに。弁護側の柊木チームになった生徒たちは、寄り道・休憩お構いなしの柊木の指導に戸惑いつつも、徐々に資料には載っていない被告人の実像に思いを馳せるようになる。特に、ロースクールではお荷物扱いの桐矢純平(前田旺志郎)は雫とウマが合い、実務演習では検察側となる藍井チームの優等生と渡り合うまでに覚醒。その後の授業では、事例の人物を“さん付け”するようになり、柊木流指導法により、人を想う法律家に向けた一歩を踏み出したようだ。

 バイトをしながらロースクールに通っている水沢拓磨(前田拳太郎)は、司法試験以外は興味なしの合理的なスタンスの側の生徒だったため、実務演習のために過去事例をとことん調べたりと積極的な姿勢も見せたのは少々意外だったが、多くの合格者を出す「藍井塾」に入るため“藍井にアピールしたい”という思いが働いたか。一方、藍井チームに入った照井雪乃(南沙良)と真中信太郎(高橋文哉)は手ごわそうで、特に真中は、柊木の指導に感心した様子を演じながら、裏では別の顔を見せていた。

 反発する生徒をまっすぐな教師が導いていくという学園ドラマの王道的展開を見せた『女神の教室』初回だったが、ロースクール運営に関わる大人たちもさまざまな事情を抱えているようで、こちらも見どころがありそうだ。藍井は、柊木とは“水と油”の考え方で、生徒のみならず教員も恐れる“最凶”のキャラクターが雫と持論をぶつけ合うディベートシーンは本作の核のひとつとなるだろうが、学院長の守宮には、藍井にあえて柊木をぶつけたのには何か狙いがあるようだ。警視庁捜査一課の刑事・風見颯(尾上松也)が守宮のもとを訪れていたのと関係があるのだろう。柊木との出会いによって藍井がどのように変化し、風見が調べている“事件”とどのように関連していくのか。柊木がかつての恩師である守宮のもとに派遣されたのは偶然だったのか。

 放送冒頭では、司法と裁判の公正さを表す女神「テミスの像」と重なり合う形で登場した柊木。今後、“女神”がロースクールと関わる人々にどのような影響を与えていくのか楽しみだ。

■番組情報
月曜ドラマ『女神[テミス]の教室~リーガル青春白書~
フジテレビ系毎週月曜21時~
出演:北川景子、山田裕貴、南沙良、高橋文哉、前田旺志郎、前田拳太郎、河村花、佐藤仁美、宮野真守、小堺一機、尾上松也、及川光博 ほか
脚本:大北はるか、神田優
音楽:武部聡志
主題歌:Vaundy「まぶた」
プロデュース:野田悠介
演出:澤田鎌作、谷村政樹
法律監修:水野智幸
製作・著作:フジテレビジョン
公式サイト:fujitv.co.jp/themis

東海林かな(しょうじ・かな)

東海林かな(しょうじ・かな)

福岡生まれ、福岡育ちのライター。純文学小説から少年マンガまで、とにかく二次元の物語が好き。趣味は、休日にドラマを一気見して原作と実写化を比べること。感情移入がひどく、ドラマ鑑賞中は登場人物以上に怒ったり泣いたりする。

最終更新:2023/01/19 18:56

北川景子『女神の教室』ロースクールの過酷さと“学園ドラマの王道的展開”は両立するか?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「ルフィ」の“賢すぎる”手口

今週の注目記事・第1位「全国連続強盗予告した...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真