日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 松潤は「脱糞伝説」で格上げる?

松本潤「脱糞伝説」で格上げる? 初回視聴率15%台発進『どうする家康』の最難所

松本潤「脱糞伝説」で格上げる? 初回視聴率15%台発進『どうする家康』の最難所の画像1
どうする松本潤(Getty Images)

 松本潤が徳川家康を演じるNHK大河ドラマ『どうする家康』が8日にスタート。視聴率は15.4%(ビデオリサーチ/関東地区)で、初回としては過去2番目の低さだったが、静岡地方では22.7%、名古屋地区では18.4%と、家康ゆかりの地ではまずまずのスタートとなった。

「松本潤は今回、大河初出演にしていきなりの主演。1年にもわたる長丁場の現場に並々ならぬ決意で臨んでおり、前作『鎌倉殿の13人』で主演を務めた小栗旬や、2014年の『軍師官兵衛』で主演を務めた岡田准一らにアドバイスを求め、現場にはうな重や焼肉弁当を差し入れするなど、座長として気合は十分です。

 キャストは阿部寛、岡田准一、野村萬斎、大森南朋、渡部篤郎、山田孝之、ムロツヨシ、松山ケンイチ、松重豊、田辺誠一、古田新太、有村架純、北川景子、松嶋菜々子、真矢ミキなど、まさに豪華の一語。脚本の古沢良太氏は、映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や『相棒』シリーズ、『リーガル・ハイ』『コンフィデンスマンJP』など、数々のヒット作を手掛けた人気脚本家で、NHKの気合いの入り方も生半可ではありません」(芸能記者)

 大河で名作と呼ばれる作品が多いのは戦国時代か幕末だが、家康はとりわけ人気が高く、これまで滝田栄、津川雅彦、西田敏行、丹波哲郎、松方弘樹、北大路欣也、内野聖陽といった錚々たる名優たちが家康を演じてきた。時に味方として、時に敵役として大河を盛り上げてきた家康だが、彼を語る上で避けて通れないのが、九死に一生を得た三方ヶ原の戦いでのエピソードだ。

「朝倉・浅井の連合軍を姉川の戦いで破り、武将として名を上げた家康は1573年、武田信玄率いる武田軍と三方ヶ原で戦いますが、これに大敗して敗走。死を覚悟した家康は恐怖のあまり馬上で脱糞し、家臣からそれを指摘されて『これは非常食用の味噌だ』とごまかしたと伝えられています。2017年の『おんな城主 直虎』では、“脱糞”のエピソードが具体的に紹介されました。

 今回、家康を演じるのは“あの”松本潤ですから、脱糞シーンはありえないと思っていましたが、第1話ではコミカルな演出が目に付き、大河ならではの重厚さはあんまり感じられませんでした。家康は我慢強く慎重で、質素倹約を貫き、その狡猾さから“タヌキおやじ”と呼ばれた人物。松潤の家康は臆病で庶民的な側面がクローズアップされており、ジャニーズファンからは悲鳴が上がるかもしれませんが、“もしや”があるかもしれません」(大河ドラマウォッチャー)

 物語のリアリティーを取るか、二枚目俳優としてのプライドを取るか、どうする松潤?

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

きむら

最終更新:2023/01/14 21:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』道隆が強行した中宮/皇后問題

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真